おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【マカオひとり旅行記10】マカオでGoogle Mapを使うと現在地がずれる件

スポンサーリンク

2019年11月 ANAの特典航空券を利用したマカオひとり旅の旅行記です。

ひとり歩きで世界遺産を巡っている途中に、私が絶大な信頼を寄せるGoogleさんが暴走してしまいました。

マカオでGoogle Mapを使うとこんなことが起こるかもしれない、という体験談です。

www.momoyorozu.net

 

 

Google Mapの現在地がずれている!?

世界遺産の媽閣廟(マーコミュー)から次の目的地に向かってGoogle Mapで経路を確認しようとしたときのこと。

f:id:momoyorozu:20191222185731j:plain

媽閣廟から港務局大樓への道

ガイドブックの地図ではすぐ近くにあるような場所なのに、iPad miniのGoogle Mapでルートを検索するとどう考えてもあり得ない遠回りのルートが表示されてしまいました。

そもそも現在地が合っていないのです。現在地と2~3キロ離れている状態でした。

 

その時の記録はないのですが、その後Hotel Lisboa付近で記録したスクリーンショットがこんんな感じでした。

f:id:momoyorozu:20191222190603p:plain

現在地は、リスボアから直線距離で1kmほど北東(澳門文化中心)を指していました。

何度も再起動を試すのですが解消されませんでした。

 

ちなみに旅行中に使用していたのは、日本で購入したSIM 2 FlyというSIMカード。

 

2月にイタリアに行くときにヨーロッパ周遊タイプを使って良好だったので、今回の旅ではアジア周辺のものを購入しました。

f:id:momoyorozu:20191222190819j:plain

事前に日本国内で購入でき、カードを挿入するとソフトバンクの回線に接続されるため、出国前に自宅で入れ替え&接続テストできるのがメリットです。

香港到着からマカオに行く間にも利用していて、トラブルはありませんでした。 

 

www.momoyorozu.net

 

予定では媽閣廟(マーコミュウ)からほど近い港務局大樓、鄭家屋敷を経由し、その先聖ローレンス教会まで行くつもりでしたが、聖ローレンス教会にたどりつけず、バス停を見つけホテルへ戻りました。

紙のマップなどでおおよその位置は把握したものの、ただの方向音痴なのか・・・

どちらかというと地図を使って移動することは得意なタイプですが、最近はすっかりカーナビやGoogle Mapに頼りっきりなのが裏目に出てしまいました。

 

通信は普通にできるので、SIMカードの通信トラブルでもなけければ、iPadの不調でもなく。

しばらく悩んだ挙句、はは~ん、そうということか、これが中国か・・・と納得。

そもそも私は中国本土に行ったことがないので詳しいことはわかりませんが、Googleは中国にとって受け入れがたい「敵」ですからね。

 

翌日にはトラブル解消 

ところが、翌日の午後にコタイに行った辺りから現在地がピッタリあうようになりました。

さらに後日Appleのフォトアプリで撮影地を照らし合わせてみると、港珠澳大橋の橋上もマカオ市内もほぼあっていたのです。

f:id:momoyorozu:20191222192543p:plain
f:id:momoyorozu:20191222192602p:plain

これはいったいどういうこと!? 

しばらく忘れていたのですが、ブログで記事をまとめている間にやっぱり気になったので調べてみました。

 

以下、Wikipediaより引用です。 

原因は”中国における地理的データの制限”

中国における制限

中華人民共和国国内における地理情報データの利用は、安全保障上の理由により、国務院の下位機関である国家測量製図地理情報局から特別な許可を得た者のみに制限されている 。 その結果、多くの地図アプリケーションにおいて、中国国内の道路地図における道路と衛星地図情報が一致せず、オープンストリートマップなどのクラウドソーシングを利用した地図作成に関する活動が、非合法状態となっている。

香港・マカオは対象外

一国二制度により、中国本土の法律が適用されない香港、マカオといった特別行政区内においては同様の規制は存在しない。従って、GPSのずれに関する問題は適用されない。しかし、特別行政区と中国本土の境界においては、ずれたデータと正しいデータが重なってオンライン地図のデータが壊れているように見える。この問題は国境をまたがって移動する旅行者にとって問題となるため、とくにこの問題を認識していない旅行者は注意しなければならない。

 

ざっくりまとめると採用している座標系のシステムの違いによりずれが生じるとのこと。

このずれは私たちにはどうすることもできません。

Google Mapだからということではなく、地図システムそのものが特殊だということです。

しかしながら香港・マカオという地域はこの規制外となっており本来ならば正確に表示されるものの、国境(正しくは区の境界)近くでは崩れることもあるのです。

まさにこれでした。

 

媽閣廟のバス停を降りた対岸を眺めて「中国近っ、泳いで渡れそう・・・」と思いましたもん(笑)

f:id:momoyorozu:20191222192835j:plain

コタイに行ったら修正された点は、距離か時間的な問題で解決されたのだと思います。

しかしながらAppleの写真アプリでは撮影地がほぼ正確に記録されていたというのも謎のままです。

 

ということで結論

マカオでGoogle Mapを使う時の注意点

マカオでは基本的にはGoogle Mapが使えますが、中国本土との境界に近いため、数kmのずれが発生する確率が高いです。

長距離の移動なら誤差は感じられないかもしれませんが、マカオのように徒歩で巡るとなるとこれはちょっと厳しいです。昔のようにアナログの地図持参で頑張るしかないかな!? 

ちなみに現地でもらえるような観光マップはありませんので、日本で発売されている観光ガイドが頼りになります。

 

【追記】マカオのプリペイドSIM 実名登録制スタート

なお、2019年12月22日よりマカオではサイバーセキュリティ法が施行となり、マカオの通信キャリアが販売するプリペイドSIMカードは実名登録制となります。

日本で購入したものが今後どのような扱いになるのかは不明ですが、今後の動向も気になるところです。

www.macaushimbun.com