おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【カナダ春の周遊旅23】5月のバンフの町のようすとターミガンイン宿泊記

スポンサーリンク

2016年5月のカナダ春の周遊旅(クラブツーリズムのツアー)の続きです。 

利用したホテルはバンフの町の中心からほど近いターミガンインでした。

 

 

5月初旬のバンフの町の風景 

気温約25℃という5月初旬とは思えないバンフの町。真夏の風景です。

f:id:momoyorozu:20190321194047j:plain

これはかなり珍しい気候(温暖晴れ女のパワーです)。この翌週は雪の降るようなお天気に見舞われたようです。

一般的な5月の気温は、最高気温15℃くらい、最低気温は1~2℃。

山岳地なので朝晩はかなり冷え込みます。

 

まるで西部劇のようなタイムスリップした風景が見られました。

f:id:momoyorozu:20190321194525j:plainこの馬車の出発地点であるウェスタングッズショップをのぞいてみました。

 

バンフの町でショッピング

Banff Trail Riders shop

f:id:momoyorozu:20190321194636j:plainこのウエスタンブーツ、憧れますが履きこなせる自信がまったくないので(笑)、シャツだけ買ってきました。

 

メインストリートのバンフアベニュー沿いには、レストランやギフトショップ、ブティックなどの一通りのお店が揃っています。

 
土地柄、登山などのスポーツブランド店が多いです。
 

ビーバーのイラストがかわいい人気ブランド Roots(ルーツ)

f:id:momoyorozu:20190321194851j:plain

f:id:momoyorozu:20190321194933j:plain


身内のおみやげにTシャツを数枚購入。お手頃価格ですしちょうどバーゲン中。リクエストしたらおみやげ用のショップのバッグも数枚もらえました(^^)v

 

バンフの町でカフェタイム

バンフにもスタバはありますが、旅先ではご当地コーヒーショップを利用するのも楽しみなのです。

Evelyn's Coffee Bar

f:id:momoyorozu:20190321195047j:plain

マシーンで1杯ずつ丁寧に入れてくれる本格派(カップのデザインがちょっと残念ですが・・・)

パニーニも手作り感があり、しっかり温めてくれたので美味しくいただきました。

席数は多くなく、テイクアウトが多いお店ですが、混雑していなかったのでまったりできました。コーヒー好きにはオススメしたいお店です。

 

ショッピングモール CASCADE SHOPS

f:id:momoyorozu:20190323003848j:plain

f:id:momoyorozu:20190323003913j:plain

町の中心にあるショッピングモール。フードコートやレストランも入っています。

過去にバンフに来た2回(1月)は、寒すぎて外を散策する気にもなれず、さらに路面店の閉店も早かったため、唯一ここがショッピングを楽しむスポットだったので印象に残っています。

歩き回るのは面倒という方にはてっとり早くショッピングとお食事が楽しめます。

といっても日本のイオンモールのような規模ではありませんので・・・
 

ビジターセンター

f:id:momoyorozu:20190323004441j:plain

観光案内所です。今回はツアーなので利用することはありませんでしたので、日本語が通じるかどうかは不明です。

ちなみに、私が20数年前に行った時に比べ在住(ワーキングホリデー含む)している日本人はかなり減っているようです。

当時はたいていのショップには日本人スタッフがいましたし、今となれば驚くような円高の時(1カナダドルが60円台)でした。

真冬ということもあり、航空券含めて10万円ちょっとでリムロックに宿泊できましたからね~ いい時代だったなぁ。

 

スーパーマーケット SAFEWAY(セーフ・ウェイ)

f:id:momoyorozu:20190324145845j:plain

近年、おみやげ探しはスーパーで地元民御用達の食品をさがすのがお約束。

リゾート地のスーパーマーケットのなので激安ではありませんが、大きすぎず小さすぎず、使い勝手の良いスーパーです。

※近年、スーパーの経営会社や名称が変更されたようですのでご注意ください。

 

 

バンフで3連泊したホテルはこちら

バンフターミガンイン (Banff Ptarmigan Inn)

f:id:momoyorozu:20190321200215j:plain

ダウンタウンのほぼ中央に位置し立地は抜群。

3度目のバンフですが過去一番の好立地。(過去には、リムロックリゾート、ダイナスティイン(現.バンフイン)に宿泊)

 

シンプルなつくりですが、キングサイズのベッドでくつろげました。

f:id:momoyorozu:20190321200156j:plain

真ん中のバスルームを挟んでベッドが2つあるので、ツインでも部屋が仕切られた感じになります。

Wi-Fiは無料。フロントに近い部屋ということもありばっちりつながりました。

 

部屋にはコーヒーメーカーやドリップコーヒーも用意されていました。無料です。 

f:id:momoyorozu:20190324191649j:plain

 

アイロンや扇風機はわかりますが、アイロン台がこの異常な長さは何?

f:id:momoyorozu:20190325000744j:plain

 

朝食のビュッフェは、カウンターではオムレツも作ってもらえます。

カジュアルなホテルのわりにはお料理もおいしかったです。

f:id:momoyorozu:20190325001319j:plain

 

f:id:momoyorozu:20190324191834j:plain

 

バンフのホテルと立地について

バンフはダウンタウン(といっても小さな町です)には、このようなロッジ風の低層階ホテルが立ち並んでいます。

一方、バンフスプリングスやリムロックのような大型リゾートホテルは、ダウンタウンから1~2km離れた場所にあり、シャトルバスやタクシーを利用してダウンタウンへ移動することになります。

しかしホテルの中にレストランやショップが完備されているので、わざわざ外出しなくても完結できるのですけど。

イクラスホテルでのんびり過ごすか、町歩きも楽しみながらカジュアルかつアクティブに過ごすか、ですね。

 

いずれにしてもリゾート地なので、数泊して自然に親しみながらホテル滞在も楽しみたいものです。