おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

【冬のスペイン周遊ツアー2】AY80 名古屋(セントレア)からヘルシンキ 搭乗記

スポンサーリンク

2014年2月の冬のスペイン周遊ツアー つづきです。

中部国際空港(セントレア)に朝9時過ぎの集合して搭乗までの手続きをします。

 

セントレアで国際線搭乗手続まで

添乗員付きツアーといっても、ツアーカウンターでチケットを受け取り、説明を受けたら搭乗口まではほぼ各自で手続きをしなければなりません。 

www.momoyorozu.net

行列長いゾ・・・とちょっと別の用事を済ましている間にさっきの3倍ぐらいの行列になってました~

多分この時にこのフロアで両替をしたのだと思います。ツアーで食事も込み込みなので両替は3万円程度にしておきました。実際のところカードを併用すれば、これだけであれば十分です。

f:id:momoyorozu:20190818010847j:plain

Bカウンターにつながる列に並んでいます。9時30分過ぎに一気に混雑します。

名古屋から行く人なんて冬だし少ないだろうとナメてました(泣)

そもそも名古屋からヨーロッパへはフィンランド航空とルフトハンザドイツ航空しか飛んでいませんので、イタリアやフランス、スペイン行きはこれらを利用して乗り継ぎするわけです。名古屋発のヨーロッパツアーはほぼこのパターンです。

もちろん真冬とはいえオーロラを見にフィンランドへ行く方もいるでしょう。

行列嫌いの私にとって辛抱の限界20分待ちでなんとかチェックイン完了です。

 

窓側”命”の私が、はじめて通路側をリクエスト

今回は長旅になるので後方通路側をリクエストしました。

若い頃は当然、年齢を重ねた今でも「窓際で写真撮りたい」派です、私。でもこんな長距離おひとりさまだといろいろ心配よね~ということで、悩んだ末の選択です。

結論としては、やめときゃよかったよぉぉぉぉ 二度と通路側なんかリクエストするもんかっっっ (詳細は次の記事にて・・・)

 

セキュリティチェックを通り、出国審査を済ませます。

f:id:momoyorozu:20190818011634j:plain

免税店も拡張されたけど、昔のような物欲もあまりないな~ 円安になっちゃってるしね。

f:id:momoyorozu:20190818011543j:plain

セントレアの展望デッキは国内一 見晴らし最高!

f:id:momoyorozu:20190818011728j:plain

f:id:momoyorozu:20190818011800j:plain

国際線国内線ともに絶好の角度で一挙に飛行機が見られるという点では、このセントレアがベストだと思います。

フィンランド航空 AY80便搭乗

f:id:momoyorozu:20190818012154j:plain

f:id:momoyorozu:20190818012214j:plain

席は2・4・2列。かなり後ろの4列シート右通路側席です。

このツアーでは、この時点でツアー参加者との顔合わせはありません。添乗員さんが搭乗口付近や機内で参加者のチェックをしているので多少はわかりましたが・・・

ということで、ヘルシンキまでは完全おひとりさま状態での旅となります。

かつてニューヨークの後輩を訪ねて、直行便13時間で過ごして以来のおひとりさまの長旅です。まあ、日本人のCAさんもいるようだし、そのあたりは心配ありませんけど。 

機内の設備

席にはちょっと古いタイプですが、パーソナルモニターがついています。

飛行状況の他に映画・音楽が自由に楽しめるようになっています。

f:id:momoyorozu:20190818012435j:plain

私は映画をじっくり集中して見られないタイプ。詳細はわかりませんが、日系航空会社に比べたら日本語対応も少ないとは思います。

音楽の好みもすご~く偏っているので、好みのものが見つけられず・・・

f:id:momoyorozu:20190818012540j:plain

知っているのはエリック・クラプトンくらいだ(・・;)

結局ケータイにため込んだお気に入りミュージックと、いまだに読破できていない「永遠のゼロ」をお供に9時間近くを過ごしました。

モニターは、地図かこんな感じにして、旅の気分盛り上げます。

f:id:momoyorozu:20190818012636j:plain

機内食

離陸後1時間半ほどでドリンクサービスです。

f:id:momoyorozu:20190818012711j:plain

ビールにおつまみに、新聞・・・撮影してから気づきましたが、完全なる「オヤジ席」です(爆)

そして1回目の機内食(昼食)がやってきました。

メニューは鶏または豚肉と聞いており、「チキン or ポーク?」と声をかけていたのですが、私の少し前あたりから質問が「ポーク OK ?」のようなセリフに変わってました(笑)

後方座席は選択肢ないじゃん。「豚は食べられない」とか言えば出てくるのだろうけど、完全にイケメンな男性CAさんの笑顔作戦で日本人は押し切られるパターンです(爆)

f:id:momoyorozu:20190818012826j:plain

豚肉は「しゃぶしゃぶ」という名称だったと思いますが、どう考えても「生姜の入っていない生姜焼き風」な食べものでした(笑)

ひじきも添えられた一応「和風味」。味は可もなく不可もなく、といった感じ。全日空などと比べるとかんり貧相な感じを受けましたが、欧米系なんてこんなもんでしょう。ちなみにヨーロッパ系の航空会社利用はこれが初めてでしたが、その後、期待を上回ることは皆無です。

食事の合間は、セルフのフリードリンクサービスがあり、後方へ行けばジュース類は自由にいただけます。お菓子はありません。

f:id:momoyorozu:20190818013034j:plain

通路側にいるメリットはこれのみ。体を動かさなくっちゃ、と度々席を立ってました。

小窓からちょっぴり見えた景色はシベリア平原です。

f:id:momoyorozu:20190818013142j:plain

冬のシベリア平原を見たのは2回目です。山崎豊子さんの小説「不毛地帯」を彷彿とさせる風景です。

2回目の機内食は、なんと焼きおにぎりでした。

f:id:momoyorozu:20190818013258j:plain

シンプルですが、大韓航空の「ビビンバ」につぐ「びっくり&ナイスな機内食」でした。お味は、スーパーにある冷凍おにぎりですけど、ね。

フィンランド航空らしく、ペーパーナフキンやカップがマリメッコというのは、なかなか評価できる点です。

が、それ以外はほとんどダメダメ・・・

フィンランド航空に乗った感想

冬のオフシーズンだから2席くらい占領できるかと思っていたら・・・機内はほぼ満席。

まあ、これは仕方ないにしても、機体がボロボロ過ぎ&周囲の人々にムカついたっ。

前のオヤジはフルに座席を倒し、食事になってもCAさんに言われなきゃ戻さないKY。私の座席はリクライニングが甘くなっていて若干戻る気が・・・と思ったらそれをいいことに後ろのおやじがグイグイ足で押してくるので、倒したはずのリクライニングがいつの間にか戻ってるんです(怒)

「オヤジの挟み撃ち」にあって、ほとんど眠れない約10時間を過ごす羽目になりました。

今までエコノミーに12~13時間搭乗してもさほど苦になったことはありませんが(あの悪名高きU社さえ)、今回はホント、途中で降りたいくらいストレスたまりました。

あっ、これって年のせいもあるのかしらね? まあ、これを教訓にその後は、プレエコを使うようになっちゃいましたけど(^^)v 

www.momoyorozu.net

 

フィンランド航空の名誉のために捕捉しますが、名古屋発は(どこの航空会社の国際線も)機材が小さくて古いというのが常識でしたが、近年、フィンランド航空は新しい機材を導入しています。マイルがたまるなら乗ってやってもいいけど、まあないかな。

 

愚痴も言いたくなる10時間の飛行の末にやっとヘルシンキ到着です。