おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【冬のイタリア旅まとめ】航空会社&ツアー会社のこと

スポンサーリンク

2019年2月にツアーで行ったイタリア旅行のまとめ記事です。 

 

 

この記事では、利用した航空会社(JALとBA)とツアー(JTB旅物語)の率直な感想をまとめてみたいと思います。

f:id:momoyorozu:20190713002952p:plain

エアラインの感想

やっぱりJALのサービスは質が高かった

ANAマイラーの私にとっては、アウェイ感のあるJAL搭乗となりました。大好きな山崎豊子さんの著書「沈まぬ太陽」の影響や、破綻してお国の力に頼ったり、と正直JALには以前から良い印象はなく、搭乗機会も各段に少なかったのですが、今回搭乗してみてCAさんのサービスの質の高さには、日本のフラッグキャリアの底力を見ました。

機内食の企画も工夫が見られ(Airシリーズとか)、機内エンターテイメントも充実。

かつては「訪問する国のフラッグキャリアに乗りたい」と思っていた私ですが、年を重ねると「高くてもいいから日系キャリアで・・・」と思うようになったのです。

ツアーでもWEBチェックインができます

日系航空会社の良いところは、団体ツアーでも座席クラスに関わらずWEBチェックインが可能なこと。(ただし72時間前は不可。24時間前から受付のみとなります)

たいていの海外ツアーでは出発数日前に添乗員さんからあいさつの電話があるので、その時に航空券の予約番号を聞いておいて、解禁の時間にあわせて自分で手続きをします。私なんて仕事がよほど立て込んでなければパソコンの前でスタンバってます(笑)
私は窓側派&おとひりなので希望の席を確保することができる可能性は高いです。

残念ながら帰りはローマ発のBAとロンドンからのJALということでWEBチェックインが不可でした。アライアンスが同じなのにできないとは不思議。ちなみにペルーの時は、アライアンスが違ったおかげでロスからのANAは単独WEBチェックインが可能でした。 

JALプレミアムエコノミー(JAL SKY PREMIUM)の感想

前述したとおりJALのサービスはそれなりに良かったのですが、エコノミーと比べてプレエコがものすごく快適だったかというと正直なところ微妙な感じです。

3年ほど前にエアカナダのプレミアムエコノミーに搭乗したのですが、座席数やシートの座り心地、食事の差別化などで比べるとプレミアム感はエアカナダに軍配です。 

 

●座席について

往路は最前列にて必要以上に広すぎて落ち着かず、復路は最後列通路側。エコノミーよりは広いけれどすごく快適という広さではありません。

シートは使用頻度が高いのか、くたびれた感がありました。ひじ掛けもシート幅もエアカナダの方が欧米人向け?にどっしりしていたように思います。

座席数は40席なので、エアカナダの2倍(エアカナダは21席)。限られた空間にしてはちょっと多いかなという気がしました。

そもそも私が旅行中に風邪を引いてかなりクタクタだったという健康上の理由もありますけど・・・プレエコなのにしんどかった記憶しかないのです(泣)

 

●機内食について

間食の"うどんですかい"とドリンクの一部を除きエコノミーと同等。プレエコ限定のシャンパンもボトルそのものには高級感はなく・・・ 

f:id:momoyorozu:20190310195109j:plain

普段ビール派なので、ワインとシャンパンの違いがよくわからない味オンチかも!?

 

●ラウンジ利用

エアカナダにはなかったサービス。航空会社のラウンジであるサクララウンジが利用できるというので期待していたのですが、正直期待ほどではなかったです。食事内容はカレーやサラダ、ちょっとした和食のおかずなどビュッフェ形式で普通・・・

f:id:momoyorozu:20190308191117j:plain

私が利用したのはサクララウンジスカイビューでしたが、出発便が集中する時間帯だったのでけっこうにぎわっていました。羽田ならカードラウンジ(SKY LOUNGE ANNEX)の方が空いていて居心地いいかも。 

 注)サクララウンジスカイビューリニューアル工事による閉鎖に伴い、2019年10月末頃までSKY LOUNGE ANNEXが代替施設になるため、カードラウンジとして利用できなくなるようです。

 

そして復路のロンドン・ヒースローのBAラウンジは激混み。ロンドンという場所柄、意識高い系ビジネスマン御用達空間で、平日に旅行している庶民がうろうろするところではありません。はっきりいって居心地が悪いです(笑)  ←そもそもイギリスが嫌いかも、私。 

ラウンジ利用はなくてもいいので、もっと座席でのサービスをアップしてもらいたいなと感じました。

 

JAL国際線はエコノミーでも十分快適!?

エコノミーの座席間隔がきつくて、CAの対応も手荒な欧米系航空会社利用ならプレエコの恩恵もあるのでしょうが、そもそもJALはエコノミーでもハイクォリティなのでプレエコの存在がかすんでしまうのだと私は分析しました。

www.jal.co.jp

 

フルサービスのはずの航空会社のエコノミークラスのサービスが年々低下する中、こんな受賞歴があるのです。確かにシートもがっちり、座席間隔もゆったりしていて、モニターも大きいことを確認しました。

f:id:momoyorozu:20190315005437j:plain

これならエコノミーでも十分だった?

私の場合はツアーそのものがお得なシーズンだったので”お試し価格”としては良かったのですが、今後は通常期ならエコノミーでガマンして別のところにお金をかけようと思います。(無料アップグレードがあれば歓迎ですけど・・・)

 

BA(British Airways)はもはやLCC?

イギリスのフラッグキャリアということで、JALと同じアライアンスのBAには若干期待していました。が、今回搭乗してみてがっかりです。

EU域内とはいえ2時間近くの搭乗で”国際線”でありながらドリンクサービスもなくすべて有料。CAさんの態度もぶっきらぼう。笑顔なんてあったもんじゃないし、笑顔がないならその体型なんとかしろよ・・・(人のこといえませんが)のレベル。エアカナダの国内線の方が全然良かったなぁ。

前述のように往路はJALと通しでWEBチェックインで座席指定ができたにもかかわらず、復路はまったくダメ。航空券の種類という問題だけではなく、BAのシステムの問題だそうですが・・・(添乗員さん談) 

いずれにしてもロンドントランジットはセキリティも厳しくて大行列だし、ラウンジもがっかりでいいことなしでした。 

唯一の救いはJALへのマイルが積算されたことくらい。

 

ツアーでもマイルはたまります

今回の積算マイル詳細です。

・羽田-ロンドン  3107マイル(積算率50%) 計6214マイル

・ロンドン-ミラノ 148マイル

・ローマ-ロンドン 224マイル

合計 6586マイル 「どこかにマイル」で国内どこかに行けます! 

ただ、エアカナダはツアーでも追加料金を払って手配してもらったこともありプレエコは100%の積算率でした。JALさんちょっとケチ(>_<)

 

JTB旅物語のイタリアツアーに参加した感想

今回はじめてJTB旅物語を利用しました。こちらも心象的にJTBという会社にトラウマがあり(地元のショッピングセンターのJTBカウンターで年配男性スタッフのあり得ない接客に遭遇・・・今振り返ると本部に訴えていいレベル)、それ以来企業体質などが信用できず避けてきたところもあります。

今回は同内容のオトクなツアーが他社にはなかったのでJTB旅物語を選びました。

JTB旅物語のここがよかった

プレエコ利用でこの料金でイタリアのツアーが実現したのは、JTBという会社の規模ゆえだと思います。

添乗員さんもヨーロッパ方面のベテランさん。最近は派遣が多いという中ではJTB関連会社所属の添乗員さんということでした。ハイクラスから庶民ツアーまで数多く経験され、バスの中でも役立つお話をしてくださいました。もちろん派遣という方でもみなさんプロで今まで素晴らしい方たちばかりでしたが・・・

また、今回はトラブルは特にありませんでしたが、JTBはいざという時のトラブルに強いと聞いたことがあります。航空会社や現地の旅行会社などのコネクションが相当なものだとは思います。やはりブランド会社(あくまでも親会社)の安心感はあります。

 

JTB旅物語のここがイヤ

▼ツアー代のカード払いができない

私が今までJTB旅物語を使わなかった理由は心象的なことと、これです。海外ツアーといえば20万円以上は支払うのでカードのポイント(私の場合ANAマイレージ)はかなり大きいのですが、東京の事務所まで支払いに出向かない限りカードは不可。

静岡県から支払いに行くとか、「やれるもんならやってみろ」って言われてる気がして腹が立ちます(>_<)

今どき、庶民ツアーを扱うクラブツーリズムや阪急トラピックスなどの大手は普通にカード払い受け付けているのでここはぜひ経営努力していただきたいです。

 

▼オプショナルツアーが高い

庶民ツアーだから仕方がないものの足元を見ているな、という部分が数点ありました。今回はローマの現地ツアーを利用する前に、ツアー会社の用意したポンペイ日帰りもチェックしましたが、他社の相場より1万円以上ボッタクリ高いのでやめました。

 

▼スーパーマーケット立ち寄りを避けている?

ツアー会社の方針か、イタリアのお国事情かわかりませんが、庶民ツアーのお楽しみともいえる”スーパーマーケット立ち寄り”をあえて避けているのかな、という行程でした。

今まで参加した他社の庶民ツアー(スペイン、カナダ、ペルー)は、1~2か所はホテルの近くにスーパーマーケットがある立地で、添乗員さんが同行して案内してくれることもありました。

が、今回ほとんどのホテルは郊外。外出して買い物できるような場所もなく、バス移動の途中でトイレ休憩するのもツアー会社と結託したお店というパターン。私は最終宿泊地のローマでの自由行動でスーパーマーケットに行きましたが、自由行動がなかったらこのお楽しみも奪われていたかも!?

まあ、JTB側からすれば「文句があるならご希望をかなえるツアーの品ぞろえはいくらでもありますから・・・」ということなのでしょう。あえて不満を募らせてランクの高いツアーへ誘導する作戦なのかとも思うのですが・・・それは言い過ぎですね。

 

ツアーでの食事やホテル、治安などについては次回まとめたいと思います。