おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【マカオの旅1】ANA”香港行き”特典航空券でマカオへひとり旅

スポンサーリンク

2019年11月に今年2度目のマイルを使った特典航空券の旅に行ってきました。

一度目は6000マイルで往復航空券がゲットできるJALの「どこかにマイル」を使用して6月に行った福岡でした。 

www.momoyorozu.net

 

メインでマイルを貯めているのはANAですが、無印&極貧陸マイラー(たまにツアーで海外利用&ANAカードでショッピング)です。近場のアジアくらいしか行かれません。

昨年、たまったANAマイレージで初めて台湾に飛び出したワタクシ。

台湾大好き♡なので今年もそれで行くつもりだったのですが、人気すぎてとれない(悲) ならば直行便はムリでも昨年のような深夜便で香港経由台湾行きというマニアックルートが出てこないかと頑張ったのですが玉砕です。

www.momoyorozu.net

 

 

4月にとれた特典航空券は香港行き

ANAは355日前から特典航空券の予約が開始なのに、7か月くらい前になってのんびり予約しようと思っているようでは甘いですね。

結局、日数や言葉の壁もあり、2019年4月下旬に比較的すんなりとれたのが香港でした。

特典航空券の内容

【往 路】 羽田---香港 NH821 エコノミークラス

【復 路】 香港---名古屋 NH876 ビジネスクラス

【諸費用】 10300円

f:id:momoyorozu:20191124231447p:plain

↑今年も香港空港に”建設費”(CONSTRUCTION FEE)を貢いでしまいます(苦笑)

さらにちょっぴりマニアックなルート。朝から時間を有効活用できる深夜便で向かい、帰りはビジネスクラスがとりやすいとのウワサの名古屋線で。

本来、香港は治安もよく、ディズニーランドもあったりして日本人にも人気の国(地域)。私もトランジットで2回空港に降り立っていますが、台湾と同様に漢字(繁体字)表記なのでここなら楽しめそうかな、と。

f:id:momoyorozu:20191124234240j:plain

(香港イメージ)

香港国際空港利用3度目にしてはじめて”上陸”の予定でしたが非常事態に・・・

デモ発生の6月から11月 出発までの経緯

【6月】テレビで見る限り平和なデモ行進の様相で、1か月くらいでおさまるだろうと呑気に構えていました。

【8月】日を追うごとにそれは激しくなり、お盆シーズンには空港でデモが起きてしまい空港機能が麻痺する状態に。(その後、空港ターミナルへの出入りが制限され解決)

【9月】新学期早々に中高生までデモに参加。この頃にはさすがに延期か最悪キャンセルするしかないかも、と真剣に考えていました。

が、諸々の事情でキャンセルも延期もできずに腹をくくることにしました。デモの行われていない地域ならばなんとか行かれるかな、と。

【10月】デモはどんどん激しくなり、もう香港の市街地へ入るのはとうていムリ。ここで、香港から日帰りで行く予定をしていたマカオだけに目的地変更。いかに安全にマカオへ入るかを考えました。

【11月】香港空港の万が一を考え、ギリギリまでホテル予約は控えていましたが、10日前に予約。デモは過激になっていき、とうとう死者まで出る騒動になっていました。

キャンセルしなかった事情

9月にANAの窓口に電話で問い合わせみたのですが、とりあえず運航している状況なので特別な対応はないとのこと。外務省からの渡航禁止通達や空港封鎖などの特別な事情がない限りは、自己都合でのキャンセルということになります。

特典航空券は路線の変更も不可。延期はできるものの予約時から1年間となります。私の場合2020年4月までは延期できるのですが、次の旅のスケジュールとの兼ね合いで年内がリミットです。

期限切れのマイルは戻ってこない

特典航空券をキャンセルする場合、払い戻し手数料として3000マイルが没収されてしまいます。特典航空券に必要なマイル数に関わらず一律3000マイルです。

今回往路エコノミー、復路ビジネスで使用したマイルは30000マイルでしたので、1割です。これくらならキャンセルしてもよかったのですが、なんと私は2019年7月に期限切れとなるマイルが10000マイル以上含まれていました。

潤沢なマイル所有者なら10000マイルくらいどうってことないかもしれませんが、極貧マイラーにとっては10000マイルはキツい。最初からわかっていれば国内線でどこか一往復しておくか、おいしいワインでももらっておけばよかった・・・とは後の祭りです。

そしていちばんは、やっと確保した人生初のビジネスクラスをムダにしたくないという貧乏根性丸出しの理由です(泣)

 

ポジティブにマカオ行きを計画

マカオは香港と同様の一国二制度の特別区ではありますが、香港デモの余波は及んでいないようです。(その違いは歴史的背景にあることを現地で教えていただきました)

私はラスベガスに2回行ったことがありますが(主な目的はグランドキャニオン)、カジノのある町はセキュリティが充実しているのでかえって安全(危険なら大金を持ったお客が寄り付きませんから)というイメージがあります。

ちなみに私は宝くじも買えない性分なので、ギャンブルする気はゼロです。

マカオならでは旅の目標を決めてみました。

・町の中に30か所ある世界遺産を制覇する

・世界最長の橋(港珠澳大橋)を渡る

・アミューズメント性のある豪華ホテルを探検する

・下町的な食堂から豪華ホテルのレストランでグルメを堪能する

・有名どころのエッグタルトを食べ歩く

建造物&世界遺産好き💛な私にとっては、マカオだけでも十分楽しめそうな気がしてきました。物事は考えようですね。

というわけで香港経由マカオ行きというスケジュールで旅のスタートです。

 

ざっくり旅のスケジュール

 

1日目

香港空港着---(港珠澳大橋経由)---マカオ 世界遺産めぐり+マカオタワー(半日の現地ツアー)---世界遺産巡りのつづき(媽閣廟など)---リスボア泊

2日目

世界遺産(ギア要塞)---コタイのホテル巡り(ウィンパレス、ベネチアン、MGMなど)---リスボア泊

3日目

ホテル周辺散策---(港珠澳大橋経由)---香港空港発

 

 

実際に行ってみて、お天気にも恵まれ世界遺産の観光などばっちり楽しむこともできました。

f:id:momoyorozu:20191124235404j:plain

f:id:momoyorozu:20191124235441j:plain

また、旅の大きな楽しみである飛行機は、予想通り空いていていい思いをしてしまいました。まあ無事に帰ってこられたのでこんなことが言えますが・・・

そして、予想以上にマカオは安全で町もきれいで、行って良かったです。

 

更新ペースが遅いブログですが、ゆっくり旅行記をつづっていきたいと思いますので、気が向いたらたまにこのブログをのぞいていただけたらうれしいです。