おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【GoToトラベル旅行記】空旅で愛媛へ行ってみた~予約から出発まで~

スポンサーリンク

10月から全国挙げての大々的キャンペーンとなったGoToトラベル

第1弾として9月末に京都に行きましたが、自家用車での旅だったのでGoToトラベルの恩恵はわずか数千円でした。 

www.momoyorozu.net

 

旅としてやっぱり非日常感を味わうには飛行機旅がしたい!

私は県内の空港がショボイ(あること自体不思議)こともあり、空港そのものが非日常空間。さらに飛行機に乗れば一気に現実逃避~(笑)

そんな中、ご贔屓のANAで空旅に行ってまいりました。

今年いっぱいは飛行機はムリかなと思っていたのですが、GoToに後押しされてのひとり旅です。

 

この記事をご覧になっている方はきっと旅好きの方のはず。

行先を決めたきっかけや利用した予約サイト、予約までの道のりなど、これからGoToトラベルを利用される方のご参考になればと思いまとめてみます。

 

 

どこから飛ぶ?やっぱり羽田発はまだ怖い

静岡県住みなので富士山静岡空港もありますが・・・便がない。

羽田発なら選択肢は多いのですがそもそも東京に行くのが怖い。

(首都圏の方に恨みがあるわけではありませんが)毎日数百人の感染者が出ている首都圏にはまだまだ踏み込めないというのが地方に住む人間の正直な気持ちなのです。

東京に行くには新幹線を利用しなければいけないのもひっかかるし・・・(JR東海にもやもやする静岡県民)

ということで必然的にセントレア(中部空港)発という選択肢になりました。

 

マイルを使う? 使わない?

私は基本的には青(ANA)チームのマイラーですが、最近はコツコツとJALのマイルもためています。どちらも国内特典航空券と交換するだけのマイルはあったのですが、航空会社の大変な状況は日々のニュースで毎日のように報道されています。

少しでも航空会社の支援になればと思い、航空券とホテル、レンタカーがセットになったANAのダイナミックパッケージを利用する自腹の旅にすることにしました。

 

行先は四国 愛媛(松山)に決定!

そんな中で選んだのが愛媛県松山市です。

四国は10年ほど前に行きましたが、岡山まで新幹線で行き鉄道で瀬戸大橋を越え、琴平駅(こんぴらさん)からレンタカーを借り2泊3日で四国4県を一周するというなんともハードなルートでした。

各県をゆっくり巡りたいと常々思っていましたが、中部からANAが就航しているのは四国の中では松山だけ。

他社とのコードシェア便を選択すればANA以外にも搭乗も経験できるという楽しみもあります。

 

そして、なんちゃって歴女の私にとっては現存天守や100名城も多い愛媛は観光スポットに事欠きません。さらに風光明媚なしまなみ海道には、これもまた私の大好物である巨大建造物の橋があります。

f:id:momoyorozu:20201029145726j:plain

そして、もうひとつ決定的なポイント。

全国(特に首都圏)から人がどっと押し寄せるような場所ではないことが選択理由です。

 

GoToトラベルをオンラインで予約

ANA便を利用するパッケージならANAのサイト(ANAトラベラーズダイナミックパッケージ)からの予約が一番楽です(他を知らないのですが・・・)

GoToトラベルを後押しするようなつくりになっていて、割引額もすぐに出るので予約しやすいと思います。

www.ana.co.jp

 

実際に予約してみた内容はこちら(日曜日出発の利用)

------------------------------------------------------------

・ANA(中部-松山)往復航空運賃

・ANAクラウンプラザホテル松山 2泊(食事なし)

・レンタカー(2日間)

------------------------------------------------------------

合計・・・・53600円

割引後・・・35600円

地域共通クーポン ・・・8000円(電子クーポン)

 

正規割引運賃(スーパーバリュー)と比較しても、ほぼ航空運賃だけで2泊の旅行ができてしまうというお得さです。

 

私はクレジットカード払い(全額自腹)にしましたが、海外特典航空券用にとたくさんマイルをためていた方ならマイルをスカイコインに変えて支払うのもありだと思います。(会員ステータスやANAカードの種類によって変換率が上乗せされます)

 

予約から出発までに”困った”2連発 

【困ったその1】
電話もつながらない、メールの返信もないANAセールス(怒)

ダイナミックパッケージの販売は、ANAセールスという会社が行っています。

扱いはじゃらんやYahooトラベルと同じような店舗のないオンラインサイトです。

基本、ネット上で完結するのがのぞましいのですが、どうしてもうまくいかないこと、直接電話問い合わせしたいことも生じると思います。

私自身めったに問い合わせなんてすることはないのですが、今回はレンタカーの予約時間を失敗してしまいました。初日の航空便での到着時間がデフォルトだったため、2日目の早い時間から借りるつもりが、デフォルトのお昼近い時間で予約されてしまったのです。

Webからの変更はできないようで電話をかけたのですが、30分以上待っても通じません。出発1週間ほど前から3回ほどトライしましたが平日の仕事の合間では限界。

メール問い合わせフォームを見つけて送るも出発まで音沙汰なしです。

直接レンタカーの地域統括窓口と営業所にも連絡したのですが、ANAのシステムからの予約なので(システム上)変更することができないと言われ途方にくれました。

結局、当日朝にレンタカー営業所と連絡をとり、スタッフの機転で予約時間を1時間以上繰り上げて借りることができ事なきを得たのですが。

なんと・・・旅から帰ってきた翌日にメールが届きました。はぁ?今? その上、「◎日◎◎時に借りたことを確認しました・・・」と。そんなことに時間費やしてくれなくてもいいし。 丁寧なことばでのおわびメールでしたが、仕事遅すぎ。

GoToの混乱なのかわかりませんが、どうやらTwitterのつぶやきを見ると同じように連絡がとれなくて困っている方がけっこういらっしゃいました。

ANAに限らず今はオンラインサイトがすべてこんな感じなのでしょうか?

ANAでは出向や配置転換、機材を手放すなど毎日厳しいニュースが報道されていますが、せめてこのGoToにあわせて待機人員をここに置くことはできなかったのでしょうか? まったく畑違いなところに派遣するくらいならトラベル事業で活かせばいいのに。

ANAの支援になればと仏心を出して自腹を切った私がバカでした。こんなことならマイルで特典航空券、ホテルをじゃらんで予約して、レンタカーは割引なしでも直接借りた方が気持ちよく出発できたかも、と後悔しました。

 

【困ったその2】
地元からの空港アクセスバスがない!

最近はひとり旅が多いので、セントレアまでは地元から出ている空港行きのバスを利用することがほとんどでした。行きはまだしも、疲れ切った帰りは乗った瞬間に爆睡できるのはありがたいのです。

ところが!!このコロナ禍で利用者が激減したバスは運休中。GoToトラベルにあわせて10月から 便数減でも復活することを期待したのですが全くダメです。

地元では、空港バスでは儲かっているとウワサされていたのですが、採算がとれないとなるとそう簡単には復活させないというわけです。守りが堅いというのか単なる殿様商売なのか・・・

しかたがないのでマイカーで空港に行くしかありません。片道2時間ちょっと。

行きは前泊したので余裕がありましたが、さすがに帰りの運転辛かった~。自宅に到着した時は日付が変わっていました。 

 

旅のスケジュール

1日目

中部国際空港→松山空港

松山城→湯築城→道後温泉駅周辺→ANAクラウンプラザホテル 泊

2日目

松山→宇和島城→大洲城・臥龍山荘→道後温泉→ANAクラウンプラザホテル 泊

3日目

松山→今治城→糸山公園(来島海峡展望館)・・・来島海峡大橋・・・(大島)村上海賊ミュージアム→松山空港→中部国際空港

 

気が付けば100名城めぐりの旅になってしまいました。ルート的には完全なる”オッサン旅”(オッサンのみなさまへのリスペクト的表現ですので誤解なきよう)

 

行きたい寺社もいくつかあったのですが、無理に時間をやりくりすることをあきらめて気に入った箇所を時間をかけて堪能しました。

そして気が付くと女子っぽいグルメがほとんどないのですよ~ まあ女子っていえるほど若くもないんで(泣)

 

結果”晴れ女パワー”炸裂の旅になりました

とはいえ、旅全般の感想としてはお天気に恵まれすぎて結果オーライでした!

冒頭の写真はしまなみ海道の入口・来島海峡大橋の写真です。

下の写真は行きの機内から撮影したしまなみ海道

f:id:momoyorozu:20201029234807j:plain

 

大洲城

f:id:momoyorozu:20201029235305j:plain

 

最終日はサンセットまで堪能してきました

f:id:momoyorozu:20201029235909j:plain

愛媛の方たちはみんな暖かくて、特にお城のガイドさんたちからたっぷりレクチャーいただき楽しい旅になりました。 

 

まだだらだらと続いている京都編とあわせ、気まぐれに記事をアップしていきたいと思っておりますので気長におつきあいいただければうれしいです。