おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【台湾の旅22】たばこ工場跡をリノベーションした『松山文創園区』前編

スポンサーリンク

2018年11月の台湾の旅 つづきです。 

 

今回の2泊3日の旅の最終立ち寄り地はやはり建造物目当て。 

レトロな工場跡が近代アートスポットに生まれ変わったという松山文創園区です。

 

 

松山文創園区とは

日本統治時代の1937年に設立された台湾総督府専売局松山菸廠が前身。「菸廠」は「たばこ工場」のこと。1998年に操業停止後、市指定の旧史跡に指定され、2011年に松山文創園区(Sounshan Cultural and Creative Park)として開放されました。

英語表記から連想されるように文化的、創造的なアート展やイベントの開催、クリエイターたちの拠点施設など、台北市のクリエイティブ基地になることをめざした施設です。

旧工場建物の隣には、TSUTAYAのモデルにもなっている台北を代表する書店「誠品書店」の経営するホテルや商業施設があります。

 

施設マップ

 

f:id:momoyorozu:20190122151643j:plain

 

松山文創園区へのアクセス

上記マップで1~3の入口であればMRT市政府駅が最寄りですが、4~5の入口であればMRT 国父記念館駅からが便利です。

松山文創園区周辺は、台北ドーム他大規模工事のため通行規制が行われています。上記の入口が利用できない場合もありますので、最新の情報をチェックの上お出かけください。

MRT中山駅からバスの場合

キャリーケースを持っての移動だったので(階段や乗り換えが面倒)MRT中山駅近くから乗り換えなしで行かれるバス(282系統)を利用しました。所要20分くらい。

f:id:momoyorozu:20190120232149j:plain

経路図はまるで京都のようです。時間通り来るかはビミョーですが、電光掲示板でお知らせしてくれます。

低床バスで日本で乗るのとあまり変わりありません。料金は15元です。

私は悠々カードを持っていましたが、乗車時・降車時いずれかでタッチします(運転手さんに確認してください)。

f:id:momoyorozu:20190120233124j:plain

悠々カードは空港に着いたらすぐに用意(チャージ)しておくと便利です。 

こんな感じの景色のところで下車しました(バス停撮り忘れてます)。

工事中の台北ドームと台北101が目印。市民大道の交差点まで戻り右へ進みます。

f:id:momoyorozu:20190120233710j:plain 

松山文創園区の施設

入口

f:id:momoyorozu:20190120235229j:plain

(地図 No.5の入口)市民大道に面した入口の古い倉庫が目印。

倉庫の右側を入ったところ、緑の空間と石畳の雰囲気はよかったのですが、キャリーケースを引きずっていたので超歩きにくいったら・・・

f:id:momoyorozu:20190120235548j:plain

帰りに気づきましたが、倉庫を通り過ぎたところの出入口が便利です(地図 No.4の入口) 

文創園区の建物

f:id:momoyorozu:20190120235824j:plain

西側から全体を見た様子。

手前左が旧倉庫、右に旧たばこ工場。背後にそびえるのが近代的な松山台北文創ビル。

 

レトロ感たっぷりの旧たばこ工場は、オシャレなアート空間

f:id:momoyorozu:20190122170154j:plain

インフォメーションセンター(服務中心)

旧たばこ工場内(北東角)にあるインフォメーションにまず立ち寄りましょう。

施設内のマップがいただけます。また各種イベント情報なども収集することができます。施設への入館は無料です。

f:id:momoyorozu:20190122152713j:plain

コインロッカーもありますが、キャリーケースも無料で預かってもらえました。旅行者にはありがたいサービスです。

ただ私が訪れた時は2~3名のスタッフがいましたが日本語はあまり通じませんでした。しかし私のかなり怪しい英語にも親切に対応してくださいました。

 

日本語パンフレットと荷物預かり証

f:id:momoyorozu:20190122153049j:plain

 

中庭

工場の建物はこの中庭を囲むような口の字の形状になっています。

f:id:momoyorozu:20190122163538j:plain

水や緑が多いオアシス的な場所。絵を描いている人もいました。 

 

総2階の建物の内部は、展示&販売スペースの他デザイナーさんたちの工房、図書館などがあります。すべての部屋が見学できるわけではありませんが1階をぐるりとまわってみました。 

松菸小賣所

f:id:momoyorozu:20190122235404j:plain

オシャレ雑貨が並んでいます。

アートな雑貨も見ていて楽しいですが、工場の名残の柱や看板、小物などに目を奪われてしまいます。

展示小物のタイプライター

f:id:momoyorozu:20190122165032j:plain

これを知っている私って・・・何歳かしら?? 

まっすぐな廊下を歩いていると、工場というより学校やお役所にいる気分です。

f:id:momoyorozu:20190122165230j:plain

松菸風格店家

f:id:momoyorozu:20190122165411j:plain

茶葉を紹介するディスプレイですが「理科室」っぽくてウケました。

f:id:momoyorozu:20190122235703j:plain

松菸小賣所と同様、ここも個性豊かな商品が並び、眺めているだけでもかなり楽しめます。

看板もスタイリッシュ

f:id:momoyorozu:20190122165854j:plain

ギャラリースペース

f:id:momoyorozu:20190122170903j:plain

図書館

f:id:momoyorozu:20190122170819j:plain

 

中庭の木々の隙間から差し込む日差しが美しいです

f:id:momoyorozu:20190122171400j:plain

DESIGN PIN(設計点) 

f:id:momoyorozu:20190123000321j:plain

台湾政府がバックアップするデザイン専門店です。

フィッシュ型ショルダー(ポーチ)に目を奪われてしまいました(@_@)

f:id:momoyorozu:20190123000657j:plain

おみやげになりそうな食品もありました。パッケージデザインもおしゃれなものばかり。

f:id:momoyorozu:20190122172701j:plain

カフェ

f:id:momoyorozu:20190122171806j:plain

ここでほぼ工場一周となります。カフェで一息したいところでしたが、まだまだ見るべき場所があるので進みます。 

松山文創園区(松山台北文創ビルを含む)内には、カフェや食事のできるお店がいっぱいあるので、あらかじめチェックしていくと良いと思います。

倉庫群とベルトコンベアー

f:id:momoyorozu:20190122173016j:plain

 

左の工場2階から製造したたばこを右の倉庫に運んでいたベルトコンベアーも残っています。

f:id:momoyorozu:20190123001208j:plain

 

昭和初期の建造物ってデザインも凝っていて、保存したくなるのも頷けます。

f:id:momoyorozu:20190122173154j:plain

倉庫は5棟あり、貸イベントスペースといった感じでパフォーマンスや展覧会などが開かれています。

f:id:momoyorozu:20190122173411j:plain

 

パフォーマンス集団かしら?

f:id:momoyorozu:20190122173323j:plain

 

無料展示のこちらを見学しました。目の病気に関する啓蒙や活動などの展示でした。

f:id:momoyorozu:20190122173607j:plain

 

トイレの壁もアートされています 

f:id:momoyorozu:20190122173822j:plain

 台中の彩虹眷村(レインボービレッジ)より地味だわっ 

www.momoyorozu.net

 

 たばこ工場の名残を残す歴史的建造物の探検はつづきます。