おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【ペルーの旅まとめ】旅の準備編

2017年10月にツアー参加で訪ねたペルー マチュピチュの旅 まとめです。

マチュピチュのツアーが決まったら次は旅の準備ですね。

「未知の国」という方も多いと思いますので、悩み出したらキリがありません。 

 

momoyorozu.hatenablog.jp

 

私も今まで20数回(スキー旅行やオーロラ観賞も含む)海外には行きましたが、ツアーとはいえ、今回がいちばん準備に時間がかかったと思います。

 

  • いつもの海外旅行には準備しないようなものも必要? 
  • 南半球の季節ってどうなの?どんな服装で行ったらいい? 
  • 3000mを超える標高での高山病対策は?

今まで行ったことのない旅行説明会にもはるばる東京まで行きました(~_~;)

f:id:momoyorozu:20180520010759j:plain

 

 

出発したのはちょうど肌寒くなりはじめた初秋でしたので(現地は春)基本はほぼ同じような服で大丈夫でした。

しかし広い国土を移動し、朝晩の気温差も激しく、とにかく温度調節が大変でした。

 

f:id:momoyorozu:20180415141648j:plain

※9月下旬 リマ市内の朝の様子

重ね着できる服を用意するのが最重要ポイント

実際に行った方の旅行記はもちろん、旅行会社の説明でも口を揃えて言うのが重ね着

シャツは速乾性と保温性それぞれを用意

寒かったら重ね着できますが、暑すぎて出先で脱ぐのは困難(特に女性)。

暑くなりそうな時は、速乾性の夏向きのTシャツをベースに重ね着
寒くなりそうな時は、保温性の高いTシャツをベースに重ね着

ちなみに、いちばん暑かったのは、マチュピチュ遺跡とマラスの塩田の日中

いちばん寒かったのは、クスコの夜でした。(機内も保温性重視で) 

長袖シャツまたはセーター

シャツブラウスのようにTシャツの上に重ね着して、いつでも脱げるようにしておくものです。暑い時にも防虫対策&紫外線対策として着用していました。

フリースまたはウインドブレーカー

長袖シャツだけでは寒い場合の防寒用に。私はフリースを持参しましたが、さらに寒いときは雨合羽をウインドブレーカーの代わりに重ね着しました。

登山用パンツまたはコットンパンツ

マチュピチュを歩くときは、伸縮する登山用(トレッキング)パンツまたは、綿素材のやわらかいパンツがオススメ。防寒用のタイツは私は用意しなくても平気でした。

また飛行機やバス移動が多いので、腰回りが圧迫されないパンツ類を用意していきましょう。

靴は普段のスニーカーで間に合います

立派な登山靴は必要ありません。

ワイナピチュなどの山に登る方は除きますが、普段ウォーキングで使っているような履きなれたスニーカーがいちばんです。

私は普段イージートーン(ダイエット効果、引き締め効果があるとうたわれる靴底がちょっと不安定なシューズ)を愛用しているのですが、海外で転んでも困る(この靴で転んだことはありませんが、慣れないところで万が一・・・を考え)と、靴底が安定した本当にごくごく普通のお手頃価格の軽量タイプのスニーカーを新調して行きました。

特に靴の替えは用意せず(スリッパを除く)これで一足で旅行中過ごしました。  

紫外線対策はぬかりなく

リマ周辺は良いのですが(ベストシーズンが夏ではないので)、クスコからアンデス高地、マチュピチュにかけては標高も高く紫外線は年中通して半端なくきついです。

そんなわけでこれらをお忘れなく

・帽子

・サングラス

・ストール

・日焼け止め

国内ではあまりサングラスをかけることのない私ですが、いままでの経験上、南北アメリカ大陸ではサングラスなしではやっていられません。肌だけでなく目も守りましょう。 

バッグ類はサイズ違いのものを多めに用意

メインのスーツケース以外に小分けにできるボストンバックなどいくつかサブバッグを用意していくことをおすすめします。

普通サイズのリュックサック

機内持ち込み、マチュピチュ遺跡散策用
登山用のガッツリ系ではなく、ちょっとしたハイキングレベル(20リットル以下くらい)の大きさが最適です。

ボストンバックまたはちょっと大きめのリュック

マチュピチュ宿泊用

マチュピチュへの列車にはスーツケースが持ち込めないので、宿泊数分の荷物を小分けにしていかなければなりません。私はレスポートサックのボストンを持参しました。 

町歩き用のショルダーまたはエコバッグ

ツアーの場合、あまり自由行動はありませんが、マチュピチュ村やリマでのお買い物は身の回りの貴重品だけ持って歩けるコンパクトなショルダーやトートがあると便利。さらにエコバッグもあるといいです。

ナスカの地上絵で搭乗したセスナでは、リュックは大小かかわらず持込み不可でしたので、リュック以外の形式のバッグをひとつは用意しておきましょう。

 

 

セキュリティポーチ

スペインではウエストポーチに貴重品を入れるほど警戒していた私も、今回は貴重品はリュックの中。ツアーなのでそこまで警戒する場所はなかったのですが、心配な方はぜひセキュリティポーチも用意していきましょう。

バッグ類は、帰りにおみやげが増えすぎた場合にも使えるので、軽量でかさばらないものをサイズにバリエーションを持たせて余分に用意しましょう。 

 

薬の準備は念入りに

海外旅行(過去、欧米系がほとんど)では、胃薬とばんそうこうくらいしか持っていかない私ですが(笑)、さすがに今回はお店が開けるくらい!?揃えました。それでもって、どれもほとんど服用の必要あり、でした。

高山病対策はどうする?

マチュピチュといって真っ先に心配するのは高山病

いろいろな方のブログを読むうちに、病院に行って高山病の薬(ダイアモックスというらしい)を処方してもらおうか悩みましたが、緑内障の薬と聞いて怖くなってやめました(緑内障ではありませんが、近視が強いために”疑いあり”と診断されているため)

今回のツアールートは、一気に高地にいかないよう配慮されていましたので、深刻な高山病になったいう方もいませんでしたし、私が直接お話しした方の中にはダイアモックスを服用されている方はいらっしゃいませんでした。

現地での行動を気を付けることでなんとかなるものだと思いました。

用意したお薬一覧 

◆胃薬

病院で処方してくれる胃薬を持参。ビュッフェで食べ過ぎた後にとりあえず飲んでおくといい感じでした。 

◆整腸剤(正露丸など)

実際、いちばん活躍したのがこれ。私の場合は、食べ物が合わないという問題ではなく、食べすぎて腸がビックリしただけです(爆)

私のように頑丈な腸ではなく普段から下痢しやすい方は、もっと強力なタイプを持参することをオススメします。 

◆酔い止め

ナスカの地上絵を見るセスナ機搭乗の際には必携。さらに車酔いの不安のある方は、アンデス高地のバス移動にも必携です。 

◆鎮痛剤(バファリンなど)

高山病による頭痛などは、薬より水分補給や睡眠で緩和することも(標高が下がれば必ず治ります) 私は服用する機会はありませんでした。 

◆食べる酸素

ダイアモックスは持参しないかわりに、なんとなく気持ち的にポチっと買ってしまいました。クスコについてマチュピチュに向かう道中と最終日(クスコのホテル宿泊時)なんだか息苦しくなって飲んでみましたが、う~ん、効いたかよくわかりません。 

ゴールド興産 O2 食べる酸素 顆粒(10袋)

ゴールド興産 O2 食べる酸素 顆粒(10袋)

 

 

◆防虫スプレー

エアゾールタイプ(ガスの入ったもの)は機内に持ち込めませんので、液体のものを持参しましょう。 マチュピチュ遺跡散策に欠かせないツールです。それでも蚊に刺されまくりましたけど(>_<) 

 

KINCHO プレシャワー お肌の虫除けスプレー 無香料 200ml 保存料無添加

KINCHO プレシャワー お肌の虫除けスプレー 無香料 200ml 保存料無添加

 

防虫スプレー代わりに、移動用の電池式蚊取りを持ってきている方がいました。なんだかあれ、強力そうだったなぁぁ(少なくとも私より刺されていませんでした)  

どこでもベープ 携帯虫よけ №1未来セット メタリックグレー 本体+取替

どこでもベープ 携帯虫よけ №1未来セット メタリックグレー 本体+取替

 

 

この他に、普段飲んでいるお薬がある方は、予備も含め忘れませんように。 

 

水はどうする?

外国の水は割高だったり、体に合わなかったりという理由で、ペットボトルをスーツケースに何本か持っていくという方いらっしゃいますよね。(もちろん水道水はNG)

私もお茶や水を少し持っていきましたが、今回は飲む機会も多くリマのスーパーで追加分を購入。ペルーのミネラルウォーターは特に問題なく飲めました。

お水だけでは飲みにくいという方は、スポーツ飲料の粉末を準備するといいですね。

f:id:momoyorozu:20180519232837j:plain

1リットル×6本のお買い得パックを買って、ツアー仲間さんとシェアしました。

ちなみにsin gasは普通の水、con gasは炭酸水なので現地で購入時ご注意ください。

ただツアーによっては、お水を毎日配ってくれることもあるようなので、事前にツアー会社に確認しましょう。日本からたくさん持って行くのも大変ですので。

ちなみに、マチュピチュ遺跡を歩く場合は(午後のインカ道ハイキングも含め)1.5リットルほど持参すれば安心です。 

 

外貨(現金)はどうする?

ペルーの通貨はソル(1ソル=約33円)

日本ではほぼ両替不可なので、まず米ドルだけ用意していきましょう。ツアーにすべて食事がついていれば、日本円で3万円もあれば余裕です(まとまったおみやげはカード払いとして)

ペルー国内では、ツアーでの立ち寄り先ならほとんど米ドルでの支払いが可能。ただしお釣りはソルで戻ってきます。ホテルでのチップにしたり、 おみやげを買う時に米ドルとミックスして支払ったら結局残りませんでした。

ペルー国内では偽札に警戒しているため、米ドルの高額紙幣は受け取ってもらえませんので、2~10ドル紙幣にして持っていきましょう。よれよれのお札も拒否されます。

 

電気製品とコンセントプラグの準備は?

ペルーでは、電圧は220V プラグはA型(日本と同じ)あるいはC型が使われています。

電圧については、最近のIT機器(パソコン、スマホやカメラの充電器など)は、100-240V対応になっていますので、プラグさえあえばそのまま使えますが、念のために変換プラグは持参しましょう。

また、カメラやスマホ、モバイル充電器など、充電したいものが多すぎてコンセントが足りず充電が間に合わないということにもなるので(一人部屋でも、です)、私は4ポートタイプのUSB急速充電器を持参しました。

私は古いタイプのものを使っていますが、Ankerというメーカーは個人的にオススメしたいです。

 

機器として注意しなければいけないのはドライヤーとポット類。必ず海外対応のものを持参しましょう。(国内専用のものを220Vで使うとショートします) 

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 海外対応 ピンクゴールド EH-NA59-PN

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 海外対応 ピンクゴールド EH-NA59-PN

 

一昔前、海外旅行には「変圧器」が必要といわれていましたが、今や不要になった感があります。そういう私も(渡航する国にもよるのだと思いますが)一度も変圧器を使ったことはありません。

 

これも気になったけど・・・

その他に私が事前に旅行会社に質問したのは

  • ダウンジャケットは必要?
  • マチュピチュ遺跡を歩くのにストック(ポール)は必要?

いずれもNoとのお返事でしたので持っていきませんでした。

ダウンジャケットは、現地が真冬(6~8月くらい)なら必要かもしれませんが、それ以外の季節ならばよほどの寒がりさんでなければ不要です。

”寒がりさん”ついでに使い捨てカイロは金属探知機にひっかかりやすいため持参する場合は気をつけましょう(詳細は旅行会社や航空会社にお尋ねください)

また、ストックに関してはマチュピチュ遺跡では基本的に持ち込みが禁止。遺跡が傷む原因にもなりますから当然といえば当然かも。

 

その他に持っていくと便利なもの

◆ウェット(除菌)ティッシュ

海外ならどこでもですが、食事の時におしぼりなんて気の利いたものは出てきませんし、観光の時にもあると便利。また、トイレの除菌シートとして利用できるものもあると安心です。100均のもので十分なので多めに持っていきましょう。

◆トイレットペーパー

海外は、ウォッシュレットなんていう高級なトイレにはまず出会えません(苦笑)
その上、紙もゴワゴワ。お尻が痛くなるので(笑)、出先では妥協しつつも、ホテルのトイレでは日本のやわらかいペーパーを使用していました。(ただし流せません)

◆歯ブラシ、歯磨き

これも海外旅行では常識なのですが、私の場合、現地のスーパーに行った時に歯磨きは数本買ってきます。ビックリするほど安いし、日本で知っているブランドもあります。

◆ネックピロー(首まくら)

飛行機内で使用したり、バスの長時間移動に活躍。膨らませるタイプがかさばりませんが、使い心地がいいのはビーズタイプのもの。私はダイソーの300円ネックピローがお気に入りです。

 

◆ジップロック

行くときに持ち物を小分けにするために利用する方も多いと思いますが、現地で買ったお菓子の食べかけや、こぼれたら大変そうな液体ものなどを持ち帰るのにも便利。

実は、おみやげに買った塩の袋がスーツケースの中で少し破れて(白い粉が散乱しかけ)やばいことになりかけていた私の実体験から・・・です。

 

また、あえて記しませんが、普通の海外旅行に行くようなパスポートやカード類、現金、カメラ、SDカードなどの予備のメディア、身の回り品はしっかり準備してくださいね。

latte.la

 

次は、実際にペルーで体感したホテル事情、食事、治安などをまとめます。

 

www.momoyorozu.net