おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【冬のイタリア旅行記10】ベネチア~サンマルコ広場周辺の建築美を愉しむ~

スポンサーリンク

2019年2月の冬のイタリア旅行記 つづきです。

 


ゴンドラ遊覧の後は、ベネチアの島内観光です。

ツアーで巡るベネチア島内半日観光

ベネチアには、宮殿、聖堂、美術博物館などたくさんの観光スポットがあります。とても1日では回りきれるものではありません。ほとんどの添乗員付きツアーではサンマルコ寺院周辺の観光にベネチアングラス工房の実演&ショップ立ち寄り、昼食といったスケジュールです。私の参加したツアーもそんな感じでした。

ツアーなので入場観光に関しては予約済みで、ガイドさんについていくだけでチケットを買う必要はありません。さらに、冬のシーズンなのでほとんど待ち時間もなく入場できます。こういうところは冬のツアーは無駄がありません。

 

ドゥカーレ宮殿

f:id:momoyorozu:20190329235939j:plain

本土から到着する水上タクシーやゴンドラの乗船場からもよく見える建物です。(建物全景を撮るには海からがベストです)

ヴェネチア共和国の政治の中枢だった建物。ゴシック様式の宮殿は、庁舎兼元首の住居として使用されていました。

9世紀の創建ですが(当時のものは焼失のため)14世紀から16世紀頃に再建されたものとなっています。

ピンクがかった壁面は、ピンクと白の大理石がモザイクになっています。

f:id:momoyorozu:20190329230436j:plain

ゴンドラ遊覧でくぐった「ため息橋」は、宮殿と水路をはさんだ先にある牢獄を結んでいます。

f:id:momoyorozu:20190328001120j:plain

宮殿内の観光(有料)では、この橋を渡ったり、牢獄を見ることできるそうです。

 

大鐘楼

f:id:momoyorozu:20190329231150j:plain

サンマルコ広場でもひときわ目立つ建造物。高さは98.6m。

16世紀初頭に建造された初代は20世紀初頭に倒壊したため、こちらはその後再建されたもの。

塔の先端に輝く像をズームしてみました。

f:id:momoyorozu:20190329231859j:plain

名古屋城の金の鯱(しゃちほこ)と勝負できそうな金ピカ具合です(笑)

周囲を海に囲まれた風景や島内の建物が一望できるあって、他の入場観光スポットと比べても一番人気な様子。

f:id:momoyorozu:20190329232204j:plain

このお天気ならば登る価値あり!(私は登っていませんが・・・)

 

サンマルコ寺院

f:id:momoyorozu:20190329232434j:plain

ドゥカーレ宮殿の建物に隣接して建つ大聖堂。

イタリアっぽくない独特の様式は、4世紀頃の東ローマ帝国時代に流行ったビザンティン様式と呼ばれる建築様式を採り入れています。11世紀に建てられて以来、増築や改修を繰り返しています。

f:id:momoyorozu:20190329234016j:plain

f:id:momoyorozu:20190329234104j:plain

この建物も大理石の色の違いで外観が彩られています。

 

内部の見学がツアー行程に入っていましたが、寺院の内部は写真撮影禁止でした。荘厳な雰囲気の中、天井に施されている金を使ったモザイク画は必見。

モザイク画は、テラスから間近の外壁でも見ることができます。(こちらは撮影可)

f:id:momoyorozu:20190329234552j:plain

f:id:momoyorozu:20190329234702j:plain

f:id:momoyorozu:20190329234746j:plain

 

本物と造形物の面白いショットが撮れました

f:id:momoyorozu:20190330000331j:plain


 

テラスから見るサンマルコ広場(大広場)

f:id:momoyorozu:20190329234913j:plain

ここが約3ヶ月ほど前に大洪水(浸水)となり、その映像がニュースとなりました。

実際に、サンマルコ寺院の中にも浸水した跡がいたるところにあり、床も一部沈んだり傾いていました。ベネチアは100年後には水没してしまうかもしれないという物騒な話も、温暖化や異常気象が進めば現実のものとなるのかもしれません。

 

テラスから見るサンマルコ広場(小広場)

f:id:momoyorozu:20190329235313j:plain


ムーア人の時計塔

f:id:momoyorozu:20190330001051j:plain

岸壁からサンマルコ広場に向かうと突き当りにある時計塔。歩いていると見逃してしまいそうな雰囲気ですが、サンマルコ寺院のテラスからは目線的によく見えます。

この時計塔は1499年に建造されたもので、時計以外にも美しい装飾や仕掛けがいっぱいです。

上部には、ベネチアの象徴でもある翼のある獅子の像

その下には、聖母子像を囲んでデジタル?表示になっています。

f:id:momoyorozu:20190330002622j:plain

これ、5分ごとにパッと変わります。

文字盤に12星座が彩られた美しい時計です。中央の青い部分はラピスラズリだそうです。

f:id:momoyorozu:20190330001218j:plain

私はド近眼なので現地では時計の針まで見えませんでしたが、写真で確認したらほぼ正確に動いているんですね~ 

近代的な自動販売機などは故障だらけのイタリアなのに・・・です(苦笑)

 

ちょうどからくり時計が動くタイミングに居合わせることができました。

f:id:momoyorozu:20190330002919j:plain

 

ベネチアでも一番にぎわう場所なので、ポリスも頻繁に巡回しています。とはいえ、やはりイタリアですので、写真撮影などに気をとられすぎないように自己防衛は必要ですね。

f:id:momoyorozu:20190330000534j:plain

 

ショッピングやお食事よりも、美しい石材や装飾に彩られた建築美にすっかりはまってしまいました。

また行く機会があれば、鐘楼やドゥカーレ宮殿の中にも入ってみたいです。