おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【12月まで延長決定!】窯出しうなぎパイツアーに参加してきた!

スポンサーリンク

「今年だけの期間限定」という焼きたてのうなぎパイがいただける工場見学ツアーに行ってきました。 

f:id:momoyorozu:20191009234014j:plain

近いからいつでも行ける・・・と余裕だったのですが、いつの間にか夏も過ぎ・・・いよいよ終わってしまう!というわけで焦って行ってきました。 

うなぎパイファクトリーとは・・・

2005年にうなぎパイの新工場を移転させた際に、いわゆる流行りの工場見学もできちゃう・・・というスタイルにしたものです。浜松西インターからのアクセスも良いので、オープン以来人気スポットとなっています。

工場見学では名前を記入すれば「うなぎパイ」のおみやげがもらえるという太っ腹サービス。自由見学もできますし、予約をすればコンシェルジュさんが詳しく説明をしてくれる「ファクトリーツアー」にも参加できます。いずれも無料です。

しかし、その横にはしっかり売店スペースがあるので、みんな最低1箱は買っていくといういい感じの流れになっているのです(笑)

 

窯出しうなぎパイツアーとは

2019年は静岡ディスティネーションキャンペーンという観光キャンペーンが行われており、県内各地域で期間限定のレアなツアーが実施されています(いました?)。

ここうなぎパイファクトリーでは、従来のガイド付き工場見学に加え、焼きたてのうなぎパイをうなぎパイカフェでお茶しながらいただけるという企画。

本来、焼きたてのうなぎパイは一部の職人さんが品質チェックのために口にすることができるものなのですが、これを一般人が味わえてしまうのです。

ただ、このツアーは500円という有料ツアーになります。

工場見学といえば”無料”が常識の中で、500円という金額はどう感じるかは・・・記事にて。

 

窯出しうなぎパイツアー スタート

エントランス

f:id:momoyorozu:20191009235438j:plain

事前にWEBで予約&カード決済していきました。

受付でその旨を伝えると、集合場所と時間を教えていただけます。受付前の集合場所にはほぼ定員いっぱいと思われる20名ほどが集まりました。 

私は過去に2回ファクトリーツアーに参加したことがありますが、前半はほぼ同じ内容でした。

1階見学ルート

f:id:momoyorozu:20191009235955j:plain

うなぎパイは、「仕込み・仕上げ」⇒「焼き上げ」⇒「検品」⇒「梱包」という流れで作られています。

うなぎパイの原料(小麦粉や砂糖、バターそして「うなぎの粉」)を配合する工程と、9000層にもなるパイの生地づくりは、うなぎパイづくりの”中枢”ともなる部分で企業秘密。

その部分はバネルになっています。

f:id:momoyorozu:20191010000402j:plain

このパネルの扉に使われている麺棒(のし棒)は、実際に生地作りで使われていたもの。

何よりも驚くのは、生地作りが職人さんによる手作業で行われていること。その数も3名ほどで、限られた人だけにその技が引き継がれています。

 

ここから「焼き」がスタートです。生まれたてのうなぎパイは「細っ!」

f:id:momoyorozu:20191010000532j:plain

ガラス越しには見えるのですが、カメラにはうまく収められませんので気になる人は現地へどうぞ。

窯を流れる間にうなぎパイはが膨らんでいきます。

するといつものサイズに焼きあがったうなぎパイに、”秘伝のタレ”が塗られていきます。

f:id:momoyorozu:20191010000723j:plain

隠し味に使われているのはアレ。これはいつ食べても私はよ~くわかりますよ(^^)v

焼きあがったうなぎパイは、人の目で焦げ色やサイズなどを厳しくチェックされます。

f:id:momoyorozu:20191010000827j:plain

ここではねられたものは、お徳用として販売されます。私も自腹で買うのはこれくらいですが、最近はあまりお得感がないかな・・・と思ったりします。

 

2階見学ルート

ガラス越しに工場全体がのぞめます。県内はもとより、県外の駅やサービスエリアにも置いてある人気おみやげですが、工場は意外とコンパクトだなという印象。

f:id:momoyorozu:20191010000923j:plain

f:id:momoyorozu:20191010000954j:plain

でもここで1日20万本のうなぎパイが製造されるそうです。オーソドックスなものの他にミニサイズ、ナッツ入り、ブランデー入り・・・もここで製造されます。

ここからは袋詰め、箱詰め、包装などが機械で行われます。もちろん異物検知器を通過した安全なものだけが出荷されます。

 

工場見学はここでひととおり終了ですが、見学ツアーに参加するとシアターで職人さんの技などを10分ほどの紹介ビデオで見ることができます。

f:id:momoyorozu:20191010001136j:plain

 

さらにトンネルをくぐると・・・

f:id:momoyorozu:20191010001207j:plain

その中には、うなぎパイに関する素朴な疑問とその答えが並んでいます。

「なぜ夜のお菓子?」なんていうのはもちろんご存知ですよね? 

まあ、ほとんどの方が違う方向へ行っていると思われますが・・・(笑)

答えはこちら

f:id:momoyorozu:20191010001419j:plain

ついでに「真夜中のお菓子」というのもありますけど(爆)

f:id:momoyorozu:20191010001739j:plain

個人的には、これおいしいのでオススメです!

記念撮影スポット

f:id:momoyorozu:20191010002207j:plain

等身大のうなぎパイと一緒に撮影できます。私も初回はしっかりここで記念撮影しました(^^)v

 

焼き立てうなぎパイを食べてみた!

このツアーのメインイベントの会場はこちらのうなぎパイカフェ

f:id:momoyorozu:20191010001930j:plain

おみやげのうなぎパイ(ミニサイズ3枚入り)とツアー参加者限定のおしぼりが用意されています。

f:id:momoyorozu:20191010002052j:plain

アイスコーヒーか緑茶もついています(お子さん向けのジュース類もあり)。さらにアイスクリームまで出てきましたよ~ 

実は、カフェでこんなにいろいろいただけるとは思っていなかったので、うなぎパイファクトリーに早々に到着して、昼食がてらこのカフェでお茶してました、私。

f:id:momoyorozu:20191010002525j:plain

「うなぎパイの”う巻き”仕立て」いただきました。アーモンドクリーム(ピーナッツののような感じでした)とバナナ、もちろんうなぎパイも入ったクレープ巻でなかなかボリューミー。

過去に二度来た時にはカフェが満席、オーダーストップ直後でアウト・・・と空振りだったので、何が何でもカフェしてやるぞと意気込んで行ったのですでに満腹(;'∀')

こりゃ食べ過ぎ・・・と思っているところに鉄板を持った職人さん登場。

f:id:momoyorozu:20191010003048j:plain

目の前で焼き立てのうなぎパイに秘伝のたれを塗ります。

その後、うなぎパイをコテではがしていきます。もたもたしているとまぶした表面の粉砂糖が溶けて貼りついてしまうので、解説しながら手元は大忙し。

f:id:momoyorozu:20191010003233j:plain
f:id:momoyorozu:20191010003254j:plain


すぐに焼きたてが配られました。ミニサイズのうなぎパイです。

f:id:momoyorozu:20191010003429j:plain

まだ窯から出して5分以内くらいのうなぎパイは、本当に熱々。ちょっとずつかじると、今までとは違った食感。やわらかくて香ばしいです♡

その後、数分もしないうちにいつものカリっとした食感になっていました。1枚で2つの食感が楽しめます。

と思ったら数分後にもう一度焼きたてが登場。なかなか味わえない焼き立てをもう一度しっかり味わいます。 

f:id:momoyorozu:20191010003711j:plain

これにて窯出しうなぎパイツアーは終了です。カフェで自由解散となりました。

 

実はこのカフェは飲み物だけで400~500円なのでしっかり元はとれました(*^^)v 

カフェに席が用意されているばかりか、アイスと焼きたてうなぎパイまでついて500円ならお得といえます。

休日は混雑するカフェも、このツアーに参加すればしっかり席が確保されます。解散後ゆっくりカフェでお食事するのもありです。

そして、一度は工場見学したことがあるリピーターでも十分楽しめると思います。(私は9年ぶりでしたけど・・・)

 

窯出しうなぎパイツアーは2019年12月まで開催

9月末までだったこのツアー、12月16日まで期間が延長されました!

なお、火・水・木の設定はありませんのでご注意ください。

こちらから予約可能です。

うなぎパイファクトリー 公式サイト

 

帰りにはショップに寄りましたが・・・食べ物よりこれ気になりました

f:id:momoyorozu:20191010232406j:plain

これ持って世界に羽ばたこうかしら!? 

 

 

 

うなぎパイファクトリー 公式サイト - 浜松市で工場見学を楽しもう!