おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

春の中山道ハイキング2~満開の枝垂れ桜と妻籠までの道のり~

馬籠宿から妻籠宿への中山道ハイキング つづきです。

 

momoyorozu.hatenablog.jp

 

 

 

宿場の中間地点のお休み処 一石栃立場茶屋の絶景

f:id:momoyorozu:20180603013134j:plain

見事な枝垂れ桜に出会いました(^^)v 

1年のうちの2週間ほどしか見られないこの絶景に出会えたのはラッキーでした。今年は花桃も枝垂れ桜も例年より1週間ほど早かったようです。 

10:40 一石栃立場茶屋

いちこくとち たてばちゃや と読みます。

ここにはかつて、小さな集落と木曽の木材の運搬に関する監視所である白木改(しらきあらため)番所がありました。また、この立場茶屋も当時のものが現存しています。

f:id:momoyorozu:20180603013613j:plain

茶屋の中に入ると、休憩していた観光客がオール外国人だったので、そそくさと出ようとすると「どうぞ~休んでいってください」とボランティアガイドさんが声をかけてくださいました。

f:id:momoyorozu:20180603014903j:plain

ボランティアガイドのおじさまたちがお茶と飴でもてなしてくださいます。
(無料ですが、”お気持ち”を竹の貯金箱へ)

外国人と入れ替わりに、日本人もちらほら集まり雑談。全国各地から来た観光客の方とお話が盛り上がってしまいました~

茶屋の外に出ると、その奥に、安産にご利益のある子安観音のお堂があります。

f:id:momoyorozu:20180603015157j:plain

お天気が良ければ、こちらで休憩するのもいいかも

f:id:momoyorozu:20180603015259j:plain

茶屋の正面の枝垂れも見事ですが、とにかくここは花に囲まれた桃源郷のようでした。

f:id:momoyorozu:20180603015348j:plain

ここを立ち去るのが惜しくて、ついつい長居してしまいました。(これが後に時間配分の大きなミスとなります(・・;)

11:10 一石栃立場茶屋出発

 車道から旧道へ入る看板が小さいところもあるので見逃さないように歩きます

f:id:momoyorozu:20180603015720j:plain

基本的に馬籠峠から先は下りになりますが、たまに上り坂があったりします。

f:id:momoyorozu:20180603015841j:plain

今度はヘアピンカーブのある石畳の急坂を下ります。

f:id:momoyorozu:20180603020017j:plain

この近くには荷物を運んだ牛たちを供養する”牛頭観音”がありました。

ハイキングはいよいよ終盤戦へ 

11:50 庚申碑 

f:id:momoyorozu:20180603021138j:plain

中国の道教由来の庚申(こうしん)信仰に基づいて建てられた石塔

忠犬の看板f:id:momoyorozu:20180603020301j:plain

”ハチ公”じゃないです(苦笑)

満開の花桃

f:id:momoyorozu:20180603021520j:plain

このあたりで、景色を眺めていた私と同世代くらい?の外国人のカップルに勇気を振り絞って声をかけてみました。オーストラリアから来て、5日間かけてこの中山道を歩いているそうです。他にどこに行くのか、なぜここを選んだのかなど、もっと聞きたいことはありましたが、私の英語力ではもう限界で2分で会話終了~(泣) 

12:00 大妻籠

f:id:momoyorozu:20180603022142j:plain

道中には何か所かトイレがありますが、唯一利用したこちら。

ウォッシュレット完備のトイレでございました~

f:id:momoyorozu:20180603022216j:plain

 

そして、この後ミスをしてしまいます(普通は迷うようなところでありません)

この付近は車で何度も訪れているせいか、まだ旧道が続くのに看板を無視して車道を進み橋を渡ってしまい「なんか違う・・・」と戻りました。10分近くのロスです。

歩く人はまばらで、写真に夢中になっているといつの間にか周囲には誰もいない・・・

 

橋を渡るといよいよ妻籠宿です。

f:id:momoyorozu:20180603022332j:plain

民家の横を通り抜けるような道もありました。

f:id:momoyorozu:20180603023256j:plain

12:25 妻籠宿町並入口

f:id:momoyorozu:20180603023226j:plain

やっと見慣れた妻籠宿の入口に来ました。ホッ

わらでできたお馬さんが迎えてくれました(笑)

f:id:momoyorozu:20180603023403j:plain

妻籠宿の街並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、昔ながらの建物と景観を守り続けています。

f:id:momoyorozu:20180603023546j:plain

f:id:momoyorozu:20180603023926j:plain

しかし、平日とはいえ春ってこんなに人が少ないの?と驚きました。

やはり栗きんとんやおこわが食べられる秋が人気なのかな? そういう私もほとんど秋と冬にしか来たことがないですけど(-_-;)

12:32 妻籠宿観光案内所

f:id:momoyorozu:20180603024009j:plain

熊よけの鈴の返却をしたり完歩証明書をいただく方はこちらへ。

私はバス停の場所を確認のために立ち寄りました。

ここからは勝手知ったる妻籠宿の街並みです。ここに着く前から「妻籠でお蕎麦を食べようか、五平餅にしようか、いやいや、やっぱり”おやき"だな」と食い意地たっぷりの妄想を張り巡らせいたのですがそれどころではありません。

バスの乗車予定時刻まで15分しかありません(泣)

 

ゆっくり歩いて3時間と言われたのに、どこでどう3時間以上もかかることになってしまったのか・・・振り返ってみたら、一石栃立場茶屋でのおしゃべりと写真撮影のために30分近く滞在していたのが原因でした。(それはそれで楽しかったので良かったけど)

バスを1本遅らせるという手もありますが、帰路に立ち寄りたいところがあったのと、暗くなると運転が辛いのでやはり予定通りのバスに乗らなければなりません。

残された15分で向かったのはこちら

12:37 わちのや

f:id:momoyorozu:20180603024338j:plain

f:id:momoyorozu:20180603024351j:plain

かれこれ25年近くこちらのおやきのファンです。昔はスキー帰りに、ここに寄るためだけに妻籠で途中停車してもらっていました(笑)

久しぶりに行ったら英語表記のメニューになっていたのは驚きでしたね。長野のローカルフードもワールドワイドなおやつになっているんですね~

私はお惣菜系おやきが好きなので、茄子(味噌炒め)をチョイス。

いつもは店内で無料のお茶と一緒にのんびりいただくのですが、今日はそれどころではありません。

12:42 バス停(妻籠橋)

f:id:momoyorozu:20180603025232j:plain

ここは、多くの人が乗降する「妻籠」バス停のひとつ隣(馬籠寄り)

他に待つ人はいなかったので、バスの待ち合い所でおやつタイム。

f:id:momoyorozu:20180603025009j:plain

この日の暑さといったら・・・やっぱりアイス。でもここまで来ておやきを食べずには帰れないというわけでこんな組み合わせになりました。

12:48 馬籠方面行きバス乗車

バスは半分くらいの乗車率でした。ハイキング客ばかりというわけではありません。

f:id:momoyorozu:20180603025331j:plain

時々交差してきた車道を馬籠宿に向けて走ります。料金は600円でした。

13:13 馬籠宿到着

f:id:momoyorozu:20180603025829j:plain

”百草丸”の前に戻ってきました。

おやつを食べたといえども3時間以上歩いてお腹もペコペコ。さすがの私も”電池切れ”

再び馬籠宿の急坂を登る余力がなく、バス停からすぐのところにあったこちらで定食をいただきました。

 

馬籠宿で昼食を

まごめや

f:id:momoyorozu:20180603025943j:plain

団体のお客さんも受け入れ可能な広いお店でした。

f:id:momoyorozu:20180603030105j:plain

私が入った時、アジア系隣国のお客様の団体がいらっしゃいました。その様子を見て、私たち日本人も海外ツアーに行けば、ササっと食事&観光、おみやげを買ってバスで忙しなく巡るツアーになってしまいます。ハイキングで出会ったオーストラリアや欧米の方々のように個人で数日かけて好きなところを自由に巡ることができたら最高なんだろうなぁと思うのでした。まあ、そのためには英語力をなんとかせねば、です。特に今回は国内でも英会話力があれば、海外からの旅行客の方とのコミュニケーションがもっと楽しめるのにと後悔しつつ、久しぶりに”英会話勉強しよう”という気持ちになりました。

お得なランチ。お蕎麦やおこわ、鮎の甘露煮などの山の幸の定食をいただきました~

f:id:momoyorozu:20180603030607j:plain

馬籠宿から自家用車で再び妻籠宿に向かう道を走ります。 

f:id:momoyorozu:20180603030640j:plain

実は前日もこの道を昼神方面から中津川に向かう時に走っているので、トータル2往復していることになります。

 

今回の旅、最後に立ち寄ったのはこちら

満蒙開拓平和記念館

f:id:momoyorozu:20180603030748j:plain

看板を何度かみかけて気になっていた資料館です。満州に行った人数が圧倒的に多かった長野県。新天地に夢をかけて満州に渡った家族、また国のためにと向かった青少年義勇軍の現地での生活の様子や手記などが残されています。満州の地で命を落とした人たちも戦争被害者であることを忘れてはならないのです。

こちらは車がないとちょっとアクセスが難しい場所なので、余裕があればぜひ訪ねていただきたい記念館です。

 

春の中山道ハイキングは、旧街道を歩く楽しみを発見したのはもちろんですが、1年でいちばん花々が美しい季節という予想以上のオマケまでついて、これにておしまい。

次は、違う季節(定番の秋)にも行きたいけど、やっぱり春が最高かな!?