おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【ペルーの旅まとめ】旅のスケジュールとツアーの選び方

2017年10月にツアー参加で訪ねたペルー マチュピチュの旅から半年。

相変わらず感動は冷めません。

f:id:momoyorozu:20180515182954j:plain

とはいえ、いつまでも思い出に浸るばかりでなく、記憶が吹っ飛んでしまう前に、ツアー参加での旅行を考えている方のご参考になればと思い、旅のまとめをしたいと思います。

※この記事では、日本からのパッケージツアー参加を希望する方へのアドバイスとなります 

 

ペルーを旅をする最適なシーズンは?

ペルーは南半球の国なので日本とは季節が逆。

雨季と乾季があり、夏である12~2月が雨季になります。(日本の季節にプラスマイナス「6」でわかりやすいかと・・・ ペルーの9月は日本の3月・・・というように) 

ベストシーズンは乾季の5月から10月

雨季はツアーが若干安くなりますが、石段が多いマチュピチュ遺跡を歩くことをメインに考えたら雨は避けたいもの。

また、数年前にウルバンバ川が氾濫して(日本人も含む)観光客が数百人がマチュピチュ村に足止めされたというほどの事態もありました。

私が行ったのは、これからペルーが春を迎えるという9月末(帰国は10月初旬)でした。

乾季から雨季に移りはじめる季節。現地ガイドさんの話では、この年は9月中旬ころから雨が増えてきたそうです。しかし、私たちが行った時は不思議と天気が持ち直したそうで・・・

ただ、乾季でも「真冬」というのも私個人的には避けたいかな、と。

日本でもそうですが、やはり旅をするなら春や秋といった気候が程よいかも。

地域によって気候差が大きく、朝晩の温度差も大きいペルー

ただし、日本とは違って地域や朝晩の寒暖差が大きい地域です。

リマなどは日本を出発した時と同じ服装で間に合いましたが、クスコなどの高地は寒暖差が激しく、昼はTシャツでもオッケーですが、夜は10度くらいまで気温が下がりました。

のちほど説明しますが、とにかく重ね着できる服装が重要です。

 

観光周遊ルートのおすすめは?

ペルー1ヶ国のみ または南米周遊のいずれかを選択

マチュピチュに行くぞーと思い立ちツアーをさがすと、まずこのどちらかを選択することになります。

  • ペルー1国のみのコース(7~9日間)
  • イグアスの滝などを含む南米周遊ツアー(10~12日間)

何度も行けるところではないので、行くならみどころを一気にと思う方もいらっしゃると思います。

私は一応”現役世代”のため、時間的な制約もありペルーのみのツアーにしました。

その背景には、とにかくマチュピチュに行きたい!

もし、時間がとれても南米周遊にはしなかったと思います。

飛行機に乗る回数も時間がただでさえ片道20時間以上あるのに、もっと苦行が増えてクタクタになるのはイヤだ!という理由がいちばんです(たいていマチュピチュはツアー日程の後半になります)

また、ちょっとケチな話にもなりますが、イグアスの滝を含むとブラジルのビザが必要になります。それも1万円超!

アメリカのESTAですら「乗り継ぎだけでお金とるのかよっ」って思うのに、1.5日くらい立ち寄って1万円はないよね~ さらにビザ取得のために領事館へ足を運べない地方在住者は取得代行手数料だってかかります。

ブラジルそのものも治安があまりよい印象がないし、イグアスの滝を除けばブラジルで絶対に見たい!という観光地もなく、やっぱり体力&財力ともにもったいない気がします。

「イグアスの滝は見るべき!」という人もいますが、ペルーの前年にナイアガラの滝を見ちゃってるんで、滝はどっちでもいいです、という結論(笑)

最近では、ウユニ湖まで足を延ばすツアーもありますが、かなり体力いりそうです。

 

ペルーだけならビザ不要

一方で、ペルーは日本からの短期の観光の場合はビザが不要。

素晴らしい! フジモリ元大統領のおかげだわっっ!?

余裕があるならば、ブラジルに入国するより、せっかくESTAも取得しているので、乗り継ぎ時にアメリカ滞在して半日観光がついたコースの方がいいかなと思ったりするわけです。(たまにロスやサンディエゴの観光付きのコース見かけます)

あと、ペルー1国のみのツアーで、チチカカ湖へ行くツアーも見かけますが、これはどうなんでしょう?(4000mの峠を通過するというのがちょっと不安)

 

エアライン(航空会社)とルートのオススメは?

アメリカ経由で日系航空会社なら超安心

直行便がなく、ほぼ丸1日が飛行機移動となる南米への道のり。

他の国へ行く以上にエアラインは重要ポイントです。

ツアーの選択肢としては、圧倒的にアメリカ経由が多いです。

ただし、アメリカ経由のデメリットは(乗り継ぎのみでも)入国審査に時間がかかることと、ESTAを取得しなければならないこと。 

momoyorozu.hatenablog.jp

 

日本から添乗員同行のツアーで行けば乗り継ぎについては安心。幸いESTA取得に関しても、私が参加したツアーには代金に含まれていました。

アメリカ経由ですと、航空会社は日系(JAL/ANA)あるいは米系(ユナイテッド/デルタなど)の選択になります。

格安ツアーですと、この「いずれか」と表記されていますが、まあ日系になる確率はかなり低いと思われるのですが・・・

正直、米系は大手航空会社といえども機内サービスはまともではないので(以前U社でかなりイヤな目にあった経験あり・・・)私の場合、今回の長旅は航空会社があらかじめ指定されていることは重要ポイントでした。

年配の方ならなおさら、日本語の通じるCAさんの手厚いサポートやビデオや音楽などの機内エンターテイメントなど日系航空会社なら安心です。

私が利用したANAの(羽田-ロス便)は、機体も大きく快適でした。

24時間前から座席指定ができるのもよかったです(もちろんこれは自力です)

ただ、往復深夜便でしたので、楽しみにしてた機内食はスナック程度のものと朝食のみ。搭乗して間もなく消灯で、あまり景色が楽しめないのは残念でした。 

f:id:momoyorozu:20180505140810j:plain

 

 

アメリカ経由を回避するならヨーロッパorカナダ経由で

どうしてもアメリカ経由はイヤだという方は、選択肢は少ないのですが、たまにカナダやヨーロッパ経由があります。

私も実のところカナダ経由のツアーを最初に検討しましたが、催行人数に達しなくて再度検討となりました。カナダはETAという電子渡航申請が必要ですが、アメリカに比べ安く、5年有効となります。また、アメリカほど時間もかからず乗り継ぎができると聞いています。

有効なETAを保有していたこともあり、これを利用したかったんですが・・・

ちなみにヨーロッパ経由ならばそれも不要ですが、逆回りになるので時間ももう少しかるはず。さらにはツアーの選択肢がかなり少なくなります。

あと、最近メキシコ経由(ANA便含む)もあるようですので検討の余地はありますね。

 

アメリカ以遠は未知の航空会社

日本から米系航空会社を利用する場合は、同じ航空会社を乗り継いでペルーまで行くことが多いようですが、日系航空会社をを利用した場合は、南米系の航空会社を利用することとなります。

今回の旅で、ロスからリマまで利用したのはラタム航空でした。

チリを基盤とするLAN航空と、ブラジルを基盤とするTAM航空がくっついた航空会社。国内線(リマ-クスコ)はLAN航空でした。 

f:id:momoyorozu:20180415005602j:plain

 

往復で差が激しかったとはいえ、米系の”手荒な”サービスを覚悟していた私としては、まともに感じました(苦笑)

往路のCAさんたちは愛想がよかったですし、機体も往復B787という新しいものでした(ただし、客室内部の破損は多いです)

ロスからリマで8時間かかります。当然、日本語のエンターテイメントはありませんので、よほどがっつり寝られる方でなければ、本や音楽、ゲームなど暇つぶしのグッズは必須ですね。 

 

マイレージがたまることも重要ポイント

マチュピチュに行きたい!と思うくらいの方ならかなりの旅行好きなはず。ということはマイルをためている方も多いのではないでしょうか。

日本人ならおおよそJAL系かANA系、どっちもという方も多いと思います。

そんな私は、メインはANA(スターアライアンス)なのでこのANA利用のツアーを選択しました。めったに飛行機は乗らない分、ためる時はためます!

マイル積算率は、ツアー航空券なので3割程度と若干少な目(羽田-ロス往復で3274マイル)ですが、国内を何往復もするより一気にたまります。さらにクレジット機能付きのANAカード保有の方なら10~25%のボーナルマイルが加算されます。

さらに、ラタム航空(ワンワールド)ではJALのマイルがたまります。積算率は詳しくわかりませんが、距離のおかげかANAよりたくさんもらえたのはラッキーでした。

 

ツアーの費用はどれくらい?

地球の裏側ですからやはりそれなりに費用もかかります。

エコノミーなら40万円前後が目安

エコノミー利用を基準に述べますが、数年前までは安くても50万円というイメージで、(旅費面と治安面含め)現実的に自分が行く国とは思っていませんでした。

しかし近年は添乗員付きのツアーでも30万円くらいからあります。

私が参加したツアーは約40万円で、ESTAの代行取得と燃油サーチャージも含まれていました。幸いひとり部屋追加料金40,000円ほどと良心的でした。(ヨーロッパなどのツアーと比べても安いくらいではないでしょうか)

安いツアーもありますが、マチュピチュの宿泊が1泊だったり、ナスカの地上絵がオプションということも。価格だけでなく、譲れない条件を吟味したうえで決めたいものです。 

また、ここ最近燃油サーチャージが上昇していますので、パンフレットに記載されているツアー代金以外に加算される金額(燃油サーチャージ、海外空港の諸費用など)をしっかりチェックしましょう。 

 

ただ、やっぱり飛行機の長時間は辛いから(日本-米国間のみ)ビジネスクラスを利用したいという方は、60~80万円くらいの価格帯が一般的。ただし、この価格ですとホテルのランクやツアーそのものの内容はエコノミーで行くものと同等と思ってください。

ホテルも移動手段もすべてゴージャスなら3ケタ万円超えです!

 

今回のツアー、エコノミーでも70代の参加者が数名いらっしゃいました。みなさんお元気な方たちばかりでした。

が、私なら・・・還暦すぎたらこのルートは大奮発してでもビジネスクラスで行きたいかな(^^;

 

ツアー選択の決め手は?

私が選んだのは、近畿日本ツーリストグループのクラブツーリズムのツアー。

ここ数年、スペイン、カナダと添乗員付きのツアーに参加して、観光ルートなどの内容や行程もよかったですし、参加者や添乗員さんともに良い方ばかりでした。

今回、8~9日間でリーズナブルに行けるツアーをさがしたところ

  • 航空会社が決まっている(日本-アメリカ間はANA)+羽田発の便
  • マチュピチュ村2泊(エル・マピホテル指定)
  • ESTA取得&取得代行手数料込

この3つが決め手になりました。

このコース「参加者アンケートでの評価が高い」というコースです。大手旅行社でのロングセラーやアンケート高評価コースは、実績があり、現地でのトラブルにも強いらしいです。

もうひとつ、クレジットカードで旅行代金の支払いができるかどうかも重要。

某社は、指定された店舗に出向かないとカード支払いは不可とのこと。旅行代金の支払いでたまるポイント(私の場合はANAマイルに移行)は大きいのです。

 

ツアー予約のタイミングは?

約半年前の4月ごろでした。今まで参加したツアーに比べて、催行日程、ツアーあたりの定員も少ないので、半年前といえども満席になるのも早いと感じました。

とりあえず条件にあうツアーを見つけたら仮予約しておくのもありです。キャンセル待ちでもかなり動きがあるので、出発までに3ヶ月以上あれば空きも期待できます。

ただし、複数抑える場合は、キャンセル料発生日にくれぐれもご注意ください。

 

次回は、持ち物などをご紹介します。

 

   

るるぶペルー (るるぶ情報版 C 7)

るるぶペルー (るるぶ情報版 C 7)