おでかけ ももよろず

日本全国北から南、たまには海外へ・・・”よろず”な旅をご紹介

ペルー周遊ツアー5〜世界遺産 旧リマ市街地を歩く・前編〜

<2017.10に参加したペルーツアーの旅行記です>

リマ(ホルヘ・チャベス)空港からそのままバスに乗って市内観光へ向かいます。

 

momoyorozu.hatenablog.jp

 

リマ到着後、リマ市内観光へ直行

30人乗りくらいの中型バスで、日系ペルー人のガイドさんとともに出発です。 

f:id:momoyorozu:20180415141233j:plain

クッションがやわらかすぎる感はありますが、乗り心地も上々です。

今回、参加者の半数以上がおひとりさま。一人で2席占有ことも可能です。

ペルーは、人口約3000万人の国で、そのうち800万人以上が首都・リマに住んでいます。一方で、国土面積は日本の約3.4倍もあります。

19世紀半ばにスペインから独立した経緯もあり公用語スペイン語です。

日本から移り住んだ日系移民の歴史は、南米でいちばん古いそうです。

1990年代には、日系のアルベルト・フジモリ氏が大統領になったことで、日本人にもなじみがある国ですね。このような経緯もあり、短期の観光にはビザも不要なのがうれしいです。

 

車社会のリマ市内の朝は大渋滞

料金所のゲートですが、でっかい看板を見ると「大陸」を感じます(笑) 

f:id:momoyorozu:20180415141537j:plain

リマ市内は、鉄道路線は1本しかないという超車社会です。

ちょうど朝の通勤時間帯で、ワゴン車(タクシー?)には、オジサンたちがぎゅうぎゅうに詰め込まれていました(苦笑)

幹線道路では渋滞にも少しはまりましたが、それ以上に、クラクションを鳴らしまくる激しさに圧倒されます。とにかく主張しなければ生き残れない!?

 

f:id:momoyorozu:20180415141648j:plain

ハイウェイでよく見かけるような巨大トラックが、市街地を行き来するわけですから混雑するわけだ・・・

 

季節は、南半球なのでこちらは春。反対とはいっても服装的には、日本の秋とほぼ同じでした。

旧市街に近づくとヨーロッパ風の建物が見えてきますが、色彩感は南米独特といった感じです。

f:id:momoyorozu:20180415141841j:plain

f:id:momoyorozu:20180415141854j:plain

サンマルティン広場

f:id:momoyorozu:20180415141942j:plain

ペルーを開放したサンマルティン銅像があります。 

  日本でいうならば・・・”青葉城址の伊達政宗像”

 

空港から約1時間ほどで、旧市街といわれるエリアへ到着。ここからは下車観光です。

 

世界遺産のリマ旧市街を観光

サン・フランシスコ教会

f:id:momoyorozu:20180415142050j:plainリマの旧市街(世界遺産)の中でも中心的な建物です。

植民地時代の17世紀にスペイン人の征服者・フランシスコ ピサロによって、100年の歳月をかけて完成したという荘厳なバロック様式の建物。

入口付近は、観光客に加え、校外学習らしい学生たちもいっぱいです。

f:id:momoyorozu:20180415142153j:plain

ペルーの学生たちは、「ジャージ」で統一されています。

そして、物売りたちが観光客を見つけ近づいてきます。 

f:id:momoyorozu:20180415142314j:plain

この綿菓子みたいなもの、真剣に買いたかったけど・・・

オバサンもいれば、若い男の子もいて、絵画あり、食べ物あり、みやげものあり・・・

興味がなければ、あまり相手にしないほうがよさそうです。この地域、あまり治安が良いともいえない場所なので、物売りに気をとられすぎないように注意! 

サンフランシスコ教会の内部

f:id:momoyorozu:20180415142517j:plain

ヨーロッパの教会をイメージしていましたが、独特な ドーム型の天井や装飾が目を引きます。

正面だけでなく、両脇にもさらにたくさんの祭壇があるのです 

f:id:momoyorozu:20180415143651j:plain

f:id:momoyorozu:20180415143721j:plain

ステンドグラスのない独特の教会のつくりなのだそうです。

ガイドレシーバーをつけているのですが、写真を撮るのに必死なため、ガイドさんからの電波が届かないところで上ばかりを見ながらウロウロしている私・・・

 

そして驚くべきは、この教会の下には、多くの人骨が埋葬されています。

その数、70000体以上ともいわれています。

教会の中を歩いていると、その一部がガラス張りになっている床の一部から見えます。カタコンベ(地下墓地)の見学ツアーもあるようですが、今回のツアーには含まれていません。(いや、ガラス張りだけで私は十分でした)

 

この教会、とにかく鳩がうじゃうじゃいます。

そして、鐘楼の近くから鳩を狙うハゲタカも見えました。 

f:id:momoyorozu:20180415144249j:plain

 

デサンパラードス・ステーション

f:id:momoyorozu:20180415144430j:plain

駅舎ですが、この駅に列車が来るのは月に一度のみ。

f:id:momoyorozu:20180415144527j:plain

駅としてはあまり活用されていませんが、建物内部は、ギャラリーのようになっています。

f:id:momoyorozu:20180415144614j:plain

床のタイルもスペイン風 

f:id:momoyorozu:20180415144643j:plain

陽気な駅長さん?館長さん?の女性が、日本語であいさつ(スピーチ)してくれました。

f:id:momoyorozu:20180415144725j:plain

 

駅の正面にある建物は、

大統領府(大統領官邸)

f:id:momoyorozu:20180415144815j:plain

f:id:momoyorozu:20180415145207j:plain

かつては、フジモリ大統領もここに住んでいたそうです。

このエリア、日本でいえば永田町か霞が関みたいなところですね。 

f:id:momoyorozu:20180415144931j:plain

裁判所など官庁が立ち並んでいたこの地域も、官庁が移転した後、荒廃しかけていたそうですが、市が建物を買い取って整備したそうです。一部は店舗になっています。

大統領府が近くにあるためか、ものものしい警備が・・・と思ったらポリスも犬も案外リラックスしていました~(笑)

f:id:momoyorozu:20180415145141j:plain

リマの旧市街は、日中は観光客も安心して散策できますが、夜間などはまだまだ危険な地域といわれているそうです。

この先、アルマス広場に向かいます。

 

つづく 

momoyorozu.hatenablog.jp