おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【ペルー周遊ツアー20】帰路のエクスペディション号とアンデスの生活風景見学

<2017.10に参加したペルーツアーの旅行記です>

 

マチュピチュ駅から列車でオリャンタイタンボへ戻ります。 momoyorozu.hatenablog.jp 

ペルーレイルのエクスペディション号に乗って

往路はビスタドーム号でしたが、復路はエクスペディション号。

列車に乗る前に、再びパスポートとチケットのチェックがあります。飛行機並みですね。f:id:momoyorozu:20180504021722j:plain女性の改札員さん、マツコデラックスさんみたいな雰囲気(笑) 

私たちが乗った列車はいずれも外国人専用らしいです。なのでパスポート提示が必要なんですね。ちなみにお値段も地元の人たちとは区別された”観光客仕様”だそうです。 

 

この日も朝から陽射しがたっぷり照りつける好天でした。 天窓には要注意!f:id:momoyorozu:20180504022333j:plain帰りは(往路と交代で)景色の乏しい崖側の席になるはずでしたが、空席があったので、川の見える景色の良いサイドに移動できました。ラッキー(^_^)

f:id:momoyorozu:20180504022432j:plainのどかな景色に癒されていると、「燃えてるよ〜」という誰かの声

窓を見ると・・・本当に燃えてる!!f:id:momoyorozu:20180504022615j:plain春の風物詩?ともいえる「山焼き」の風景に遭遇しました。山火事じゃなくてホッ。 

 

エクスペディション号の車内スナックサービス

f:id:momoyorozu:20180504022728j:plainホットコーヒーをオーダーしましたが、アイスとホットの中間的なビミョーな温度。マンゴージュースも生ぬるかったし・・・

青い袋の「INKA CORN」は、リマのスーパーでも買ってきましたが、これおみやげにオススメです。

その後、アルパカ製品などを乗せた車内販売のワゴンがやってきました。おみやげを買う人もちらほらいましたが、私は見てるだけ~

 

オリャンタイタンボ駅

f:id:momoyorozu:20180504024030j:plain

売り子さんたちが、「これでもか!」というくらい民芸品などを抱えています。 

f:id:momoyorozu:20180504024121j:plain

正面のおじさんに気をとられていると、足元には”無防備な犬”  生きてます(笑)

f:id:momoyorozu:20180504024249j:plain

このタクシーは、窮屈そうだけど一度乗ってみたいかも〜 

f:id:momoyorozu:20180504024347j:plain

 

再びアンデス高地越え

ここからは再びバスに乗りクスコを目指します 

f:id:momoyorozu:20180504024422j:plain

 

アンデスの民家風おみやげ店で生活風景のレクチャータイム

トイレ休憩を兼ねて民族の生活の様子を見学します。

f:id:momoyorozu:20180504024539j:plain

看板の横にある赤い布が巻かれた棒は、「新酒あります」のサインだそうです。日本の酒屋さん「杉玉」と同じですね。

赤壁のかわいらしい建物に入ります。

f:id:momoyorozu:20180504025513j:plain

ペルーの伝統的なお酒 チチャ

f:id:momoyorozu:20180504025643j:plain

とうもろこしを醗酵して作られるお酒。

聞いたら飲みたくなるよね〜 ということで試飲もありました。

f:id:momoyorozu:20180504025721j:plain

黄色のほうがそのまま、右は飲みやすくイチゴ(?)味にしたものです。
若干酸味があり、アルコール度数はワインより低い(軽い)感じです。

アンデスの高地で栽培される作物

f:id:momoyorozu:20180504025900j:plain

高地といえども、とうもろこしも種類豊富ですし、緑黄色野菜も充実しています。おかげでペルー旅行では食を楽しむことができました。

クイ(食用ねずみ) 

f:id:momoyorozu:20180504030050j:plain

食べる機会はありませんでしたが、これ見たらムリだ~

 

外にはトマトが実っていました。

f:id:momoyorozu:20180504030219j:plain

トマトはこのアンデス高地が原産だそうで、もしかして元祖・トマトなんでしょうか?

 

まるでぬいぐるみのようなアルパカ

f:id:momoyorozu:20180504030703j:plain

 

ペルーらしいカラフルな織物

f:id:momoyorozu:20180504030822j:plain

織物(タペストリーやショール)は購入できます。お手頃価格だったので買ってしまいました~

ツアー仲間の方たちは、こちらのパワーストーンに夢中でしたよ。 

f:id:momoyorozu:20180504031006j:plain

私は小さい石より、遺跡で見たあの巨石にパワー感じちゃったんで・・・(さすがにあれは持って帰れませんが写真に収めて良し、です)

 

ビュッフェランチのレストラン

f:id:momoyorozu:20180504031451j:plain

ここも外国人観光客専用という感じのレストランでした。

メイン料理も美味しかったのですが、デザートも充実。

f:id:momoyorozu:20180504031548j:plain

さきほど見たアンデスのトマトを使ったコンポートもありました。


民族音楽(フォルクローレ)のライブもありました。 

f:id:momoyorozu:20180504031657j:plain

ここにも庭園があり、春の花々が咲いていてとってもステキでした。  

f:id:momoyorozu:20180504031745j:plain

f:id:momoyorozu:20180504031807j:plain

 

これから再び標高が上がるので、さすがの私もこのあたりから食事&会話は控えめにしていましたよ。

バスは、クスコに向かって進みます。 

 

www.momoyorozu.net