おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

寺社巡り(御朱印)

寺社を巡るひとつの楽しみとして御朱印も集めています。

【岐阜】金尽くしのパワースポット「金神社」のち 岐阜モーニング

2022年7月の岐阜の旅。 再開発が進む岐阜駅前にある立地の良さと、その名前からも縁起のよさそうな金(こがね)神社を参拝しました。

【岐阜】令和に造営された一番新しい「岐阜東照宮」

2022年7月の岐阜の旅。 金華山の麓にある伊奈波神社を参拝し、いよいよ「大本命」の東照宮へ向かいます。

【岐阜】岐阜城の産土神「伊奈波神社」を参拝

2022年7月に行ってきた岐阜の旅。 旅の最大の目的は、2021年に東照宮の建物が新たに造営されたばかりの伊奈波神社。この記事では、まず伊奈波神社の境内をご紹介し、後編で東照宮についてご紹介します。

【北海道】ここもロケ地 富良野の町の鎮守「富良野神社」

2022年6月の北海道の旅。 富良野市麓郷から富良野の町の中心へやってきました。こちらも「北の国から」のストーリー上、重要なロケ地となったスポット 富良野神社を参拝しました。

【ブログ】アクセスが突然20倍になってビックリ!原因はあの番組だった

先日、夜10時ころブログのアクセスを確認したところ、見たことのないような数字に驚いてしまいました。ブログを開設してはじめてのことなのでビックリです。

【北海道】帯廣神社の新名所”緑の池"とシマエナガ御朱印帳

2022年6月の北海道の旅。帯広空港周辺から帯広中心部へ移動しました。 帯広広尾自動車道の幸福インターから帯広川西インター(無料区間)を走りましたが、空港周辺から中心部までは寄り道しなければ30分ほど(25kmくらい)です。

【鎌倉殿の13人】青もみじも美しい修善寺のシンボル「修禅寺」

2022年4月に訪ねた伊豆市にある修禅寺。 地名は修善寺ですが、お寺の名前は修禅寺です。(変換ミスではありませんので・・・) 修善寺温泉を代表する観光スポットでもあり、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも登場する歴史ある素晴らしいお寺です。

【鎌倉殿の13人】北条義時創建 伊豆の国「北條寺」

2022年4月に訪ねた大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ゆかりの地をめぐる旅。 大河ドラマの主人公でもある北条義時が創建した伊豆の国市にある北條寺を訪ねました。番組の最後に流れる「紀行」の第1回に登場したお寺です。

【鎌倉殿の13人】北条時政創建 国宝仏像を祀る「願成就院」

2022年4月に訪ねた大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ゆかりの地をめぐる旅。 北条氏が創建したお寺であることに加え、伊豆地域に多数の国宝を有するこんなに素晴らしいお寺があったことを県民ながら初めて知りました。

【長野】武田信玄の終焉の地伝説(2) 駒場「長岳寺」

2022年のGWに、長年気になっていた長野県根羽村(ねばむら)にある史跡 信玄塚を訪ねましたが、あわせてもうひとつの終焉の地といわれている阿智村(あちむら)にあるお寺も訪ねてみました。

【長野】2022年御開帳の飯田市「元善光寺」参拝してきました

2022年4月から長野市の善光寺で7年に1度の御開帳(コロナ禍のために1年遅れの開催)がはじまりました。 貴重な機会なのでぜひ!と思いましたが長野市までは遠い・・・そこで訪ねたのは南信州の飯田市にある「元善光寺」です。この名前にも何か理由がありそうで…

【愛知】三河湾に浮かぶ竹島とパワースポット「八百富神社」

2022年1月、愛知県東部の蒲郡(がまごおり)市にある八百富(やおとみ)神社に行ってきました。 神社のある竹島は風光明媚なスポットでも知られますが、島全体が神域であり、その自然は国の天然記念物となっている清々しい場所です。

【山梨】武田信玄建立「甲斐善光寺」

2021年12月に訪ねた山梨の旅の記録です。 武田信玄ゆかりの 恵林寺とあわせて訪ねた甲斐善光寺のご紹介です。善光寺といえば信州長野ですが山梨にもあるんです! そしてこの創建の経緯もすごいのです。

【山梨】武田信玄の菩提寺 「恵林寺」を月命日に参拝

2021年12月 武田信玄の菩提寺である恵林寺(山梨県甲州市)を訪ねました。 訪ねた12月12日は武田信玄の月命日であり、通常非公開の墓所にお詣りすることもできました。

【大分】続日本100名城「中津城」~石垣と奥平神社編~

2021年秋の宮崎・大分旅行記です。 大分県中津市にある中津城を訪ねました。天守をひととおり巡った後は、黒田官兵衛と細川忠興が築城した石垣が見られるスポットへ。

【宮崎】天照大御神が隠れた岩戸が御神体「天岩戸神社」

2021年秋の宮崎・大分旅行記です。 高千穂神社、高千穂峡とみどころを満喫し、高千穂町観光の最後は日本神話にも登場するアレがある有名な神社です。

【宮崎】天孫降臨の地にある「槵觸(くしふる)神社」

2021年秋の宮崎・大分旅行記です。 高千穂神社で御朱印をお願いした際、槵觸(くしふる)神社のものも一緒にいただけるとのことで御朱印をいただいてまいりました。あまり下調べしていなかったのですが、思いがけず巡り合えたパワーみなぎる神社をご紹介しま…

【宮崎】高千穂神社で毎日開催「高千穂神楽」を鑑賞

2021年秋の宮崎・大分旅行記です。 この記事では観光客が気軽に鑑賞できる高千穂神社で開催される「高千穂神楽」についてご紹介しています。

【宮崎】御神木だらけ!?パワーあふれる境内「高千穂神社」

2021年秋の宮崎・大分旅行記です。 年明け最初の記事は、縁起のいいパワーあふれる神社のご紹介からスタートです。 高千穂と日本神話 高千穂神宮について 高千穂神社の境内のようす 大鳥居 手水舎 狛犬 拝殿 鎮め石 重要文化財の本殿を一周ぐるり 本殿右側 …

【宮崎】神武天皇を祀る「宮崎神宮」

2021年秋の宮崎・大分旅行記です。 1日目は青島神社を巡った後、高千穂に向けて北上します。 www.momoyorozu.net 途中、宮崎市の中心部を抜けて宮崎神宮へ向かいました。 バイパスが整備されて爽快なドライブが楽しめる宮崎市ですが、途中ちょっぴり渋滞。 …

【宮崎】天然記念物の宝庫 青島神社と鬼の洗濯岩

2021年秋の宮崎・大分旅行記です。 www.momoyorozu.net 宮崎空港でレンタカーを借りて最初に向かったのは、宮崎市内の超有名観光スポット青島神社です。 空港から目的地へ向かう道のりは、フェニックスが立ち並ぶ南国感たっぷりな風景で、爽快なドライブがで…

【愛知】家康公ゆかりのパワースポット「鳳来山東照宮」

愛知県新城市にある鳳来山東照宮を10年ぶりに訪ねました。 訪ねたのは2021年10月初旬。緊急事態宣言明けの平日、まだ人の動きが少ない時です。 名前のとおり、徳川家康(東照大権現)を祭神とする神社で、日光と久能山と並ぶ三大東照宮とされています。(こ…

【青森】本州最北端の五重塔のある最勝院へ

函館~青森の旅つづきです。 www.momoyorozu.net 本州最北端の東照宮(重要文化財)の存在は確認したものの、からっぽの建物だったというオチがついてなんとなく消化不良のまま弘前市を後にすることになるのですが、その前に "最北端"ということばに惹かれて…

【青森】本州最北端の東照宮は”ワケあり”だった

2021年7月の函館~青森旅行記です。 www.momoyorozu.net 弘前城をあとに向かったのは、我らが徳川家康公を祀る東照宮めぐりです。 函館では国内最北端の東照宮に行くことを楽しみにしていたのですが、交通機関の乱れで叶わず、この本州最北端に全力投球!で…

【静岡】あの金メダリストもお詣りした「矢奈比賣神社(見付天神)」

東京オリンピックが閉会しました。 開催には賛否両論ありましたが、選手たちの活躍ぶりに、開催されて良かったとも思えました。 今回のオリンピックでは静岡県、特にこの遠州地域の選手たちが大活躍(卓球とソフトボール)。そんな金メダリストも訪れていた…

【静岡】家康が逃げ隠れた大楠がそびえる「浜松八幡宮」

磐田市の府八幡宮と前後して浜松市内にある八幡宮に行ってきました。こちらも歴史の古い神社です。 www.momoyorozu.net 家康も崇敬 浜松城の鬼門封じ「浜松八幡宮」 神社 概略 【名 称】浜松八幡宮(はままつはちまんぐう) 【主祭神】玉依比売命 (たまより…

【静岡】遠江国の国府に鎮座する磐田「府八幡宮」

静岡県磐田市にある古い歴史を持つ府八幡宮のご紹介です。 今年(2021年)1月と6月に行きましたのでそれぞれ季節のようすも交えてご紹介します。 神社 概略 【名 称】府八幡宮(ふはちまんぐう) 【主祭神】誉田別命(ほんだわけのみこと) 足仲彦命 (たら…

【三重】3月の伊勢神宮〈内宮〉をじっくり歩いてみました

2021年3月に訪ねた伊勢神宮のようすです。 別宮(遙宮)である瀧原宮、外宮を参拝し伊勢市内に宿泊した翌日朝、内宮へ向かいました。 www.momoyorozu.net www.momoyorozu.net 伊勢神宮には毎年のように参拝をしていますが、市内に宿泊して巡るというのは初め…

【三重】3月の伊勢神宮〈外宮〉をたっぷり歩いてみました

2021年3月に訪ねた伊勢神宮のようすです。 毎年1月に団体参拝に行っているのですが、今年はコロナ禍により中止に。 そんな中、別宮もめぐりながら外宮と内宮へお詣りです。 外宮から内宮という順序でお詣りするのが正式なのですが、それより先に別宮(瀧原宮…

【三重】「瀧原宮」のパワースポット ”ねじれ杉”へ再び!

2021年3月に三重県を訪ね伊勢神宮の内宮・外宮に加えて別宮を巡りました。 最初に訪ねたのは別宮(遙宮-とおのみや-)である瀧原宮(たきはらのみや)。二度目の参拝になります。