おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

鳥取県横断の旅3〜美保関灯台〜

鳥取県横断の旅(2017年11月) つづきです

momoyorozu.hatenablog.jp

 

旅のスタートから、ちょっと寄り道した島根県
美保神社からさらに半島の先端に向かって海沿いの道を進んで行きます。 

f:id:momoyorozu:20180614170047j:plain

美保神社での雨から一転、再び晴れ間が出てきました。

すれ違う車も少なく、信号もなく、快適なドライブができますが、スピードには注意ですね。

 

えびす様たちが笑顔で迎えてくれました。

f:id:momoyorozu:20180614170134j:plain

 

島根半島最東端の美保関へ

美保関灯台(みほのせきとうだい)の駐車場の周辺案内図です。 

f:id:momoyorozu:20180614170359j:plain

この場所は、地図の上部、左右に広がる島根半島の最東端(右端)です。

ちなみに半島の最西端が日御碕(ひのみさき)、すぐ近くに出雲大社があります。

東西2つの神社をお詣りするのが「両参り」でご利益2倍だそうです。

  

駐車場に車はぽつり、ぽつり・・・

遊歩道を歩いて灯台のある岬の先端へ

f:id:momoyorozu:20180615233112j:plain

晴れ間は出ていますが、岬の先端にいるので低気圧の影響で強風にあおられます。
普段から地元のからっ風に慣れている私もビックリ(@_@)

 

駐車場から5分ほどで、赤い屋根の建物と灯台が見えてきました。

f:id:momoyorozu:20180615233333j:plain

ぐるりと海側にまわりましたが、灯台がうまく入るアングルは反対側でした。

 

山陰地方最古の白い石造りの灯台  美保関灯台

f:id:momoyorozu:20180615233458j:plain

きれいに塗り替えられていますが、レトロ感たっぷりな灯台です。

 

フランス人技師の設計により1898(明治31)年に建設された美保関灯台は、国の登録有形文化財に指定されています。

また、世界の歴史的灯台100選(日本から5ヶ所)にも選ばれています。

地上高は14メートルですが、水面から83メートルあります。

残念ながら内部の見学はできませんでした。

 

灯台から海側に進んだところに鳥居がありました。

美保神社飛地境内 「沖之御前」「地之御前」

f:id:momoyorozu:20180615233732j:plain

鳥居の先は崖になっていて、建物(社殿)はありません。

扁額には、「沖之御前」「地之御前」と書かれています。

これは、先ほど訪ねた美保神社飛地境内で、
御神体は、この先の海中にある「沖の御前」「地の御前」と呼ばれる島だそうです。

眼下に見える岩場が「地の御前」のようです

f:id:momoyorozu:20180615234249j:plain

自然が御神体と聞くと、またひときわ大きなパワーを感じます。

 

灯台に隣接する赤い屋根の建物はカフェになっています。

f:id:momoyorozu:20180615234604j:plain

灯台とお揃いの白い石積みが美しいですね。 

こちらの建物は、かつては灯台で働く人の宿舎兼事務所でした。

入口の上の部分にはなぜか郵便のマーク

f:id:momoyorozu:20180615234727j:plain

郵便局というわけではなく、船舶に関わる灯台が、かつての逓信省(郵便や通信関連するお役所)の管轄であった名残だそうです。

カフェでゆっくりしたかったのですが旅は始まったばかり。

この先の立ち寄り先と、夕方までには鳥取市内に到着というタイトなスケジュールを考えると、ここは急がなければなりません。

島根半島を後に、再び鳥取県へ向かいます。

つづく

 

 

まっぷる 山陰 鳥取・松江・萩'19 (マップルマガジン 中国 1)

まっぷる 山陰 鳥取・松江・萩'19 (マップルマガジン 中国 1)

 

 

るるぶ山陰 出雲 松江 鳥取 萩'19 (るるぶ情報版地域)

るるぶ山陰 出雲 松江 鳥取 萩'19 (るるぶ情報版地域)