おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

ペルー周遊ツアー6〜世界遺産 旧リマ市街地を歩く・後編〜

<2017.10に参加したペルーツアーの旅行記です>

 

大統領府からアルマス広場へ向かいます。

momoyorozu.hatenablog.jp

 

黄色い建物が建ち並ぶ南米らしい町の中心へ

アルマス広場(マヨール広場)

f:id:momoyorozu:20180415150744j:plain

スペインによって制圧されたペルーなど南米の国々では、「武器」を意味するアルマスという名がつけられた広場を中心に町が整備されていきました。

町の中心となる広場からは、主要な建物が360度で楽しめます。

リマ市庁舎

f:id:momoyorozu:20180415151009j:plain

南米らしい色彩ですが、日本と同じで幸福の色なのだそうです。 

大統領府

 

f:id:momoyorozu:20180415152225j:plain

さきほどはゆる~い感じの側面から拝見しましたが、正面は厳重な鉄格子に囲まれていました。

鉄格子の隙間からカメラ失礼しま~す(笑)

f:id:momoyorozu:20180415151245j:plain

f:id:momoyorozu:20180415151308j:plain

こちらはシャキッ。正午近くになると衛兵交代式も見られるそうです。

 

カテドラル(大聖堂) 

f:id:momoyorozu:20180415151511j:plain18世紀に建造されたものです。その隣には大司教の宮殿もあります。

いずれも建物の中には入りませんでしたが、スペイン統治の流れをくみながらもカラフルな南米らしい景観を楽しみました。

 

この広場では、サン・フランシスコ教会で一緒だった緑のジャージの生徒たちとまた出会いました。

親日なのか?やたらと私たちの団体に興味を示し、カメラを向けるとポーズを撮ってくれました〜

f:id:momoyorozu:20180415151902j:plain

左の少年、サッカー選手にいそうな顔立ちだわ〜

 

マヨール広場からバスに乗ってちょっぴり移動しました。

サント・ドミンゴ教会 

f:id:momoyorozu:20180415152022j:plain

ピンク色のかわいらしい外観ですが、16世紀に建てられた歴史のある教会です。

ちょうど何かの儀式が終わってお神輿のようなものを担いだ列が出てくるところでした。

f:id:momoyorozu:20180415152136j:plain

中庭の回廊が美しいとのことでしたが、そちらは見学時間がなくて残念・・・ 

旧市街の観光は1時間ほどで終了です。

 

この後は、新市街のミラ・フローレス地区へ向かいます。 

リマの渋滞では何でも商売になる

途中、渋滞に巻き込まれると、面白い光景に出会えます。

f:id:momoyorozu:20180415152809j:plain

食べ物などを持った売り子たちが、車の間をすり抜けながら、売り歩いています。

車窓から眺めていていちばんウケたのは、棒のようなものとボトルを持った売り子が何を売るかと思いきや・・・

「フロントガラスを掃除してやる」とゼスチャーでアピール

もう、なんでもありの商魂たくましいペルー人(笑)

 

この後は、ペルーに到着して初めてのお食事(ランチ)へ。

 

つづく 

momoyorozu.hatenablog.jp