おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【懐かしのアイドルの聖地】旧名鉄美濃町線 美濃駅舎

スポンサーリンク

2019年10月の岐阜県美濃地方への旅の記録です。 

www.momoyorozu.net

 

たまたま車で通過した時に気になったスポット。

道路からよく見える位置にレトロな路面電車が並んでいたので、展示施設になっているんだろうと予備知識なしで立ち寄ってみたら、そこは懐かしい元アイドル?の聖地となっていたのでした。

旧名鉄美濃町線 美濃駅舎

f:id:momoyorozu:20200504164527j:plain

かつて名古屋鉄道の美濃町線(みのまちせん)の終着駅 美濃駅として利用されていた駅舎。岐阜市内から終着のこの駅までの路線は1999(平成11)年に約90年の歴史に幕を閉じました。

駅舎内

時刻表は営業を終了した当時のまま。

f:id:momoyorozu:20200504170722j:plain

 

駅舎は地元の方が維持管理されているのでしょうか?

手作り感あふれる展示になっています。見学は無料です。

f:id:momoyorozu:20200504170601j:plain

ふと、窓口に貼られているアイドル風のポスター(「明星」や「平凡」の付録についていそうなやつ)が目に留まりました。

※「明星」「平凡」ってとっくに廃刊になっているかと思ったら、「明星」はなんと現役続行中のようです・・・正直そっちのほうがビックリだわ。

 

誰?誰?

西城秀樹さん?かと思って近づいたら、そっちじゃなくて「新御三家」のひとり 野口五郎さんでした。

f:id:momoyorozu:20200504170952j:plain

新御三家の郷ひろみさんや西城秀樹さんに比べると、爆発的なヒット曲はないので地味な印象ではありますが、バラエティ番組に出演されてダジャレを言っていたかと思えば、ギターがうまかったり・・・と私にとっては多彩なタレントさんという印象です。

そして、野口五郎という芸名は、岐阜県にある山の名前(野口五郎岳)からとったというのはなぜか鮮明に記憶に残っているのです。(この地出身ということは今回知りました)

ちなみに私は「たのきんトリオ」とか「シブがき隊」の世代ですが、何か?

 

美濃市出身の野口五郎さんの”聖地” の理由

野口五郎さんは岐阜県美濃市の出身。

「私鉄沿線」という曲を1975(昭和50)年にリリースしています。作曲は、実兄の佐藤寛さんという方です。

名鉄は私鉄であり、野口さんが上京する際にこの駅から旅だったということもあり、ファンにとっての聖地のひとつになってしまったという経緯のようです。

ホントのところは、作詞家の方の実体験からの歌詞なので岐阜ではないのですが・・・

 

つい最近には、デビュー50周年を記念して歌碑の除幕式があったそうです。

f:id:momoyorozu:20200504172128j:plain

この記事の写真だけ撮って、実物を見てくるのを忘れました(>_<)

窓口のところにはファンの聖地お約束のノートもありましたし、絵画やポスターなど比較的新しいものが並んでいました。年代的には多分アラカン(還暦前後)世代と思われる熱心なファンの方々が訪れるているんですね~

 

レトロな電車が並ぶ屋外展示

まさかの野口五郎さんとの”出会い”でしたが、屋外は鉄道オタクさんたちが喜びそうなレトロな電車が展示されるエリアです。

f:id:momoyorozu:20200504173144j:plain

こちらのエリアも無料。ご自由にどうぞ・・・な感じです。

f:id:momoyorozu:20200504173229j:plain

扉が開いていませんでしたのでムリやり開けるのもどうかと思い遠慮しました。車両内にももしかして入ってよかったのかな? 

まあ特にマニアでもないのでそんなにこだわりません(笑)

f:id:momoyorozu:20200504173249j:plain

それよりこの終着駅の車止めがなんと哀愁漂ってません?

 

路面電車は私にとって”非日常”なので、いまでも路面電車のある町に行くと、旅情に駆られてついつい乗りたくなってしまいます。(←結局好きじゃん)

ただ、車を運転中に路面電車に遭遇するとマジ恐怖です。右折する時煽られそうになったのがトラウマです(泣)

 

見て回るには、鉄道マニアでなければ!?所要は15分もあれば十分です。
 

ところでこの駅舎、冒頭の写真を見ると田舎町にポツンと建っていそうな雰囲気がしないでもないですが、すぐ横には幹線道路が通っていて交通量も多かったりします。

f:id:momoyorozu:20200504173945j:plain

 

交通アクセスとナビ検索の注意点

駐車場は駅舎向かって右側の赤い建物(トイレ)横に2~3台分あります。

f:id:momoyorozu:20200504175120j:plain

 

近くには長良川鉄道が通っていて、「美濃駅」という駅があります。

こちらは「美濃駅」ですが現役の駅ではないので、「旧名鉄美濃駅」で検索してみてください。 

 
この後は刃物の町である関市のミュージアム見学に向かいました。