おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【冬のイタリア旅まとめ】旅のスケジュールとツアーの選び方

スポンサーリンク

2019年2月にJTB旅物語のツアーで行ってきたイタリア旅行。

ずいぶんと時間が経ってしまいましたが恒例のまとめをしておかないと、自分自身締まらないので・・・

以下の記事は、”庶民的”ツアーで行く場合を念頭に置いた内容になっていますが、現地の様子やエアラインは、フリーで行かれる場合にも参考になるようにまとめています。

f:id:momoyorozu:20190713000226p:plain

 

旅行記はこちら 【冬のイタリア旅行記】

 

 

イタリア旅行のベストシーズンは?

イタリア旅行のベストシーズンは、春先から秋ですが・・・

日本とほぼ似たような気候のイタリアは、日本と同様に春から秋にかけてのシーズンには多くの観光客が訪れます。日本に比べて湿気も少ない(と思う)分、夏も人気。

が、一方で世界遺産の数が世界一のイタリアには世界中から観光客が集まります。日本も最近は外国人観光客であふれる観光地が多くなったものの、その比ではないくらい混雑するのがイタリアです。

混雑嫌いな私はあえて「混雑しないシーズン」を選びました。

 

冬のイタリアってどうなの?

イタリアも日本のように南北に長いので北(ミラノ)は寒く、南に行くにつれ温暖になります。私が行ったのは2月ですがほぼ日本(東京周辺)と同じ気候。最高気温が12~13度、最低気温が4~5度といった感じでした。

ただ、添乗員さんのお話では、お正月に同じツアーに添乗したら毎日気温がマイナスで超寒かった・・・とか。まあ、日本もひとことで冬といっても、寒波襲来などで気温の上下はありますからお天気は運次第ですね。(ちなみに私は ”暖冬晴れ女☀” です) 

f:id:momoyorozu:20190322005103j:plain

2月のミラノ ドゥオモ(大聖堂)前の様子 気温10℃くらいです。

 

冬に行くメリットとデメリットは?

メリット1. 混雑を避けて観光できる

イタリア旅行の目的は、ほぼ世界遺産の建造物や美術館なので、混雑していない時に行けば時間の節約にもなるし、ゆったり鑑賞することができます。

ツアーで予約していても美術館入場に並ぶこともざらのようです。混雑嫌いな私にとってはせっかくの海外旅行で混雑でストレスがたまるのは勘弁です。ちなみに一番並んだのはフィレンツェのウフィッツィ美術館で20分ほど。

現地ガイドさんのお話では、冬の観光客数は夏の半分から3分の2くらいだそうです。

メリット2. ツアー代が安い

同じツアーでも10万円くらい価格差があります(航空券の価格差が大きいです)。例えば春から秋に30数万円のツアーなら20万円台。

冬には8日間で10万円台の庶民ツアーもゴロゴロあります。まあ、このランクはいわゆる”格安”なのでホテルや食事内容はそれなりですが。  

デメリット

日没が早いことくらい? 日本と同じくらいで午後6時には日が落ちます。

夏は午後8時過ぎまで明るいそうなので、もう2時間くらい街歩きできたかなという場面もちょっとありました。それに伴い観光施設の閉館時間も早くなっています。

フリーならその差は大きいけれど、ツアーは季節に関係なくほぼ行程が決まっているので、気にするほどのことでもないと思います。 

 

上手なツアーの選び方

初めてなら北から南へ進む王道ルートへ

イタリアは日本人にも人気の渡航先なのでたくさんのツアーが販売されていて、私も漠然とイタリアに行きたいと思ってから、1年以上かけて数社のカタログを見て比較検討していました。

しかし気づいたのは、大半の添乗員付きツアーは似たようなルートだということ。

ミラノから入って、ベネチア、フィレンツェ、ローマ、さらにはナポリ、カプリ島などを巡る8日から10日間くらいのツアーが王道です。

人気&需要があるから各社このルートで商品を出しているともいえます。

とりあえずイタリアは初めてで、イタリアの超有名どころを要領よく巡りたいと思ったらツアー会社のパンフレットの中からこのようなルートで、「人気商品」「ロングセラー」をチョイスするのも良いかと。

余談ですが添乗員さんのお話によると、ルートとしては北からの方が感動が大きく、逆のルートは少ないそうです。私が特別「巨大建造物好き」ということもありますが(笑)、やはりローマの町並み、2000年以上の歴史を持つ世界遺産の数々には圧倒されます。

リピーターならテーマのあるツアーまたは地域を絞ってフリーで

大手旅行会社のツアーにはリピーター向けと思われるツアーがあります。地域を絞ったり、王道ツアーでは巡らない小さな街を巡るようなツアーです。また、美術館巡りや食(旬の食べ物やワインなど)にこだわるツアーなどもあります。

気に入った地があれば次はフリー滞在(航空券とホテルのみ)プラス現地ツアー参加という形でじっくり巡るのもいいですね。

 

参加者限定ツアーという選択肢も

最近は60歳以上に絞った「年齢限定」の他、「夫婦限定」「おひとりさま限定」といった参加者限定のツアーをよく見かけます。同じような年齢層の人たちと和気あいあい旅したいという方や、ひとり参加に不安のある方は限定ツアーもいいと思います。

私はいろいろな人がいるツアーの方が見聞も広がるので、限定なしのツアーにおひとりで参加しちゃってますけど(^^)v 

 

どこにこだわる?お金をかけるべきところを絞ろう

また、これだけは絶対!という観光スポットを1つでもピックアップするとツアーは絞られます。たとえば「”最後の晩餐”の絵画を見る」「ピサの斜塔に登る」「青の洞窟に行く(←お天気次第です)」など。

そして少しでもお得に旅行したいのは庶民なら考えること。でも、お得な中にもちょっとご褒美的なこだわりを入れてみることをオススメします。

例えば、1~2泊はデラックスホテルの宿泊があるとか、有名レストランの食事がついているとか・・・

最近ツアーを見ていて多いのは、航空会社と座席クラスにこだわるという選択肢(後ほど別項目にて掲載)。私はまさにこれでした(笑)

f:id:momoyorozu:20190710011941j:plain

 

添乗員付きツアーの価格はどれくらい?

私は「ザ・庶民」なので、だいたい検討するのは「クラブツーリズム」「JTB旅物語」「阪急トラピックス」です。(「旅物語」と「クラブツーリズム」は毎月立派なカタログ冊子が郵送されてきます)それらを踏まえての価格です。

ベストシーズンなら30~40万円が一般的相場

いわゆる5月から11月くらいのベストシーズンの標準的ツアーなら30~40万円が一般的。もちろん飛行機はエコノミークラスです。

このシーズンでの20万円台はいわゆる”格安”の部類になります。

立ち寄る観光地はさほど大差はなく、ホテルのランク、航空会社と座席クラス、催行人数(最大定員)、観光(案内)付きかどうかで価格は変わってきます。

冬なら10万円前半からツアーが見つかる

これで本当に採算がとれるのか(余計なお世話ですが・・・)と思うようなツアーが冬にはたくさんあります。個人で航空券をとってもこれくらいかかるのに・・・という価格でホテルや食事代、観光までついているので、とにかく安く行きたい方にはオススメ。しかしそれなりに理由があることもお忘れなく。 

安いツアーはそれなりの理由があります

▼定員いっぱい(大型バス1台 40名ほど)詰め込む

実際にH社の団体と遭遇しました。卒業旅行の女子大生が多くバスいっぱいのようでした。トイレ休憩兼おみやげ店立ち寄りが一緒になったのですがレジが大混乱!観光バスが2~3台重なったらさらに大変です。

まあ、私たちのツアーはその半分以下でしたが、立ち寄り先が似ているので結局混乱に巻き込まれますが(>_<)

 

▼飛行機の座席は基本的に選べません

ざっくりと団体で席が確保されているだけなので、グループやご夫婦でバラバラになることもよくある話。時々「話が違う」と文句を言ったり、「なんとかしてくれ」としつこく懇願(海外では通訳の依頼まで)している人がいますが、あなたのツアー選び方が間違っています。このお値段ですべて希望通りに行くはずはありません。そういう方は「並び席確保」と書いてあるそれなりの価格のツアーにしましょう。

でもちょっと頑張れば希望の席を確保できることもあります。 

 

▼ホテルや食事の内容はそれなり

安かろう悪かろうというのを今回痛感しました。特に食事については「ここまで削るか?」と突っ込みたくなるくらい。でも価格相応ということでガマンです。

ついでに、ほぼ近隣諸国のみなさまとご一緒ルート。というのも日本人の人気ツアーコースをルートから立ち寄り先まで丸ごとパクってツアーを作るから・・・だそうです(苦笑)

 

▼ツアー会社と結託したおみやげ店への立ち寄りが多い

これはツアーの価格というよりツアー参加の宿命ですね。以前JTBの赤いパンフレット(LOOKというブランドでそれなりのお値段)でアジアの国に行きましたが、それでも立ち寄るものは立ち寄ります。ただ回数はツアーの価格に反比例するかも!?

 

▼フリータイムという名のオプション誘導 

ツアーの経費を削るためにオプション観光や自由食を多くしているツアーもあります。

自由行動ができる人はいいけれど、そうでない場合は、すべてオプションをつけたらそれなりのお値段になります。全食事付、入場料込みというツアーのほうが安くなることもあるので、表面の金額だけで判断しないで検討しましょう。

 

私が今回参加したツアーは、JALプレエコ利用なので格安というわけではありませんでしたが、飛行機と定員以外はほぼ格安的な内容だった気が・・・(苦笑)

 

私はこれにこだわって決めました!

イタリアは初めてでしたし、何度も行かれないので8日間で南イタリアまで詰め込んだツアーを当初考えました。しかしこだわりはじめたら以下の点が魅力で決めました。

・JALプレミアムエコノミーを利用(羽田発ロンドン乗り継ぎ)

・ミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ローマの4都市のみ

・ローマは1日のフリー、フィレンツェは半日フリー

・最大定員は22名(バスは1人で2席利用)

詰め込み過ぎず、比較的ゆったりしたスケジュールの8日間のツアーです。フリー観光以外は食事付。各都市現地ガイド付きで観光も含まれます。

f:id:momoyorozu:20190602190605j:plain 

また、私はどうしてもローマのコロッセオの入場観光がしたかったのですが、近年は添乗員付きツアーでここまで組み込まれているのは少ないそうです。それをかなえると日程が長かったり、ツアー全体がお高くなってしまうということで、あえてローマ1日フリータイムがあったこのツアーは好都合。(現地ツアーを利用しました)

 

このツアーでなんと20万円台のツアーでした(諸費用・ひとり部屋追加は別途)。レギュラーシーズンではJALプレエコ(羽田-ロンドン)の航空券だけでもこの価格ではおさまらないので、これを逃す手はない!と飛びついてしまいました。

※2019年7月現在このツアーは販売されていません。毎年「冬季限定」で販売されていたと記憶しています。 

 

実際にツアーやエアラインの感想は次の記事でまとめます。