おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【広島の旅4】宮島・自然と奇岩の宝庫 弥山を歩く その1

 ロープウェイを乗り継いで獅子岩駅に到着。弥山(みせん)山頂を目指します。

 

獅子岩駅から弥山本堂までは、体力勝負の20分

獅子岩駅からはまずは弥山本堂を目指します。登山というほどではありませんが、日頃運動不足の私にとっては、なかなか体力勝負のハイキングコースでした。

しかしその道中には絶景が待っています。

 

獅子岩駅近くから見た瀬戸内海の様子

f:id:momoyorozu:20180408192517j:plain

雲り空ですが、雨が降らないだけでもラッキーと思いたい・・・

弥山山頂へはしっかりと歩道が整備されています。

f:id:momoyorozu:20180408192703j:plain

案内図を見ると展望台までの間にいくつかのお堂が建ち並びます。なかなかのパワースポットがありそうな予感・・・

f:id:momoyorozu:20180408192400j:plain

最初はちょっと下ります。な~んだ楽勝じゃん、と思った矢先に上り坂が始まりました。

この岩は、ブラタモリで説明してたやつ (^_^;)

f:id:momoyorozu:20180408192958j:plain

1枚の花こう岩が長年かけて割れてできたものだそうです(ブラタモリ情報)

www.nhk.or.jp

 

歩道は整備されているものの石段も多く、場所によっては岩や木の根が飛び出しているので歩きやすい靴で向かいましょう。

f:id:momoyorozu:20180408193220j:plain

石段や石畳、カーブといい、突如あらわれる神々しさを感じる大きな岩といい、マチュピチュ遺跡の古道であるインカ道を歩いた時の風景がよみがえりました。 

 

あの時はガイドさんがペースメーカーとなって先導してくれたのでよかったのですが、登山慣れしていない人間がマイペースで歩くと、速度が安定しないのでかえって疲れてしまいます(苦笑)

振り返ると、ロープウェイの獅子岩駅が見えます。

f:id:momoyorozu:20180408193431j:plain

f:id:momoyorozu:20180408193524j:plain

きつい登りを乗り越えて、弥山本堂のあるエリアに到着です。

f:id:momoyorozu:20180408193612j:plain

もうここでゴールと思いたいくらいですが・・・

 

弘法大師ゆかりの弥山本堂と”消えずの火”のある霊火堂

弥山本堂

f:id:momoyorozu:20180408221628j:plain

弥山本堂は弘法大師の開基とされ、虚空蔵菩薩が祀られています。学業成就や成績向上にご利益がある仏さまですね。

霊火堂

f:id:momoyorozu:20180408221844j:plain

本堂と向かい合うように建っています。

こちらには弘法大師が焚いて以来1200年以上灯り続けるといわれる消えずの火があります。

誰も中に入る様子がなかったのですが、ちょっと不安になりながら入ってみました。

f:id:momoyorozu:20180408222019j:plain

この火は、広島平和記念公園の「平和の灯」の元火にもなっています。

茶窯のお湯(霊水)は万病に効くとのことで、ちょっぴりいただいてみました。

f:id:momoyorozu:20180408222335j:plain

紙コップや柄杓も用意されています。

褐色がかった「霊水」を賞味しましたが軽く燻した味がします。

それ以上に、数分このお堂の中にいるだけで全身燻されるのでご利益がありそうな雰囲気(笑)

こちらはちょっと俗っぽさを感じる看板

f:id:momoyorozu:20180408222824j:plain

これの効果なのかおしゃれカップルさんにも何組か遭遇しましたが、ふんわりスカートにパンプスでここまで歩くのはちょっと危ないかも、です。

 

弥山本堂の御朱印

f:id:momoyorozu:20180408223737j:plain

霊火堂の隣にある御守札授与所にていただけます。

この日は、書置きでの対応でした(混雑しない場合は直接書いていただけることもあるようです)

弥山にはいくつかのお堂があるので、他にいただける御朱印があるのかお聞きしたところ、こちらの虚空蔵菩薩の御朱印のみとなるそうです。

 

ここで一息ついたところで、山頂まであと一息です。

f:id:momoyorozu:20180408224551j:plain

 

www.momoyorozu.net