おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【冬のイタリア周遊ツアー】JTB旅物語のツアーにおひとり参加 プロローグ編

スポンサーリンク

2019年2月にツアーで参加したイタリア旅行記のご紹介です。

この記事は、ツアー参加を決めるまでの過程と実際に参加した感想、ツアーの行程をまとめたプロローグ編となっています。

”平成最後”の海外旅行はイタリアへ。

イタリアを選んだ理由

私自身、海外旅行はそこそこ行っているつもりなのですが、なぜか人気No1といわれるイタリアは未踏の地でした。(ハワイも行ったことがない・・・) 

その理由は治安が不安、世界史が苦手など・・・まあいろいろあったのですが、この数年でスペインとペルーに行ってみたら世界史やその関連史跡に興味がわいてきました。

www.momoyorozu.net

 

世界遺産大好きなのに、その数世界1を誇るイタリアに行ったことがないのはヤバい!「旅好き」を自称するにはイタリアに行っておかねば、という衝動に駆られました。

 

初訪問国を効率よく巡るならやっぱりツアー

国内旅行は基本個人行動。もっといえばひとりで気ままに・・・がスタンスです。

海外も若いころは友人とフリーパッケージ(アメリカやアジア方面)に参加することが多いという旅のスタイルでした。

海外に関してはここ数年認識が変わりました。言葉の問題をはじめ、目的の国を要領よく巡るためにはやっぱりツアー。行程もみごとろを凝縮してよく考えられていますし、現地ガイドさんの詳しい説明で理解度も違います。そしてなんといっても個人であれこれ手配するより楽で安い!

私が参加するツアーは、比較的お財布にやさしいタイプ。参加人数もそこそこにいますし、ホテルも食事もそれなり。お金を惜しまず選べばそのあたりの問題は解決しますが、高けりゃいいってもんでもないので。

「こだわるとこはこだわり、妥協できるところは妥協する」がモットーです。

ツアーを決めるまで、コストパフォーマンスを考えながらあれこれ比較するのが楽しかったりするのです。

毎月送られてくるツアー会社のカタログを眺めつつ、価格、ルート、スケジュール、エアラインなど希望が叶うツアーを1年くらい前から検討していました。

 

冬のイタリアツアーはコスパ最高!

日本から添乗員付きで行くイタリアツアーの多くは、ほとんどが同じようなルート。

ミラノから入ってヴェネチア、フィレンツェ、ローマといった世界遺産のある主要観光地を8~10日間で巡るといったものです。

違いといえば、エアライン指定や座席クラスの違い、イタリア国内の移動に列車や飛行機を使うかどうか、食事内容のこだわり、ホテルのランクや宿泊地、フリータイムの有無、参加人数の限定など。これらの違いでお値段に差が出てきます。

それに加え、冬の観光客が少ない季節(1~2月)は、過ごしやすいシーズンと比較して同じ内容のツアーでもとても安くなるのです。これは航空運賃やホテルの価格と連動しているともいえます。

当時、検討したツアーの中にも8日間のツアーでも10万円前半というツアーが存在しました。私はヨーロッパなら基本的にこの季節を狙っています。

ただ、もう若くないので安さだけにこだわるのではなく、こだわるべきところにはお金を惜しまない旅がしたいのも事実。

今回のこだわりは観光に加え、エアラインにこだわりました。

 

参加したツアーはJTB旅物語 

そんな中から決めたのは

JTB旅物語

「プレミアムエコノミーを体験 イタリア8日間」

JTB旅物語は、JTBの中でも「お財布にやさしい」といわれるブランド。

店頭販売はなく、電話またはインターネットでの受付になります。
(カタログを持ってJTBのカウンターに申し込みに行ってもダメです)

このツアーの特徴は

・羽田-ロンドン間にJALのプレミアムエコノミーを利用

・最大人数22名。イタリアでの移動のバスは1人2席を確保

・ローマでのフリータイムが1日

・テルミニ駅及びコロッセオまで徒歩圏内のホテルに宿泊

・2連泊が2回(フィレンツェ及びローマ)

・おひとり参加費用がオトク

 

食事やホテルの内容的にはそこそこ。その分、快適な飛行機の旅がしたいというのは私の旅の楽しみです。

基本的に周遊ツアーではホテルは寝るだけと割り切り、それよりも12時間以上を過ごすことになる往復の飛行機を快適に過ごしたいと考えました。

定員も格安詰込みツアーの定員(約40名)に比べたら半分ほど。

ほぼ飛行機チケット代の相場(20万円台)で8日間のツアーがついてくると思えばコストパフォーマンスは最大だと思えるツアーでした。

f:id:momoyorozu:20190228001526j:plain

 

プレミアムエコノミーを利用するのは、2016年のエアカナダに続いて二度目。

JALの国際線(欧米方面)は、もう何年ぶりか忘れてしまうほど昔に乗ったきり。

そんな”おのぼりさん”的旅行記です。

 

参加したツアーの行程

1日目

羽田⇒ JL43便 ロンドン乗り継ぎ ⇒ ミラノ泊

 【イタリア旅行記2】ツアーで行く場合の羽田空港での手続きなど

 【イタリア旅行記3】羽田空港「サクララウンジスカイビュー」初訪問記

 【イタリア旅行記4】JL43便 羽田-ロンドン プレミアムエコノミー搭乗記 前編

 【イタリア旅行記5】JL43便 羽田-ロンドン プレミアムエコノミー搭乗記 後編

 【イタリア旅行記6】BA580便ヒースロー空港乗り継ぎでミラノへ

 

2日目

ミラノ市内観光 ⇒ 午後:移動 ⇒ ヴェネチア(メストレ)泊

 【イタリア旅行記7】ミラノ市内観光~スフォルツェスコ城・スカラ座など~

 【イタリア旅行記8】ミラノ市内観光~ドゥオーモ(大聖堂)~

 

3日目

ヴェネチア観光 ⇒ 午後 移動 ⇒ フィレンツェ泊

 【イタリア旅行記9】ベネチア~水上タクシーとゴンドラ遊覧~

 【イタリア旅行記10】ベネチア~サンマルコ広場周辺の建築美を愉しむ~

 【イタリア旅行記11】ベネチアングラス工房とリアルト橋

 
4日目

フィレンツェ観光⇒午後 ピサ観光(オプショナル)⇒ フィレンツェ泊

 【イタリア旅行記12】世界遺産フィレンツェの冬の町並み

 【イタリア旅行記13】フィレンツェ ウフィツィ美術館

 【イタリア旅行記14】世界遺産ピサのドゥオモ広場と斜塔

 【イタリア旅行記15】ピサの斜塔に登ってみた!

 【イタリア旅行記16】ツアーでのバス移動の楽しみ方

 

5日目

午前 移動 ⇒ ローマ・バチカン市国観光 ⇒ ローマ泊

 【イタリア旅行記17】カトリックの総本山 サン・ピエトロ大聖堂~外観編~

 【イタリア旅行記18】カトリックの総本山 サン・ピエトロ大聖堂~内部編~

 【イタリア旅行記19】急ぎ足で巡る添乗員付きツアーのローマ市内観光 その1

 【イタリア旅行記20】急ぎ足で巡る添乗員付きツアーのローマ市内観光 その2

 

6日目

自由行動(現地ツアーでバチカン美術館及びコロッセオなど)

 【イタリア旅行記21】現地ツアーを利用してバチカン美術館鑑賞 前編

 【イタリア旅行記22】現地ツアーを利用してバチカン美術館鑑賞 後編

 【イタリア旅行記23】ローマテルミニ駅と駅内のスーパーマーケット「COOP」

 【イタリア旅行記24】オープントップバスでコロッセオへ

 【イタリア旅行記25】カンピドーリオ広場から眺めるフォロロマーノ

 【旅のよろずごと】現地ツアー参加のススメ

 

7日目/8日目

ローマ ⇒ ロンドン(乗り継ぎ) JL44 ⇒ 羽田 着

 【イタリア旅行記26】BA555便でローマからロンドン・ヒースローへ

 【イタリア旅行記27】JL44ロンドン羽田 プレミアーエコノミーで帰国

 

イタリア周遊ツアーに参加した感想

旅行記の前にざっくりと感想などを。

ツアー自体は、添乗員付きと自由行動がバランスよく組み込まれていてとても良い内容だったと思います。

念願かなって日系航空会社(JAL)のプレミアムエコノミーや航空会社ラウンジの利用も初体験。

気になる気候ですが、日本で過ごすのとさほど変わりませんでした(注.温暖な静岡県住みですが・・・)

かえって暑い中並んだり歩いたりする方が私には正直キツいです。オフシーズンなので人気の美術館も比較的スムーズに入場できたと思います。

唯一不満といえば体調を崩したこと。自己管理の甘さもあるのですが・・・まあこれは記事の中でまたご紹介していきたいと思います。

 

次の記事では羽田空港での手続きなどをご紹介しています。

飛ばしたい方はこの記事内 旅の行程のリンクからお進みください。