おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【台湾の旅・番外編】2008年 台鉄誤乗車の思い出

2018年11月 台湾旅行記途中ですが、これを語らずして今回の九份&金瓜石行きは語れませんので、ちょっと脱線します。

興味のある方はぜひご一読を。でも決してマネしないでください(苦笑)

 

 

今から10年前、2008年のお正月に友人と2度目になる台湾へ行きました。

航空チケットと送迎、ホテルだけのフリーツアーを利用しました。ホテルに送ってもらったら、あとは帰りまでは完全自由行動です。

2泊3日の旅の2日目は、映画「悲城情市」の舞台にもなった人気スポット九份(きゅうふん)に日帰り小旅行を計画。

台北市内からは直行バスや現地ツアーもあるのですが、交通手段はあえて鉄道を選びました。海外の鉄道はノスタルジックな気分満載ですからね。

台北から瑞芳(ルイファン)まで電車で行き、そこからバスに乗り換えです。

台北駅で日本製の最新特急電車に飛び乗る

漢字だけは読み書きできますが(何の自慢にもならない)、中国語はサッパリの私たち。

f:id:momoyorozu:20181207000941j:plain

この板を見ても切符をどうやって買っていいのかわかりません。まだスマホは普及しておらずガラケーだけなので尋ねる以外に手段はありません。

日本語の通じる案内所の方にお手伝いしてもらって切符をゲット。これだけでかなりのムチャぶり(爆)

しっかり目的地までの切符を購入し地下のホームに行くと、そこには日本の新幹線のような特急列車が停車しているではありませんか!!

f:id:momoyorozu:20181207001230j:plain

旅をした直前の2007年に日本の新幹線車両を使って台湾にも新幹線が開通したばかり。台北を起点にして新幹線のルートは西海岸側、九份へのルートは反対の方向になるので、あれ?と思いましたが台鉄の特急列車にも一部使われているようです。

「すご~い」「これに乗れるなんてラッキーだよね~」

そこに一編成しかいない列車を見て、何も考えずにこれが自分たちの乗る列車と確信。選択肢が他にあればもうちょっと注意深く行動したんですけどね・・・(言い訳)

そして、列車は発車しました。目的の駅には、約45分で到着予定です。

 

停車時間のはずが列車が駅に止まらない!?

ほどなく松山に停車し、次が瑞芳です。

f:id:momoyorozu:20181207010623j:plain

日本の新幹線ほど広くありませんが座席もゆったりしていて乗り心地の良い列車です。

 

前の席では何かの番組の撮影かクルーたちが撮影中です。まだ運行して間もない新車両なのかもしれません。「私たち映っちゃうかな~」とアホなテンションで盛り上がる私たち。

f:id:momoyorozu:20181207001507j:plain

よく見れば、電光掲示板に次の停車駅が表示されているのにその時はそんなもの目に入っていません。

 

しかし、ふと次の停車駅までが長いことに気づき地図を開きます。

「あれっ、次の停車駅まではあと10分くらだったのに、長くない?」

心配になり、よーく切符を見ると・・なんと切符に書いてあるのは「莒光号」

f:id:momoyorozu:20181207002156j:plain

※スタンプは宜蘭駅で押してもらったものです

 

確か乗る前に列車の前で撮った写真には「自強号」って書いてあった気がする・・・

そうです。私たちは9:50発の花蓮行きの自強号に乗っていました!

日本でいえば、こだまとひかりに乗り間違えたようなものです。東京駅から小田原に行きたいのに、静岡まで止まらないひかり号に乗ってしまった、的な!?

 

車掌さんが検札にやってきた!

しかし、ここでジタバタしても列車は止まりません。しばらくすると車掌さんがやってきました。日本の新幹線ではほとんどなくなった検札ですが、台湾にもあるんですね~(10年後の今はどうかわかりませんが)

こんなに乗ったら乗り越し料金も高いだろうなぁ、でもわざとじゃないし(ただマヌケなだけ)と一応財布も手元に用意します。

車掌さんは、私達の切符を見るなり「ありゃりゃ~、やっちゃったよ」という顔。

でもこちらは日本語しかしゃべれないし、車掌さんも日本語では対応できないらしく、
切符の裏になにやら書き始めました。

f:id:momoyorozu:20181207003045j:plain

”誤乗2035 至 宜蘭駅 返送 11:00"

「誤乗車したので、宜蘭駅まで行って反対の列車に乗りなさい」ってことらしいです。

いや~、漢字の通じる国でよかったわ~ 達筆すぎてわからないところもありますが「宜蘭」と「返送」でオッケー!

それから間もなく宜蘭駅に到着です。

 

宜蘭駅で1時間、反対列車を待つ

自強号さん さようなら~ 

f:id:momoyorozu:20181207003432j:plain

ホント、前から見ると新幹線だけど、「TRA」が「JRA(競馬)」に見えます(笑)

特急が止まるんだから大きな駅かと思いきや、意外にもローカルな駅でした。
f:id:momoyorozu:20181207003654j:plain

 

次の反対列車まで1時間もあります。駅も列車間隔もローカルです。

こんな切符じゃ改札を出るわけにもいかないし、ホームでおとなしくするしかありません。しかし、ホームには店どころか人がいません。昼も近くなりおなかがすきます。緊張していてもおなかは空くんです。

改札を出た先の待合室に、見慣れたセブンイレブンがあるのが目に留まりました。

そこで勇気を出して、改札に行き切符を見せ、セブンイレブンを指差して「あそこで何か買いたい」と身振り手振りで伝えました。すると駅員さんは切符の裏に書いてある言葉を見て哀れに思ったのか、スタンプを押して改札を出してくれました。

f:id:momoyorozu:20181207004106j:plain

その後、パンを買って食べ、その後ちょっとだけ外へ出て駅舎だけ記念撮影してきました。

f:id:momoyorozu:20181207004243j:plain

後は待合室で列車を待ちます。すると、先ほど改札を出してくれた駅員さんが、こちらへ来なさいと手招きするのです。日本のローカル線のように、列車が到着間近にならないと改札が開かないという駅なので、私たちだけ呼ばれるのは何かわけがある・・・

最初に買った切符は62元。当時のレートで換算すると250円くらいです。いくら台湾の鉄道が安いといっても、あの特急とこの距離で250円はまずいでしょう。

これは追加料金徴収だなと覚悟を決めて改札へ向かいます。いくら払わなければいけないのか、言葉もわからないし、ぼったくられたらどうしよう・・・ドキドキ

しかし、駅員さんはホームまで私たちを案内してくれ、ホームにある時刻案内板を指差し、乗る列車のことを案内し、立ち去っていきました。

f:id:momoyorozu:20181207005924j:plain

親切すぎて涙が出ちゃいそうです。

莒光号に乗って無事瑞芳へ

瑞芳に向かう列車が到着しました。

f:id:momoyorozu:20181207010542j:plain

えっ?これ? 

新幹線のような自強号とは、とうてい同じ国にいるとは思えない差。ベトナムとかで走っていそうな雰囲気です。

車内は、外観ほど差は感じませんが、やっぱり昭和の特急かな?

f:id:momoyorozu:20181207011503j:plain

 

しばらくすると、また車掌さんが検札にやってきました。

とりあえず、乗り越し料金の心配をしてお財布を準備しておきますが、車掌さんは切符を見るなり、また「ありゃ~」という表情で切符を確認するだけでした。

乗り過ごさないようにいつでも下車できる体制でスタンバイ。

すると到着10分ほど前に、さきほどの車掌さんが再びやってきました。
腕時計を見せながら身振り手振りで瑞芳駅に到着する時刻を教えてくれました。さらに到着直前にもう一度やってきてました。またしても親切すぎます。

ていねいにお礼を言い(伝わったと思いますが)、瑞芳駅で無事下車します。

f:id:momoyorozu:20181207014127j:plain

友人が「こんなに親切にしてもらって、この切符は記念に欲しいね」と言いますが、
(遠まわしに私になんとかして、というプレッシャー)私はそんなこと伝えられませんってば。

が、そんな心配をよそに改札の人は切符を見て、「持って行きなさい」とゼスチャーをしてくれたのでありがたく記念にいただいてまいりました。

f:id:momoyorozu:20181207012141j:plain

 

その後、瑞芳駅から無事バスに乗り九份の観光を楽しんで、再びこの駅に戻ってきたわけですが、またここで親切な人に出会います。

 

瑞芳駅でもうひとつの親切と次なる約束を

また切符を買うのに迷っていると、流暢な日本語で「どこまで帰るの?」と初老の男性が声をかけてきました。ボランティアガイドの方でした。

お話をすると、戦前日本語教育を受けたという方です。初めての台湾旅行でもこういう方と出会いましたが、とても親日的で、気さくに話しかけてくれます。

この男性、近くにある金山(金瓜石)を新しい観光地として紹介している方でした。

日本人にも歴史的なつながりがある場所だと説明を受けながらパンフレットをいただき「またいつか来るからね」と伝え、瑞芳駅をあとにしました。

 

この時の台湾の人々の親切な対応と「金瓜石」がずっと頭の中に残りつつ10年、再訪したいと思いつつもちょっと欧米方面をふらふらしていましたが、やっと台湾に行く機会を得たのです。(ANAマイレージのおかげですけど)

ということで、この続きは2018台湾の旅にて