おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【滋賀の旅8】彦根キャッスルリゾート&スパ 宿泊記

滋賀の旅は、宿泊は彦根城に最も近いホテル  彦根キャッスルリゾート&スパを利用しました。

その宿泊記などを。

シングルルームプランもあるカジュアルリゾート

今まで旅の経験から、観光名所至近距離のホテルは、団体観光客や家族連れなど複数人での利用が前提ということが多いのですが、こちらは「シングルルームプラン」があることが決め手となり予約しました。

実際に宿泊してみると、お部屋はビジネス、ホテル全体の空間はカジュアルリゾート。それぞれのいいとこどりな感じです。そして値段以上にリラックスできるホテルでした。

彦根城のライトアップや散策も楽しめ、城好きに超オススメです。 

 

立地は?

f:id:momoyorozu:20181029225919j:plain

彦根城観光には文句なしの立地です。佐和口門まで歩いて5分ほどの距離。紅葉ライトアップが行われる玄宮園までも徒歩15分くらいです。食後のお散歩に程よい距離です。

無料駐車場も完備されていて、彦根到着後(チェックイン前も含め)すぐに利用させていただきました。

 

フロントや接客サービス 

フロントの方の感じも大変よく、普通のビジネスホテルより丁寧な接客対応です。

 

部屋

f:id:momoyorozu:20181029230035j:plain

部屋の広さは一般的なビジネスホテルのシングルルーム。ですが、ドアを入ってすぐに靴を脱ぐスペースがあります。また下駄も用意されているのがうれしいです。やっぱり日本人はこれでなくっちゃね。

f:id:momoyorozu:20181029230116j:plain

浴衣と靴下が用意されていました。大浴場があるので、公共スペースもこれでオッケー。

f:id:momoyorozu:20181029230343j:plain

お菓子やお茶、さらにペットボトルのミネラルウォーターが無料サービス。

f:id:momoyorozu:20181029230244j:plain

部屋は市街地側(彦根城の見えないほう)ということで残念な景色でしたが、館内いたるところでお城の景色は楽しめるので特に不満はありません(お値段も違います)

バスルーム(洗面所)はいたって普通。必要最低限なアメニティもそろっています。 

f:id:momoyorozu:20181029230531j:plain

 

スパ(大浴場)

f:id:momoyorozu:20181029230637j:plain

宿泊客は、チェックイン時に渡されるパスワードを入力してスパエリアに入ります。長い廊下の途中にエステもあります。

浴槽や洗い場は10名ほどなら余裕で利用できると思います。私が利用した時は2~3人という超余裕な空間でした。

浴槽は2種類ほど。温泉ではありませんが、イチオシは浴槽からの眺め。

湯船に浸かりながらお城が眺められるのは最高です!(城好き限定!?)

 

湯上りラウンジ(ライブラリー)

f:id:momoyorozu:20181029230834j:plain

私がいちばん気に入ったスペースがここ。スパのセキュリティ手前にあるスペースで、フリードリンク(コーヒーなど含め10種ほど)がいただけます。ビールもあるんですよ!

カウンターだけでなくゆったりしたソファー、さらにはお城の絶景が見られるテラス席もあり、気候がよければ外での湯上りビール最高です。

f:id:momoyorozu:20181029231100j:plain

左手のガラス扉の先にはこの景色

f:id:momoyorozu:20181029231145j:plain

さらに周辺観光地やお城に関する書籍がたくさん並んでいるので、ここでまったりすごすのもあり。

ひとり旅ですと、大浴場がなければチェックイン後そのまま部屋にひきこもることが多いのですが、今回はずいぶんこのスペースでゆっくりさせていただきました。

また、ライトアップがあまりにきれいすぎて、ここで見てるだけではもったいない!と散歩も出かけましたけど戻ってきてまたラウンジ在住(笑)

f:id:momoyorozu:20181029231335j:plain

 

夕食

f:id:momoyorozu:20181029231440j:plain

朝食のみのプランで予約をしていったのですが、チェックインの時にお食事処の案内をいただきました。

日中、彦根城&竹生島を一気に巡ってヘトヘトだったので外食の予定をやめ、当日予約のメニューから「近江鶏のしゃぶしゃぶ」いただきました。牛じゃなくて鶏なのでヘルシー&リーズナブル(笑)

井伊の家紋付きの器の中には先付けやお刺身も。

f:id:momoyorozu:20181029231607j:plain

事前に食事付きのプランを予約すれば本格的なコースもいただけるレストランです。

周囲の方々は、なかなか高級な(と思われる)コースをゆったり楽しんでおられました。

外食するのはめんどくさい、お値段お得に、時間は短めに、というおひとりさまに配慮してくれたメニューはよかったです。 

 

朝食

f:id:momoyorozu:20181029231840j:plain

 

バイキング形式の朝食は、品数も豊富でした。和食メニューが多めで、湯豆腐や焼き魚のほか、地元名物のアユや赤こんにゃくなども楽しめました。

お料理の写真は撮れませんでした(要努力ですね)

 

売店など

f:id:momoyorozu:20181029232001j:plain

ホテルに隣接しておみやげ屋さん、駐車場に隣接してお蕎麦さんとどら焼き屋さんがありますので、ここでたいていのおみやげがそろいます。

季節限定・生どら(キャラメル)です。

f:id:momoyorozu:20181029232537j:plain

 

宿泊プランとお値段 

じゃらんのサイトでは「ハイクラス」に分類されていますが、私が予約した1泊朝食付きのプランは、1万円以下でした。ビジネスホテルにしてはちょっと高めですが、リゾートホテルにしては格安です。

お料理などによって多種のプランが用意されており、近江牛や新鮮な魚介などを堪能できるちょっといいお値段のプランもあるようです。

奮発するならお城の見える「キャッスルビュー」の選択も外せませんね。

 

インスタ映えし過ぎる彦根城のライトアップを堪能 

今回は、予想外に彦根城のライトアップがよかったので、得した気分です。

f:id:momoyorozu:20181029232732j:plain

このライトアップは、9月から1月までの限定とのことでした。

※観光協会に確認したところ、期間中毎日ではないとのことなのでご注意ください。

 

彦根城は5回くらい訪ねていますが、近くに宿泊しなければわからない魅力も含め、”本気”で彦根城を堪能できました。