おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【台湾の旅10】九份「山城創作坊」にてまったりティータイム

スポンサーリンク

2018年11月の台湾の旅 つづきです。 

”超”人混みの九份老街(基山街)を歩きながらちょっと後悔したものの、やはりあの夜景を撮れたことは満足です。

夜景を撮るために日暮れを待つ間、事前にリサーチした茶房でしばし休憩しましたので、ご紹介します。

しかし1件目の海悦楼は玉砕。

f:id:momoyorozu:20181224212904j:plain

九份名物の夜景が見られる人気店。早めに行けば大丈夫かと午後4時半ころに行ったのですが、階段の手前で店員のおばちゃんがロープをかけているところでした。もう満席で入れないというようなことを次々にやって来る人にまくしたてています。多分日没後にやってくる予約の団体が多いのかな、という印象。

ちなみにこの看板の横からでも例の夜景を撮ることができます。石段の途中で撮るよりは安全です。

 

それならばと2件目へ。

基山街を登った先の展望所のすぐ近くです。

隠れ家的空間「山城創作坊」

f:id:momoyorozu:20181224213429j:plain

間口が狭く、1階は茶葉を販売する店舗になっていますが、上の階に喫茶スペースがあります。

3階の部屋へ通されましたが、まさかの「貸し切り状態」

f:id:momoyorozu:20181224213757j:plain

※帰りがけに撮影した1枚です

内装や調度品にも雰囲気があって良い感じです。

f:id:momoyorozu:20181224213635j:plain

こちらのオーナーは陶芸家だそうで納得の店内。2階には作品が展示されています。

接客してくれたのはさわやかな青年。片言の日本語も話せます。

オーダーはメニューの中から茶葉を選びます。メニューに掲載されているのは茶葉代。これにひとり100元の水(お湯)代が加算されます。

風情あるポットですが電気で沸かしています。

f:id:momoyorozu:20181224214743j:plain

台湾は来るたびに呈茶を受けていますが、自分でやれと言われてもねぇ…

と心配していたら店員さんがやってくれました。

f:id:momoyorozu:20181224214958j:plain

お茶処出身の私、茶葉は贅沢したいタイプなので奮発しました!

ちなみに一度入れた茶葉は10回ほど煎じることができるとのこと。日本茶よりコスパ良いかも~

f:id:momoyorozu:20181224215023j:plain

10分ほど説明をしていただき、雑談もしつつ(言葉が通じないときはスマホで通訳してくれました)お茶をいただき、その後は放置(爆)

 

羽田を深夜に出発して12時間以上、デジカメやiPadも充電がそろそろヤバイ時間ですが、私本人が完全に電池切れ・・・(爆) 機器と人間の充電タイムです。

日中は25℃くらいはあったので汗だくで観光しましたが、開け放たれた窓からいい風が入ってきます。眼下の景色を眺め、1時間もまったりしちゃいました~

あの人混みはなんだったのかと思えるくらいの静寂な空間

 

ただ、茶菓子があったようですがオーダーしなかったのが心残りでした。

 

正直お値段はちょっと高めです。私はちょっといいお茶を頼んだ上に一人だったので割高になってしまいました(日本円で2000円くらい)。ただ、提供された茶葉は30~40グラムほどあり残ったりの茶葉はお持ち帰りできます。

f:id:momoyorozu:20181225235457j:plain

 日本に帰ってきて改めて飲んでみたら上質なお味でした。

この茶葉と場所代も含めたらオトクかも。食べ歩きに疲れてとにかくゆっくりしたいという方には超オススメです。

 

なお、このようなオプショナルツアーもあります。

検討しましたが、私は当日の予定がどうなるか(なんといってもおひとりさまなので気が進むまま・・・)わからないので利用しませんでしたが、これもありだったかな、と。

 

お店を出る時(午後5時半頃)には、海方向の素晴らしい夕景も見られました。

f:id:momoyorozu:20181226000521j:plain

九份は山の中というイメージですが、海もこんなに近いんです。(写真は基隆港方面)

 

台北に戻った後は寧夏夜市へ向かいます。 

www.momoyorozu.net