おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【カナダ春の周遊旅12】ちっちゃなラスベガス? ナイアガラのクリフトンヒル散策

スポンサーリンク

2016年5月のカナダ春の周遊旅 つづきです。 


滝の偉大さはよ~くわかったので、ランチの後は、クリフトン・ヒル(Clifton Hill)へショッピングを兼ねた散策へ。

クリフトン・ヒルはナイアガラの繁華街。カジノやゲームセンター、お化け屋敷といったアミューズメント施設が建ち並んでいます。

まるでテーマパークに迷い込んだような面白い建物があり、歩くだけでも楽しい街です。

 

面白フォトスポットが満載のメインストリート

ビアショップ

f:id:momoyorozu:20190311232745j:plain

地ビールっぽいです。飲みたかったけど真昼間からはさすがの私もちょっと・・・

 

ハンバーガーショップ

f:id:momoyorozu:20190311232944j:plain

フランケンシュタインがひょっこり顔を出しています。隣はお化け屋敷。

 

クリフトン・ヒル随一のヘンなビル

f:id:momoyorozu:20190311233202j:plain

倒れたビルにゴリラ(オラウータン?) 平衡感覚がおかしくなりそうです。

内部は改装中でいったい何のお店やら・・・

 

蝋人形館

f:id:momoyorozu:20190311233522j:plain

ライブハウスかと思って写真を撮りましたが、よく見たら「WAX Museum」

日本でも時々見かける蝋人形館ですね。

 

おっと、バンジョーが登場しましたが、いったいどんなお店? 入口で人形が歌ってますが、入ってみてのお楽しみ~といったところですね。

f:id:momoyorozu:20190311233634j:plain


ここはユニバーサルスタジオ?と思うようなスポットも。

f:id:momoyorozu:20190311233842j:plain

 

ストリート自体はそんなに広くないのですが、とにかく派手でガチガチャしています

建物を見るだけなら無料で楽しめますが、お化け屋敷など個別のアトラクションは入館料が必要です。

カジノもあります

f:id:momoyorozu:20190311234056j:plain

まるで”ちっちゃなラスベガス”

夜はネオンが灯って雰囲気が変わります。5月ともなると、夜8時過ぎくらいまで明るいため歩きやすい街です。

f:id:momoyorozu:20190311234246j:plain

 

こちらはホンモノの”でっかいラスベガス” でした~(笑)

f:id:momoyorozu:20190311234150j:plain

 

 

フォトジェニックスポットで、食べ歩きやショッピングも

アトラクションに入るのはチャレンジャーすぎるのでやめて、匂いにつられてチョコレートショップへ入ってみました。

f:id:momoyorozu:20190311234641j:plain

アメリカやカナダってこんなのばっかりですね。見た目はかわいいけど、さすがの私もこれは甘ったるそうでやめましたけど・・・

そして、「これでもか」といわんばかりのチョコレート攻撃!

f:id:momoyorozu:20190311234907j:plain

ラスベガスにもM&M'sのこんなのがあった気がする・・・

クリフトン・ヒルからは少し離れてますが、ホテルの隣にあったHERSHEY'Sのショップ

f:id:momoyorozu:20190311235214j:plain

f:id:momoyorozu:20190311235138j:plain

チョコレート好きの私も見ているだけでごちそうさまになりました(笑)

とはいいつつ、おみやげには最適なのでいろいろと買い込んできました。5月ならチョコレートも溶ける心配がありませんので・・・

 

カナダで人気の ドーナツショップTim&Hortons

歩き疲れたのでコーヒーブレイク

f:id:momoyorozu:20190311235502j:plain

カナダローカルのショップですが、クリスピークリームーナツみたいな感じです。

カナダ国内に3000店、アメリカにも600店ほどあるそうです。

 

コーヒーはすんなり出てきましたが、ショーウインドウの中のドーナツを指さしなどで頼んだのに、なぜか違うものが入っていたり、店員さんテキトー過ぎっ。

文句言えるほど英語が達者じゃないので諦めました(泣)

f:id:momoyorozu:20190311235917j:plain

 

やっぱり甘さはアメリカンレベル。

ドーナツを食べながらまったりと店内で人間ウォッチング。
カナダは、移民の国なので人種も多様。観光客も多い街なので、本当にいろいろな人がいますよ~ (って、私たちもどこぞのアジア人と見られていたんでしょうけど)