おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

寺社巡り(御朱印)

寺社を巡るひとつの楽しみとして御朱印集めをしています。 過去のブログの記事はこちら

【青森】本州最北端の五重塔のある最勝院へ

函館~青森の旅つづきです。 www.momoyorozu.net 本州最北端の東照宮(重要文化財)の存在は確認したものの、からっぽの建物だったというオチがついてなんとなく消化不良のまま弘前市を後にすることになるのですが、その前に "最北端"ということばに惹かれて…

【青森】本州最北端の東照宮は”ワケあり”だった

2021年7月の函館~青森旅行記です。 www.momoyorozu.net 弘前城をあとに向かったのは、我らが徳川家康公を祀る東照宮めぐりです。 函館では国内最北端の東照宮に行くことを楽しみにしていたのですが、交通機関の乱れで叶わず、この本州最北端に全力投球!で…

【静岡】あの金メダリストもお詣りした「矢奈比賣神社(見付天神)」

東京オリンピックが閉会しました。 開催には賛否両論ありましたが、選手たちの活躍ぶりに、開催されて良かったとも思えました。 今回のオリンピックでは静岡県、特にこの遠州地域の選手たちが大活躍(卓球とソフトボール)。そんな金メダリストも訪れていた…

【静岡】家康が逃げ隠れた大楠がそびえる「浜松八幡宮」

磐田市の府八幡宮と前後して浜松市内にある八幡宮に行ってきました。こちらも歴史の古い神社です。 www.momoyorozu.net 家康も崇敬 浜松城の鬼門封じ「浜松八幡宮」 神社 概略 【名 称】浜松八幡宮(はままつはちまんぐう) 【主祭神】玉依比売命 (たまより…

【静岡】遠江国の国府に鎮座する磐田「府八幡宮」

静岡県磐田市にある古い歴史を持つ府八幡宮のご紹介です。 今年(2021年)1月と6月に行きましたのでそれぞれ季節のようすも交えてご紹介します。 神社 概略 【名 称】府八幡宮(ふはちまんぐう) 【主祭神】誉田別命(ほんだわけのみこと) 足仲彦命 (たら…

【三重】3月の伊勢神宮〈内宮〉をじっくり歩いてみました

2021年3月に訪ねた伊勢神宮のようすです。 別宮(遙宮)である瀧原宮、外宮を参拝し伊勢市内に宿泊した翌日朝、内宮へ向かいました。 www.momoyorozu.net www.momoyorozu.net 伊勢神宮には毎年のように参拝をしていますが、市内に宿泊して巡るというのは初め…

【三重】3月の伊勢神宮〈外宮〉をたっぷり歩いてみました

2021年3月に訪ねた伊勢神宮のようすです。 毎年1月に団体参拝に行っているのですが、今年はコロナ禍により中止に。 そんな中、別宮もめぐりながら外宮と内宮へお詣りです。 外宮から内宮という順序でお詣りするのが正式なのですが、それより先に別宮(瀧原宮…

【三重】「瀧原宮」のパワースポット ”ねじれ杉”へ再び!

2021年3月の旅行記です。 三重県を訪ね伊勢神宮を巡りました。最初に訪ねたお宮は伊勢神宮の別宮(遙宮-とおのみや-)である瀧原宮(たきはらのみや)。二度目の参拝になります。 www.momoyorozu.net 内宮や外宮ももちろん神聖なのパワーが感じられる素晴ら…

【三重】志摩にある伊勢神宮の別宮「伊雑宮」へ

2020年3月中旬に伊勢神宮の別宮のひとつ 志摩市にある伊雑宮を訪ねました。 2017年に別宮巡りをしましたが、時間が足りずに持ち越しとなり、3年半越しとなりましたが伊勢神宮内宮、外宮とあわせ参拝してまいりました。 2017年の別宮めぐりに関してはこちらの…

【滋賀】大津京跡地に造られた「近江神宮」

2020年9月に訪ねた滋賀県大津市の近江神宮。 大河ドラマ「麒麟がくる」関連の史跡が多い坂本からもほど近い場所にあります。 www.momoyorozu.net www.momoyorozu.net 近江神宮の概要 ご祭神は第38代 天智天皇(天命開別大神 -あめみことひらかすわけのおおか…

【麒麟紀行】ここにも麒麟がいた!「滋賀院門跡」と「慈眼堂」

2020年3月に訪ねた滋賀県大津市坂本周辺はみどころたっぷりです。 www.momoyorozu.net www.momoyorozu.net 明智家の菩提寺である西教寺を訪ねた際、「光秀大博覧会」のイベント関連の窓口の方が紹介してくださった史跡が滋賀院門跡でした。 西教寺内では大河…

【麒麟紀行】明智家の菩提寺「西教寺」へ

例年なら大河ドラマも最終回を迎えたはずの年末。しかし2020年はコロナ禍での撮影中断などがあり、クライマックスは年越しとなりました。 戦国ものなので当然結末がおわかりの上で、どのようにその最期が描かれるか楽しみに見ていらっしゃるかと思います。そ…

【滋賀】日光東照宮のひな型!?「日吉東照宮」

この記事は、2015年6月に訪ねた様子を加筆修正した記事です。 日吉大社に続いて、隣接する境内にある日吉東照宮を訪ねました。 www.momoyorozu.net 東照宮といえば、東照大権現(徳川家康)を神として祀る神社です。 全国各地に東照宮はありますが、いくつあ…

【滋賀】山王鳥居を構える総本宮「日吉大社」へ

この記事は、2015年6月に訪ねた様子を加筆修正したものです。 日吉大社は滋賀県大津市坂本にある神社で、全国に3800社ほどある日吉、日枝、山王神社の総本宮です。 日吉大社の場所 日吉大社について 日吉大社の境内 山王鳥居 大宮橋(重要文化財) 走井橋(…

【今しか見られない!60年ぶりの大改修】比叡山延暦寺の根本中堂

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」でも取り上げられた比叡山延暦寺。 1571年に織田信長の焼き討ちにより多くの堂宇が焼失しました。信長の狂暴性ばかりが伝えられますが、ドラマでは当時の座主であった覚恕(かくじょ)の欲にまみれた姿が生々しく演じられて…

【滋賀】甲賀武士の崇敬を集めた「油日神社」

油日(あぶらひ)神社。この神社を知ったのは2020年3月に放映された「ブラタモリ」です。 番組オープニングから登場した雰囲気ある社殿。そして珍しい名前に興味を持ち、機会があればと思っていたところ、それから数週間後に京都・滋賀への旅の帰り道に立ち…

【京都】電波電気の神様を祀る「電電宮」のある法輪寺へ

京都嵐山の渡月橋からほど近い法輪寺(ほうりんじ)に行ってきました。 ここには、電気・電波の神様をお祀りするお社があるというのを聞いたことがあり、仕事柄ちょっとこれはお詣りしておいたほうがいいな、と常々思っていました。 嵐山付近だけをブラブラ…

【京都】しば漬け発祥の尼寺 大原「寂光院」

2020年3月中旬に京都の大原を訪ねました。 www.momoyorozu.net 市街地から車で40分ほどなのにまるでタイムスリップしたかのような風景が広がる大原の里。 三千院に続いて、寂光院に向かいました。 お天気と時間に余裕があれば歩きたかったのですが、雨は降り…

【京都】春まだ浅い3月中旬の「大原三千院」

2020年3月上旬に京都を訪ねました。 新型コロナ感染拡大徐々に広がり、学校が一斉休校になっていた頃です。 私は姪と行く予定だった海外旅行を泣く泣くキャンセルし、ぽっかりと空いた数日をどうするか思案。 www.momoyorozu.net 自粛モードから2週間経過し…

【麒麟紀行11】岐阜城下にある常在寺と岐阜大仏

岐阜市の大河ドラマ館や岐阜城を訪れたらぜひ立ち寄りたいお寺をご紹介します。 www.momoyorozu.net 岐阜城のある金華山の麓(西側)には、昔の風情が残る一角があります。 材木、大工、茶屋、魚、米といった町名が残り当時の区割りなども想像できそうですが…

【麒麟紀行4】(愛知県岡崎市)徳川家康の等身大位牌を祀る大樹寺

大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんだ史跡を巡る 麒麟紀行 つづきです。 www.momoyorozu.net 正確には、今回記事にするスポットは「麒麟がくる」のストーリーには登場していません。 ドラマでは、桶狭間の戦いで今川軍が敗退。(今川軍の)元康は織田信長のは…

【岐阜県最古の寺院】”美濃清水”日龍峯寺(高澤観音)

岐阜県関市にある道の駅 平成(へなり)を出てしばらく走っていたら看板を見つけたので気になって寄り道。 www.momoyorozu.net 岐阜県最古のお寺ということにあわせ、看板には2018年末から2019年始のNHK「行く年来る年」で本堂、鐘楼などから中継が行われた…

【漆塗の社殿修復中】”東海の日光” 静岡浅間神社

2020年2月に4年ぶり静岡浅間神社に参拝しました。 今回は、1キロほど北に位置する臨済寺とあわせ、静岡のボランティアガイドさんの案内によりじっくり巡ることができました。 www.momoyorozu.net 三社の総称が『静岡浅間神社』 静岡浅間(せんげん)神社とい…

御朱印帳コレクション~寺院編~

御朱印帳コレクション 神社編に続いて寺院編です。 神社から半年遅れての御朱印スタートでした。あれもこれも手を出すと収拾がつかなくなると思い、寺院はもう少したってからのつもりでしたが、はじめてみると勢いが止まらないといいますか・・・ 寺院の御朱印…

御朱印帳コレクション~神社編~

御朱印帳を持つようになって早何年だろう・・・と振り返ってみました。 すでに10年以上経っていると思っていたのですが、まだ8年半でした。 以前、別ブログでご披露したこともあるのですが、あれから御朱印帳も増えたので自分自身の整理の意味も含めてご紹介…

【御朱印と御守】眼病平癒で知られる 遠州三山 油山寺

先日、可睡斎へおひなさまを見にいった際に、足を延ばしてみました。 www.momoyorozu.net 可睡斎からほど近い袋井市内にあることは知っていたのですが、初めての参拝です。冬ということで訪れる人は少ない時期でしたが、歴史の古い寺院らしい風格がいたると…

【32段1200体のお雛さまがずらり】遠州三山 可睡斎のひなまつり

これは一見の価値あり! 可睡斎(かすいさい)のひなまつりの様子をご紹介します。 5年ぶりに訪れましたが、館内の展示もパワーアップしていました。 可睡斎の歴史など 静岡県袋井市にある曹洞宗の寺院。1401年に創立されました。 ご本尊は聖観世音菩薩。ま…

【限定御朱印】名古屋総鎮守 若宮八幡社 初えびすの御朱印

マカオの旅行記が一段落しましたので、久しぶりに神社仏閣のご紹介です。 今年のお正月は名古屋に行ってきました。 日帰りでも余裕圏内なのですが、お買い物と町歩きを兼ねての宿泊。普段は歩かないようなところを1日15000歩ペースでぶらぶらと歩きまわりま…

【近くて遠い伊豆の旅5】伊豆半島最南端 石廊崎灯台と石室神社

2019年9月の伊豆の旅 つづきです。 www.momoyorozu.net ジオパークガイドさんとガイド付き限定コースを歩いた後は、一般のルートに合流して石廊崎の先端へ向かいます。 石室神社 鳥居 石廊埼灯台 石室神社 社殿 石室神社の概要 石廊崎権現の帆柱 石室神社の…

【近くて遠い伊豆の旅2】ペリー来航の了仙寺と黒船ミュージアム

2019年9月の伊豆の旅 つづきです。 www.momoyorozu.net 下田には歴史に残るような有名な武将などはいませんが、200年以上鎖国をしていた日本が幕末になって最初に開港した港町です。(鎖国の間も貿易を行っていた長崎や琉球を除く) 市内には開港にまつわる…