おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【広島の旅13】広島市内に残る被爆建物 袋町小学校を訪ねる

2018年3月広島の旅、3日目いよいよ最終日となりました。 

最終日のスタートは、ホテルからほど近い小学校へ立ち寄りました。

 

 

原爆に耐えた校舎が残る市中心部の袋町小学校

広島市内には、原爆ドーム以外にも原爆を受けてなお残った当時の鉄筋コンクリートの建物のいくつかが史跡として残されています。

たまたまガイドブックを見ていて、そのうちのひとつが宿泊したホテルのすぐ近くにあることを知り立ち寄ってみました。

爆心地からたった460メートルのところにある袋町小学校です。

現在も児童たちが通う小学校ですが、原爆で焼け残った唯一の建物である西校舎の一部が平和資料館として無料で一般公開されています。

袋町小学校平和資料館入口

f:id:momoyorozu:20180508184141j:plain

9時の開館より少し早く到着しましたが、初老のボランティアガイドさんが快く受け入れてくださり、説明もしていただけるとのこと。

 

f:id:momoyorozu:20180508184502j:plain

原爆投下後、爆心地周辺の建物はほとんどは熱風で焼けてしまいましたが、鉄筋コンクリートの建物のいくつかは残りました。

昭和12年に鉄筋コンクリートで造られたこの校舎もそのうちのひとつ。当時は近代的な校舎として注目されていたそうです。

1階廊下

f:id:momoyorozu:20180508184656j:plain

鉄筋コンクリートの構造物以外は焼け落ちてしまい、戦後修復されたものです。

原爆投下直後から被災者の救護所として利用され、被爆者たちは家族や知り合いへ消息を知らせたり、安否を確認するメッセージを、煤(すす)で真っ黒になった階段の壁にチョークで書き残しました。

壁の文字は、当時の写真からその様子を再現したものです。

f:id:momoyorozu:20180508184945j:plain

戦後、修復された校舎の壁には漆喰が塗られ、再び校舎として使われていました。

しばらくたってから、この「伝言板」のことを記録した写真が発見されたことで、その存在が再び注目を集めることになります。

漆喰をはがした一部からは、実際に書かれた文字の跡が確認できています。

壁に残された伝言の痕跡

f:id:momoyorozu:20180508185115j:plain

 

また地階にも焼け残った建材などが展示されています。

地階の入口

f:id:momoyorozu:20180508185910j:plain

コンクリート製の扉

f:id:momoyorozu:20180508185727j:plain

f:id:momoyorozu:20180508185251j:plain

コンクリートの中の黒い部分が木レンガ。

東京駅舎の一部にもこのような焼け残った木レンガの痕跡を見たことがあります。

momoyorozu.hamazo.tv

 

 

煤(すす)で真っ黒になった壁の跡

f:id:momoyorozu:20180508190054j:plain

ここを見学に訪れた子どもたちの作った千羽鶴が展示されていました。

 

現在の校舎は、オフィス街にある”都会”の小学校らしく、高層の建物になっています。

土地の有効利用のために、上階は一般市民も出入りする公共施設として使われているそうです。

f:id:momoyorozu:20180508191016j:plain

ボランティアガイドさんの説明も大変丁寧で、平和記念公園より数百メートルのところにありますので、戦争遺跡を訪ねる際にはぜひ見ていただきたいと思います。

 

袋町電停前の旧日本銀行も被爆建物として現存

袋町小学校から歩いてすぐ、路面電車の走る通り「袋町」停留所の前にある

旧日本銀行広島支店

f:id:momoyorozu:20180508191228j:plain

f:id:momoyorozu:20180508191715j:plain

昭和11年に建造され、こちらも原爆に耐えて残った建物です。

f:id:momoyorozu:20180508191312j:plain

ギャラリーとして公開されているそうですが、時間的にタイミングが合わず内部は見学できませんでした。

 

この他にも広島市内には被爆建物が現存しています。平和を知るうえでの貴重な建物、余裕があれば訪ねてみたい場所です。

広島市 - 被爆建物リスト