おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【冬のイタリア旅行記27】JL44 ロンドン・ヒースロー-羽田プレミアムエコノミーで帰国

スポンサーリンク

2019年2月の冬のイタリア旅行記。いよいよ最終章!? 

 

長いセキュリティチェックの行列から解放されて、搭乗まではほぼ全員がラウンジへ。

格安おトクなツアーですが、JALのプレエコを利用するのでラウンジが利用できます。めったにない機会を無駄にするわけにはいきません。

f:id:momoyorozu:20190611232251j:plain

 

ビジネスマンで混雑するヒースロー空港 BAラウンジ

航空会社ラウンジ初心者の私にとっては、ここにたどりつくまでが大変。同じツアーの人たちとははぐれちゃうし、この案内板を素通りしてしまいあ右往左往です(>_<)

f:id:momoyorozu:20190611232138j:plain

なんとか入口にたどりつきました。

f:id:momoyorozu:20190611232452j:plain

朝食の後、ほとんど食べずにローマからここまで来たのでとりあえず軽いお食事

f:id:momoyorozu:20190611232533j:plain

スープや煮込み、サラダなどが用意されていましたが、正直お味の方は”安定のイギリス飯”ですから・・・(苦笑)

夕方のラウンジは人口密度がかなり高く、料理の周辺も混雑していてゆっくり選べないし、席もかろうじて確保したという感じでくつろげる雰囲気ではありません。

f:id:momoyorozu:20190611232804j:plain

お酒やドリンクのスペースはゆとりがありますが・・・

f:id:momoyorozu:20190611232835j:plain

ちなみに”LOVe”の左右にあるポテチがいちばん美味しかったです。 

そして、混雑でくつろげないことに加えて、ビジネスマンが多すぎて(仕事さぼって旅行中な)私なんて場違い、アウェイ感を感じる空間。日本人ビジネスマンたちの会話がちらりと耳に入りましたがなんか意識高杉君過ぎて・・・疲れた~(*´Д`)

同じようにビジネスマン御用達でも羽田空港ラウンジは、居心地よかったんだけど・・・ 

搭乗時間も迫りゲートへ向かいますが、おっと、駅ピアノならぬ空港ピアノ発見!

f:id:momoyorozu:20190611233754j:plain

わが地元駅にある「駅ピアノ」(某ヤ●ハ製)の方が断然高級だわ(^^)v 

 

JL44便 ロンドン-羽田 プレミアムエコノミーで帰国 

端っこにある1番ゲートまで移動です。ラウンジからは遠いですが腹ごなしにいい距離!?

f:id:momoyorozu:20190611234111j:plain

f:id:momoyorozu:20190611234240j:plain

待合スペースに入る前に搭乗券チェックがあるのは初めてでした。

窓側席を死守したい私も、今回は玉砕。通路側とはいえ中央席のいちばん後ろ。

f:id:momoyorozu:20190611234358j:plain

そもそも旅行中に風邪をひいて(正しくはツアーの中でもらった・・・)体調は絶不調。その上、希望する座席もとれず(WEBチェックインもできなかった)絶望状態の帰路。

はぁ~、こんな憂鬱な帰国便は前代未聞だわっていうくらい・・・ 普通の体調で過ごすエコノミーの方がよっぽどラクというくらい。

ハイテンションで最前列席で過ごした行きとは雲泥の差、月とスッポン、天と地ほどの差・・・まだ言い足りないくらいですが(苦笑) 

 

ドリンクサービス

f:id:momoyorozu:20190611235228j:plain

行きはシャンパンだったのに・・・アルコールなんか飲んだら悪酔いしそうなくらいしんどい。

機内食(1回目)

f:id:momoyorozu:20190611235250j:plain

ハヤシライス、フレッシュサラダ、スモークサーモン・ポテトのサラダ、そば、フルーツ。

メインのもうひとつは、鱈のクリーミーソースでした。

離陸後2時間ほど、スカンジナビア半島の上空辺りでした。

f:id:momoyorozu:20190611235753j:plain

食事を完食したか記憶があやふやですが、食後のアイスクリームはキャンセルしました。

咳止めのために塗ったヴィックスヴェポラップも効かないし、寝ようとすればするほど咳が出て苦しくなるし・・・ほとんど寝られませんでした。

実はこの咳がなかなか強力で、少なくとも私以外に3~4人ツアー客の方が感染していました。”持ち主”の方は帰る頃にはすっかり元気になっておられ最前列でご機嫌そうに過ごしておられました。勘弁してよヽ(`Д´)ノ

 

機内食(2回目)

f:id:momoyorozu:20190612001220j:plain焼き鮭、ヨーグルト、フルーツ (選択肢なし)

相変わらず広くてムカつくロシアを出るころに食事でした。

f:id:momoyorozu:20190612001543j:plain

 

羽田空港到着

f:id:momoyorozu:20190612001922j:plain

はぁ~、やっと苦しかった飛行機から解放された~

この後は、品川駅の薬局で咳止めを買って帰りました。しんどいのなんのって・・・それでも翌日朝から仕事しましたっ。

 

これくらいしか記録の残っていない帰国便。今思い出すだけでも最悪で、記事も愚痴っぽくなってしまいました。

感染を防げなかった私も甘かったというワケです。でも言わせていただくとインフルエンザにもかかったことないし、風邪も医者に行くレベルは5年に1回くらいの健康優良児。旅行前には風邪をひかないように万全な健康管理状態で旅に挑んだのに、なんてこった。

まあ、いつまでも若い頃のような体力ではない・・・ということですね。これからはより一層、冬の旅は気を付けていかなければいけないことを痛感したのでした。

そして、もしかして私たちツアーの風邪が他の搭乗客に感染していたらごめんなさいね。 


冬のイタリア旅行記はこれにておしまいですが、例によって後日、旅のまとめもお送りできたら、と思います。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(__)m