おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【台湾旅行記5】桃園MRTに乗って台北へ

2018年11月の台湾の旅つづきです。

台湾の旅のマストアイテム(現地通貨、SIMカード、悠遊カード)をそろえていざ台北市内へ向かいます。 


桃園空港MRT開通で格段に便利になった台北市内へのアクセス 

過去の台湾旅ではホテルまでの送迎がついたフリーツアーだったので、公共交通機関での空港&都市間のアクセスは初めてです。

かつてはバスかタクシーの移動手段しかなかったため個人旅行でも渋滞は必須。

それが2017年3月に開通したMRTという鉄道により便利になりました。

 

桃園空港第2ターミナルの建物からMRT第2ターミナル駅へ

第2ターミナルの到着ロビーにある悠遊カードを購入したブース(桃園機場空港捷運服務=Taoyuan Airport MRT service)のすぐ前に地下に下りるエスカレーターがあります。

f:id:momoyorozu:20181130001633j:plain

上の写真では左側になります

エスカレーターを下りれば改札。ちなみに案内には「桃園捷運」と表記されています。

羽田空港で京急への乗り換え、あるいは中部空港で名鉄に乗り換えるより近くてカンタン。

f:id:momoyorozu:20181201000209j:plain

手前のキャリーですが、日本並みに治安が良いせいか無防備な観光客が多いことといったら・・・(苦笑)

 

悠遊カードを持っていれば改札をピッ。料金は150元。鉄道が安いイメージの台湾ではちょっと高級価格。

ちなみに悠遊カードを使用してもこの路線では割引はありません。

 

改札を入ったところにある撮影コーナーがちょっと不思議

f:id:momoyorozu:20181204002516j:plain

電子看板に見えるこのパネル、実はよ~く見ると映っているのは画像加工された自分の姿。モザイクや油絵風、デッサン風といった画像加工アプリでやりそうなアレです。

f:id:momoyorozu:20181204003100j:plain

自撮りは好きではありませんが、これならまっいいか。

 

いざ、桃園空港MRTに乗車 

ホームに到着すると同時に入ってきた台北駅行きの列車に乗りました。

どうやらこれ、直達車(いわゆる停車駅の少ない急行)でした。台北までの所要は約40分。

空港から台北へ向かう列車は1時間に8本ほどあり、普通車と直達車は半々です。 

 

桃園空港MRT直達車の車両内部

開通間もない列車とあって、それはピカピカでございます。

f:id:momoyorozu:20181204003440j:plain

大型のキャリーケースが置けるコーナーもあります

足元には小型のキャリーケースを収めるスペースがあります

f:id:momoyorozu:20181204003922j:plain

が、席が空いていたので2席占領してキャリーケースを置いています。(>_<)

f:id:momoyorozu:20181204004056j:plain

飛行機並みのテーブルもついていますが・・・

 

なんと!飲食禁止です。ドリンクの置ける型枠があっても、です。

f:id:momoyorozu:20181204004133j:plain

ちなみにシートはリクライニングできません。

 

沿線の風景はこんな感じ

台北市内のMRTはほとんど地下鉄ですが、こちらはほとんどが高架なので眺めも良いです。

空港を出てしばらくのどかな風景が続きます。

f:id:momoyorozu:20181204004753j:plain

台湾は車は右側通行なのに鉄道は左側通行のようです。なので、日本で新幹線から撮った風景といっても違いはわかりません(笑)

30分近く走ると新都心みたいな風景に変わります。

f:id:momoyorozu:20181204005152j:plain

 

桃園空港MRT 台北車站に到着

40分ほどで、台北駅(台北車站)に到着。

f:id:momoyorozu:20181204005645j:plain

途中停車した駅は3つでした。

f:id:momoyorozu:20181204005718j:plain

帰りは桃園空港ではなかったので利用しませんでしたが、台北から乗る場合は直達車と普通車は別々のホームになるようですね。

駅舎もピカピカで明るく開放的。

f:id:momoyorozu:20181204005915j:plain

日本的な竹のオブジェは、日本人建築家の設計だそうです。

f:id:momoyorozu:20181204010637j:plain

 

ここまでは案外スムーズに来てしまいましたが、ここからが試練。地下街をたどってホテルまで向かおうとしたのですが、方向もよくわからないし、出口の検討がつきません。

次の行動のためにホテルに荷物を預けるよりも、コインロッカーのほうが早いかと思いましたが、ハイテク過ぎて使い方がわからず、これも玉砕(泣)

f:id:momoyorozu:20181204011521j:plain

ちなみにコインロッカーの漢字表記は置物櫃

地下で迷ってるより、地上に出てリセットしようかと・・・

f:id:momoyorozu:20181204011729j:plain

わ~、見覚えのあるレトロな建物は、台鉄の台北駅ではありませんか!

Google Mapを駆使しながらおおよそ方向などはつかめたものの暑いしクタクタ。ホテルまでは徒歩10数分という表示に、ここで体力を消耗したくないのでタクシーに乗りました。

日本語も英語も通じない運転手さんで、ホテルの位置も良くわからなかったらしくGoogle Mapの地図を見せたところ、とりあえずホテルから徒歩5分くらいという大通りで「あとはこの先歩いて行って」みたいな感じでおろされてしまいました(>_<) 

まあ、数年前大雪の中、ドアを開けた瞬間に日本人とわかって乗車拒否したK国のタクシーに比べたら全然許せる対応でしたけどね。

台北はホテルも多いのでよほど大きなホテルでなければアプリで地図などを準備しておくのが良いですね。

荷物をホテルに預けて1日目の観光がスタートします。